浅草の観光おすすめルート【浅草橋方面】合羽橋商店街から銭湯&老舗焼き鳥へ。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

「ここ行きたい!でも、他にどんなところまわったらいいんだろう?」

と、悩むことが多いんです。

「せっかく行くなら、他にも気になるところ見つけたい!」と調べたものの、今度はそのスポットをどう効率よくめぐるかについて、ぐるぐる頭を悩ませたり。

土地勘のある場所だったり、誰かの案内がある場合は楽だけれど、知らない場所を最大限に楽しむなら事前準備は大切です。

雑誌やSNSなどは、行きたい場所を見つけるのは簡単。

だけど、気になる場所を効率よく回るルートってなかなか見あたりません・・・あるにはあるけれど、好みの問題もありますもんね。そうこうしているうちに、調べ疲れてしまったり。

その労力を減らすお手伝いができたら、もっと「知らない街」にサクッと遊びに行ける人が増えるんじゃないかな、なんて思っています。

 

ということで今回は、

地元が浅草のわたしが「合羽橋道具街〜浅草橋で楽しむ、激シブ!ルート案内」をお送りします!

 

浅草でお気に入りの食器を見つけて、近くの銭湯でさっぱり、最後は老舗の焼き鳥屋で締め!散歩案内

今回どこへ行くのか、上の見出しで全部表現してみました。

これは、先日の土曜日の午後に実際にわたしが回ったルートなのですが、所要時間はだいたい7時間ほど。(行く場所それぞれにかけたい時間によってもちろん変わります)

距離的には2kmほどなので、体力に自信のない方も大丈夫かなと思いますが、無理のない範囲でどうぞ。

 

合羽橋道具街

では、まず合羽橋道具街から。

合羽橋道具街までは、東京メトロ銀座線浅草駅または田原町駅(こちらの方が近いです)から徒歩がおすすめ。

全長1km弱ほどの長い通りなので、隅から隅まで見ようと思うと丸1日はかかるんじゃないかなと思います・・・なので、何がほしいか、どんな店があるのか目星をつけておくと良いですよ。

ご参考までに、わたしの好きなお店をまとめてみました!

浅草でお気に入りの食器に出会おう!合羽橋道具街のおすすめ5店舗まとめ

 

合羽橋道具街へのアクセス

合羽橋道具街

 

合羽橋道具街の買い物途中に寄りたい喫茶店「喫茶オンリー」

買い物の途中に疲れたら、道具街の近くの喫茶店へどうぞ。

「魔性の味」のコーヒーとペリカンのおいしいトーストをどうぞ。

 

浅草散歩でコーヒーを。1952年創業「喫茶オンリー」で魔性の味を楽しむ。

 

喫茶オンリー アクセス

喫茶オンリー

 

合羽橋道具街の後は、近くの銭湯・三筋湯へ

散歩で疲れたからだは、近くの銭湯ですっきりと癒しましょう。合羽橋といえば、名物の「ニイミのおじさん」が見える場所は、道具街の端です。

そこから蔵前方面に約10分ほど歩くと見えてくるのがこちら!

風情のある建物がなんとも素敵な銭湯・・・!

建物自体は古いけど、お掃除が行き届いていてすごくきれい!銭湯初心者も安心して入れますよ。

脱衣所には池があり、鯉まで泳いでます。広々としていてとても心地いい空間。

夏はキーンと冷えた店内が気持ちいいです。わたしはこちらで銭湯デビューしました!下町らしく、ちょっと熱めの温度のようです。(個人的には全然余裕でした・・・!)

 

三筋湯へのアクセス


三筋湯

 

ちょっと寄り道!蔵前の文房具店カキモリへ

文房具好きがこぞって集まる聖地「カキモリ」。

オーダーノートが作れるのが人気のお店です!先日ノートを作ったレポートを書いたので、どうぞ!

文房具やノート好き必見。「カキモリ」で見つける自分だけのお気に入り。

文房具やノート好きが通う店!「カキモリ」で作る、自分だけのオリジナルノート。

 

カキモリ 店舗情報


カキモリ

 

浅草橋の老舗焼き鳥屋「柳ばし鳥茂」でBBQ並みに大きい焼き鳥を。

カキモリで文房具を見た後は、浅草橋駅方面へ向かいましょう。歩いて10分ちょっと。

この日は、街の盆踊りが開催されていてとても賑やかでした!

大通りから裏通りへ入り、「柳ばし 鳥茂」という老舗の焼き鳥屋さんで締めましょう!

浅草橋で焼き鳥を。下町で50年以上続く「柳ばし鳥茂」で大きな焼き鳥を。

 

柳ばし鳥茂 アクセス


柳ばし鳥茂

 

今回は、合羽橋商店街で買い物→銭湯で休憩→焼き鳥屋さんで締めるという、後半に連れて下町のおじさん感が強くなってしまいましたが、参考にしていただけたでしょうか。

下町の街歩きは、区画整理で道が入り組んでいないため、あんまり道に迷いにくいのもうれしいポイント。

ぜひ、このルートが参考になれば嬉しいです!

 

次に読むなら、浅草橋の老舗洋食屋「洋食大吉」へ

浅草橋のおすすめランチ「洋食大吉」は地元に根付く、昔ながらの洋食屋さん。

 

知られざる街の魅力をお届けします 

 

ダンデライオンチョコレート/蔵前 わたしが思う、理想のカフェ。 自然光がさす店内から見えるのは、大きな木の緑。 ひらけた空間。ほどよいテーブルの距離感。 店内に限っていえばこんなところ。 でも、さすがに都内では見つかりにくいんです。 そんなカフェ、蔵前の人気スポットで見つけました!もう人気すぎるので今更紹介するのは、と迷いつつご紹介します。 チョコレート工場のあるカフェ「ダンデライオンチョコレート」を「空間」という目線でご紹介します。 写真たくさん撮ったのですが、インスタに載せきれなかったので、よかったらトップページのリンクからブログものぞいていただけたらうれしいです! #かもめと街の東京案内 #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #ozmagazine #hanako #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとりっぷ #ひとり旅女子 #浅草食べ歩き #蔵前カフェ #蔵前 #蔵前さんぽ #蔵前散歩 #kuramae #ダンデライオンチョコレート #おやつ #dandelionchocolate #beantobar #chocolate

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK