浅草橋で焼き鳥を。下町で50年以上続く「柳ばし鳥茂」で大きな焼き鳥を。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

ここはかつて、「花街」だった場所。

浅草橋駅近く、「柳橋」という地名がついたこの場所は、江戸時代には繁華街として栄えていたらしい。

近くには伝説の芸者さんの元邸宅をカフェギャラリーにしたお店があり、ちらほらと歴史を感じさせる街並みが残る。

そんな柳橋にある、老舗の焼き鳥屋「柳ばし鳥茂」。

風情のある佇まいが気になっていたものの、中が見えなくてなんとなく入りづらかったお店。

真夏の合羽橋ツアーの後、初めて銭湯へ行ってスッキリした後にお店に向かった。

銭湯の後に焼き鳥でしめるって最高だな、なんて思いながら。

 

浅草橋グルメなら老舗の焼き鳥を。「柳ばし鳥茂」店舗外観

創業50年以上というこちらのお店を知ったきっかけは、近くにあるサンドイッチ屋「SHIGERU KITCHEN」のおかげ。

「鳥茂」は、そのサンドイッチ屋さんのオーナーのご実家で、昼はサンドイッチ屋さん・夜は鳥茂のお手伝いをされているそう。そんなオーナーさんへも会えたらいいなと思ってお邪魔しました。

「SHIGERU KITCHEN」では、そんな鳥茂の名物のつくねサンドも食べられますよー!

浅草橋のおすすめランチならSHIGERU KITCHEN!「鳥茂」の焼き鳥と浅草ペリカンのパンで絶品サンドイッチ

 

浅草橋で焼き鳥を。「柳ばし鳥茂」店内

お店に入ってみて、この昭和の雰囲気に圧倒されました・・・大好き・・・!

至るところに相撲関連のものが飾られていたのですが、もともと相撲部屋だったとか(ネット調べ)。

次に行ったときにお伺いしてみようと思います。

 

「柳ばし鳥茂」メニュー

焼き鳥は1人前500円くらい。わりと高いなぁと思った方、ご安心を。

1人前で2本ついて来るのですが、全体的に「こんなに大きいのか!」っていうお肉のサイズで提供されますから。むしろおトクです!

これが鳥茂のつくね。ジューシーでタレも美味しくて白いごはんが恋しくなる味。(ごはんはないです)

「メニューの上から全部食べたい」なんて、ふざけたことを言ってたんですが、もうほんとどれも美味しくて、ついつい頼みすぎました。

ねぎまのネギも、甘くておいしい・・・!タレも塩もどちらも美味しかったです。

レバーのトロトロ具合と、シンプルに鶏の串と。

にんにくの素揚げもホクホクで美味しかった・・・!

どれもこれも、きちんと丁寧に作っているなぁという印象を受けました。

お肉のそのままの味をきちんと味わえるというか。いいお店を発見しました・・・!

たくさん食べたにも関わらず、ひとり3000円しないくらいのお会計もうれしいポイント。お酒をたくさん飲む人がいなかったのは大きいですけど、日本酒飲む人には「やかん酒」があるので、とてもお得ですよ。

 

浅草橋で焼き鳥を。「柳ばし鳥茂」おすすめまとめ

鳥茂のおすすめポイントはこちら!

  1. 新鮮な焼き鳥がとても美味しい!秘伝のタレがやみつきに。
  2. 焼き鳥の大きさがBBQ並み
  3. 情緒が感じられる店内

 

ぜひ行ってみてくださいね!

 

「柳ばし鳥茂」店舗情報

柳ばし鳥茂

 

次に読むなら、鳥茂のつくねサンドが食べられるサンドイッチ屋さん

浅草橋のおすすめランチならSHIGERUKITCHEN!「鳥茂」の焼き鳥と浅草ペリカンのパンで絶品サンドイッチ

 

知られざる街の魅力をお届けします

 

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿

 

SPONSORED LINK