浅草散歩でコーヒーを。1952年創業「喫茶オンリー」で魔性の味を楽しむ。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

「魔性の味」ってどんなコーヒーだろう?

看板のレトロな可愛さも相まって、ずっと入ってみたかった喫茶店。

うだるような暑さの中、合羽橋で買い物をしていてふと思い出した。「そういえばこの辺りに喫茶店があったような・・・」と。

ドアを開けた瞬間、空間のどこもかしこも愛おしくて静かに興奮した。

薄暗い店内、フカフカのソファ、天井のランプの形、なぞの古びたドラえもんの大きなぬいぐるみ。

時が止まったかのような、真夏の午後のひととき。

 

今回は、浅草・合羽橋道具街ちかくで見つけた喫茶店「喫茶オンリー」をご紹介します。

 

浅草散歩で、魔性のコーヒーを。「喫茶オンリー」店舗外観

魔女の宅急便にでも出てきそうな、味のある木の看板。

初めてこのお店を見つけたときから気になっていました。なかなかこちらの方に来ることがなくて、ようやく初めての来店。

中に入りたいけど、外観がもうタイプすぎてなかなか入れませんでした・・・!

お店の前には注意書きの貼り紙が。要約すると「ただの珈琲屋だから、気の利いたものを食べたかったら他へどうぞ」って。

きっとランチを求めに入って来る人が多いんでしょうね。そういえば店内PC禁止とも書かれていました。

ちょっとだけ休憩しに入るお店、ということかな。

 

「喫茶オンリー」のロゴがかわいい

いちばん気になったのは、「喫茶オンリー」のロゴのかわいさ!もう、たまりません!

このロゴでキーホルダーとかiPhoneケースが欲しいレベルで好きです。

お水のコップにもロゴが。このコップもセットで販売していましたよ。

テーブルのデザインも素敵なので、ぜひお店で確かめてくださいね。




 

浅草の老舗喫茶店「喫茶オンリー」の店内

店内に入ると、左手にはコーヒー豆と焙煎機がありました。

レトロなソファとやわらかい白熱灯の光が心地いい。

この景色好きなんですよね。外の風景が見える感じが。外からも丸見えじゃなく、でも、中の空気感がわかる作り。

土曜日の16時ごろに行ったところ、最初はわたしたちしかいなかったのですが、出る頃には満席になっていました。

 

「喫茶オンリー」で浅草・ペリカンのトーストを

魔性の味のコーヒー、まずはホットで味を楽しもうと思ったけど、暑すぎてカフェラテにしてしまいました・・・次こそシンプルにホットコーヒーを頼もうと思います・・・。

さっくりとした口当たりのアップルパイで、散歩の疲れを癒します。うつわもりんごでかわいい。

そうそう、このお店のうれしいポイントは、おやつの時間にもトーストセットが楽しめるところ!

そしてなんと、こちらの食パンは浅草の老舗人気パン屋「ペリカン」のトーストなんです。

さくっと、中はふわっと。ちょっとだけ小腹が空いたときにちょうどいいサイズ。

ペリカンのトーストは、シンプルにバターだけでも十分美味しいんです。

おやつの時間にトーストって、新鮮でいいなぁ。

 

ぜひ合羽橋さんぽの際は、休憩しに訪れてみてくださいね。

 

「喫茶オンリー」店舗情報

喫茶オンリー

 

オンリーで休憩した後は、浅草・合羽橋でお気に入りの食器を見つけよう

浅草でお気に入りの食器に出会おう!合羽橋道具街のおすすめ5店舗まとめ

 

知られざる街の魅力をお届けします

 

浅草橋/ル・グッテ 週に2日だけオープンする、フランス菓子屋さんへ。 カリッとした食感のカヌレは、今まで食べた中でダントツの美味しさでした…! ひとくちサイズのシュークリームも美味。 ふだんあまり甘いものを食べないわたしでも、あっという間にペロリと完食。 甘いもの好き、ぜひ浅草橋へ!蔵前からも歩ける範囲ですよー! #かもめと街の東京案内 で「知られざる街の魅力」をお届けしてます! #浅草橋 #浅草橋グルメ #ルグッテ #カヌレ #シュークリーム #フランス菓子 #洋菓子 #台東区 #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散策 #ozmagazine #hanako #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとりっぷ #ひとり旅女子 #蔵前カフェ #蔵前 #蔵前さんぽ #蔵前散歩

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK