「ほしいものはなんですか?/益田ミリ」で解毒される「他人の人生と比べるこころ」

SPONSORED LINK







誰かに伝えるほどのことじゃないけれど、「そうだよね」と共感してもらえたら、気持ちが安らぐ。

益田ミリさんのマンガは、そんな作品。

 

ささやかな出来事だけど、心が動いた瞬間を共有できる幸せ。

そして、「こんな風に思ってしまう自分はなんて底意地が悪いんだろう」と責めてしまう弱い心にも、「あ、それみんな思ってることだから大丈夫だよ」とさりげなく教えてくれる。

毒を吐く日があってもいい。

毒を我慢し続けたら、吐き出されない毒は自分の中でどんどん濃縮されて、いつしか自分を追い込んでしまうから。

とは言え、誰かに毒を吐き続けるのも違う。

思ってても吐き出したくない毒もある。

そういう毒を、時にそっと解毒してくれるのがミリさんの本。

「そうだよね、そう思う日があってもいいよね」と。

 

今日はそんな益田ミリさんの「ほしいものはなんですか?」のことばをご紹介します。

 

 

SPONSORED LINK

益田ミリ「ほしいものはなんですか?」のことばに解毒される休日

物語の主人公は3人。

40歳を迎える専業主婦を中心に、娘と、夫の妹が登場します。

「自分が薄まっていく」のを感じる「母」という役割の主人公と、独身で仕事を頑張る夫の妹。

まずは独身の妹の言葉。

 

息苦しそうな大人たちを見て、冷静な疑問を投げかける娘。

大人って 「かわいそう」に振りまわされてる

かわいそうってなんなのかな 「かわいそう」が怖いのかな?

引用:「ほしいものはなんですか?」/益田ミリ

 

その言葉にハッとする、読み手のわたしがいました。

 

わたしには、ほしいものがないんだった
 
ほしいものがないって幸せなことなのかもしれない
 
って言ったのはわたしなのに
 
なんだろう?この足りない感じ
 
「でも、みんな、きっとこう言うんだ」
 
「贅沢な悩み」だって
 
 
「うるせーんだよ」
 
引用:「ほしいものはなんですか?」/益田ミリ

 

無意識のうちに戦わされ、比べられ、ほんとうはどこかで満たされていないのに、そんな気持ちは贅沢だと思われている主人公のつぶやき。

 

 
みんなが教えてくれる
 
わたしが幸せだってこと
 
言い聞かされてる気持ちになるのは
 
どうしてなんだろう?
 
引用:「ほしいものはなんですか?」/益田ミリ

 

女性でなくても、まわりの人に合わせてつい我慢をしてしまう人には、なにか気づかされる部分がある本だと思います。

特に、誰かと比べたり、気づいたら傷つけていたり傷つけてしまったりすることに敏感な人はきっと助けられるはず。

 

 
なんだかしんどいな、立場が違う人と比べて疲れてしまったとき。
 
自分の心の弱さを嘆くよりも、そうさせてしまってる社会全体に疑問を投げかけられる本だな、とも感じました。
 
 
益田ミリ「今日の人生」でささやかな幸せをみつける
 
 
 
 
 | 音楽 | 映画 | イベント | 演劇・ショー・お笑い | 新しい地図 | 施設
 
 
 
Instagramで本の紹介してます
 
 

若松英輔『悲しみの秘義』 いまさら誰にも言えないような、ふとしたときに沸き起こってくる、通り過ぎた過去の悲しみ。 そんな悲しみが心に降りてきて、どうしようもないときにそばに置いておきたい本。 過去の悲しみと折り合いをつけてくれる、お守りのような作品。 水彩画のような美しい表紙は、日傘作家のひがしちかさん(コシラエル)。 発売時には表紙のパターンが4パターンくらいあったような…! #読書 #読書記録 #読書好きな人と繋がりたい #読書ノート #読書部 #読書録 #読書垢 #読書家 #読書メモ #読書の冬 #読書時間 #本 #本棚 #本が好きな人と繋がりたい #bookstagram #books #book #装丁 #ひがしちか #コシラエル #日傘 #悲しみの秘義 #若松英輔

かもめと街の本棚さん(@kamomachibooks)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK