2019年に行ってよかった店ベスト20 #2019年振り返り

SPONSORED LINK







明けましておめでとうございます!

2020年は新しいことをどんどんやっていく予定なので、どうぞよろしくお願いします。

今日も元旦から更新しますよ~。

2019年を振り返る企画・第3弾は、去年行って印象に残った店をジャンルレスで紹介。

〈かもめと街〉で紹介した店から、まだ紹介できていないけれど、実はオススメしたい店を20店舗まとめました。

「ここ行ってみたいな!」という場所がひとつでもあれば嬉しいです~!

かもめと街

東京のおすすめカフェ

まずは東京エリアのカフェから。2019年は特に下町エリアに新しい店が増えていて、どこへ行こうか迷うくらいカフェがオープンしました。

蔵前・from far

蔵前 おすすめ カフェ fromafar フロムアファー cafe kuramae coffee

まずは12月に移転オープンしたばかりの〈from afar〉。ひとりで静かに過ごしたい場所、いくつかお気に入りを持っていたいですよね。

ここのほうじ茶ラテを片手に読書する時間、最高です。

from afar 蔵前 カフェ

ひとりでほうじ茶ラテとプリンを。蔵前〈from afar フロムアファー 〉で過ごす、格別の時。

 

蔵前・LUCENT COFFEE

蔵前 カフェ おすすめ 浅草 lucent coffee モーニング cafe asakusa

次も蔵前にできたカフェ、というかコーヒースタンド的な立ち位置の店。ちょうどペリカンカフェの向かい側にある〈LUCENT COFFEE〉、コンパクトな店内はテーブル席がなく、ベンチシートのみ。

ゆるやかにお客さん同士が譲り合って座る感じ、下町っぽくて好きです。浅煎りのコーヒーやお茶のメニューも充実しているのが良い!

蔵前 おすすめ カフェ lucent coffee モーニング コーヒー 浅草 

穏やかな朝時間を楽しむカフェ。蔵前〈LUCENT COFFEE〉でモーニングを。

 

蕪木/蔵前

蕪木 蔵前 カフェ kabuki

以前の鳥越から隣町の三筋に移転オープンした〈蕪木〉。寒い冬の夜に、どうしてもひとり静かな空間で考えごとをしたくて入りました。お酒が飲めないわたしは、バーに行きたくてもいけないのが悩みですが、空間に酔いしれる〈蕪木〉のおかげで、心のつかえがフワッと軽くなりました。

蕪木のチョコレートを使ったホットチョコレート、香りづけにコアントローを合わせていただきました。

蕪木 蔵前 カフェ kabuki

蕪木のチョコレートとコーヒーで、心をととのえる夜の一時間を。

 

HATCOFFEE(ハットコーヒー)/蔵前

蔵前 hatcoffee ハットコーヒー ラテアート

「3Dラテアート」という言葉を初めて知りました。こちらはオーダーでラテアートをお願いできるカフェ。飲めば消えてしまうラテアートの美しさと精巧さに息を飲みました。作っている様子も見られて楽しいですよ!

蔵前 hatcoffee ハットコーヒー ラテアート

記憶に残る、儚いラテアートを。蔵前〈HATCOFFEE(ハットコーヒー)〉

 

イルマン堂/小伝馬町

イルマン堂 プリン おすすめ

連日行列の続く、小伝馬町のカフェ〈イルマン堂〉。写真屋さんだった店を改装してカフェにした店内は、ほの明るいライトでシックな雰囲気。調光できるライトや、外の様子がのぞける穴など、仕掛けたっぷりの店内。

イルマン堂 小伝馬町 カフェ おすすめ irumandou

写真店の名残をさりげなく。ひとりの時間をプリンと愉しむ〈イルマン堂〉へ

 

LEAVES COFFEE ROASTERS/本所

蔵前から橋を渡って墨田区へ。〈BRUTUS〉のコーヒー特集でも大きく紹介されていた〈LEAVES COFFEE ROASTERS〉。裏通りにポツンとあるのに、海外からのお客さんや地元の方々に愛されるコーヒーショップ。

常連さんにも、初めて来たお客さんにもフラットな接客スタイルで、その場を和ませるのがすごく上手なスタッフの方がいるんです!楽しませようとする姿が伝わってくるのがとても好き。

写真が見当たらないので、また追って紹介したいと思います!

 

SPONSORED LINK

東向島珈琲店/東向島・曳舟

東向島珈琲店

ずっと行きたかった東向島珈琲店でモーニング。自然光が差し込むカウンターと、窓から公園が眺められるテーブル席。地元の人がふらりと立ち寄る下町のカフェ。

東向島珈琲店 カフェ 

街をアップデートする珈琲店でモーニングを。「東向島珈琲店」

 

東京のおすすめ喫茶店

ネルケン

高円寺にある名曲喫茶。扉を開けると森の中に紛れ込んだかのような、不思議なインテリア。ずっと行きたかったのですが、フラッと散歩しているときにようやく出会えました。

入った瞬間、ディズニーランドの白雪姫のアトラクションみたいだな…って。おとぎ話の世界観。70代くらいのマダムが1人でやられているようで、心が穏やかになるピアノのクラシックが流れていました。

店内は撮影禁止のため、ぜひお店へ足を運んでください。

東京のおすすめグルメ

Bistro NOHGA(ビストロ ノーガ)

ノーガホテル

下町にもお洒落なレストランができた!とはしゃいだのは、上野駅から5分ほど歩いた場所にある〈ビストロノーガ〉。

IDEE創始者の方が手がけた館内、美しいインテリアの数々に目が奪われます。もちろんランチも美味しい!久しぶりに会う友人とゆっくり時間を過ごしたいときや、特別な日のランチに。

蔵前にあるデザイン事務所〈ALLOY〉や文具〈カキモリ〉など、ホテル全体が下町の店とコラボレーションしているのも好きなところ。

ビストロノーガ 上野 レストラン

下町の名プロダクトと美味しい時間を。上野「Bistro NOHGA(ビストロ ノーガ)」へ

 

BISTRO J_O(ビストロ ジョー)/銀座

稲垣吾郎 ビストロジョー 銀座 bistro jo

こちらは銀座にオープンした、稲垣吾郎さんがディレクションする〈ビストロ ジョー〉。ファンの方で連日予約で満席のようですが、なんとか予約してオープンした数日後にお邪魔しました。

うつわ使いがお洒落で、特に前菜のサラダとメインのパスタはうっとりしました。味ももちろん申し分なし。アクセスの良い銀座の街で、質・量ともに素晴らしいレストラン。今度は夜にも行きたい!

ビストロジョー 稲垣吾郎

稲垣吾郎ディレクション〈BISTRO J_O (ビストロ ジョー)〉で、銀座のひとりごほうびランチを

 

Jack 37 Burger/小伝馬町

ハンバーガー おすすめ Jack 37 Burger

日本橋へ買い物に行ったついでに、ふらりと立ち寄るのが小伝馬町。裏通りにひそかに名店があるので、見つける楽しさがある街です。

〈Jack 37 Burger〉は、ジューシーなお肉の旨みと、ピリ辛なさっぱりソースのバランスがたまらないグルメバーガー。

わざわざ食べたい、グルメバーガーの名店。小伝馬町〈Jack 37 Burger〉

 

SPONSORED LINK

めしとさけ anno/浅草橋

浅草橋 anno おすすめ レストラン

デザイン事務所〈ALLOY〉が手がける〈めしとさけ anno〉。古いビルの1階はALLOYのプロダクトが買えるショップが。2階にひっそり佇むのがこちらの店。

だんなさまがデザイナー、奥さまがシェフとして腕をふるう〈めしとさけ anno〉。空間の美しさはもちろん、家庭的なごはんを丁寧に出してくれる一品料理は、どれも絶品です。

「かもめと街」でも今後詳しく紹介しますね!

浅草橋 anno おすすめ レストラン

 

本屋

YATO/両国

両国 本屋 yato

2019年、いちばん足を運んだのは両国の本屋〈YATO〉。今年の後半にかけては、ほぼ毎週行って新刊を買い、奥のカフェスペースでコーヒーとスイーツを食べる習慣ができるほど。

行けば必ず欲しい本があるし、「こんな本が読みたいんですけど…」と相談すると、思いもよらぬ方向からおすすめの本を紹介してくれて、興味の幅をぐいっと広げてくれる本屋。

オーナーさんとゆるゆる話す時間が、最近のわたしの癒しタイムになっています。こちらも今後紹介できればと思います!

 

ロバの本屋/山口県

年末に山口県へ行ってきました。数年前からずっと行ってみたかった〈ロバの本屋〉へ。

夫の両親に車で連れて行ってもらったのですが、想像以上に山奥にあるのに、どこからともなくお客さんはひっきりなしに訪れます。

牛舎だったという建物は、カフェと物販スペースに。旅や画集のZINEから本、文房具からアンティークのカトラリーやうつわまで。

ロバの本屋 

理想の店に出会っちゃいました。毎月行きたいよ…!

関連記事:〈ロバの本屋〉で暮らしの豊かさを学ぶ旅。

長野のカフェ、喫茶店、文具店、パン屋

マルカフェ/佐久

佐久市 ランチ マルカフェ おすすめ marucafe 長野 

秋の3連休に、長野県は佐久市へ。ずっと行きたかった〈マルカフェ〉へ。地元の食材をふんだんに使い、素材の味をいかした優しい味わいのランチプレート。

古い建物を生かしつつ、どこか北欧っぽい独特なインテリアが素敵なんです。古いものの味わいを大切にする店はみんな好き。

佐久 マルカフェ marucafe

佐久市のランチなら。〈Maru Cafe マルカフェ〉で地元の食材を使った美しいスモーブローを。

 

カミニート/白馬

白馬 観光 おすすめ

初夏に白馬へ行った時のこと。桜が見える公園の近くに山小屋を見つけました。

10年前から週末だけ喫茶営業をやっているご夫婦の店は、電気が通ってないので自然光と小さなランプのみの明るさ。穏やかな初夏の景色をゆっくりと眺められる喫茶店で、白馬の歴史の話をお聞きしました。

白馬 カミニート 喫茶店

白馬に佇む、山小屋の喫茶店〈カミニート〉へ

 

ink stain(インクステイン)/松本

松本 観光 おすすめ 文房具 ニューショップ

大好きな松本に、新しい店が!世界各国のデザイン文具を集めた〈ink stain〉のラインナップが素晴らしかったです。ここ、毎週通いたい。

松本 観光 おすすめ 文房具 ニューショップ inkstain

世界のデザイン文具からお気に入りを見つける。松本〈ink stain(インクステイン)〉

 

 

SPONSORED LINK

まるふじ/別所温泉

別所温泉 まるふじ パン屋 bessho bread

普段は面倒なのであまりやらない、お取り寄せまでするほど大好きなパン屋〈まるふじ〉。ここの豆乳パンのあんバターサンドが至福の美味しさ。パン好きの人全員に薦めたい。

まるふじ 別所温泉 maruhuji

信州・別所温泉「まるふじ」で豆乳あんバターパンのトリコに!

 

北海道のカフェ

anan coffee/北海道

anon coffee 洞爺湖 カフェ

夏に北海道・洞爺湖を旅したときのこと。17歳の男の子がやっているコーヒーショップがあると聞き、お邪魔しました。4人座ればいっぱいになるほどの小屋で、長身の男の子がコーヒーを淹れてくれました。

メニューはなし。豆とコーヒーカップをインスピレーションで選び、焙煎したコーヒーを入れてもらう。コーヒーというと、ついウンチクを求めがちですが、直感で選んでもらうという体験がいい。それに、17歳で店を経営するってすごくないですか…?生き方や働き方を見つめ直すきっかけにもなりました。

ここもいつか詳しく紹介したい!

 

広島グルメ

南星/広島市

nansei 南星 広島 おすすめ 食事

10月に広島へ行ったときのこと。せっかく来たなら、地元の人が通う店を探して行きたい派です。

繁華街の奥に見つけた、昭和レトロな食堂。朝ドラのセットかな?と思うくらい雰囲気抜群の店の扉を開けると、高齢のおばあちゃんが椅子に座って寝ていました。その様子がかわいくて。

広島に原爆が落ちた5年後に創業した〈南星〉、暖簾にも風格が出ています。また、あのおばあちゃんに会いいたい。

nansei 南星 広島 おすすめ 食事 広島 おすすめ ランチ

広島のおすすめ食堂「お食事処 南星」で昭和レトロ定食を

 

心に残る店とは & 2020年のお知らせ

蔵前 from afar cafe フロムアファー カフェ おすすめ

印象に残った店を振り返ると、たいていオーナーさんの人となりが合わせて浮かびます。

もちろん味や雰囲気は大切だけど、それ以上に「どんな人がどんな思いで店に立っているか」が、印象に残る基準だということに気づきました。

「ここへ行ってみたいな」と思う店があったら、ぜひ教えてくださいね。

そして、最後にご報告を。

2020年2月に、自主制作で街歩きのZINE(冊子)を販売します!

まずは自分の目の届く範囲で、直接手売りしたいのでイベントに出ます!早速2月に2件決まっているので、続報を楽しみにお待ちいただけたらと思います。

まだ構想段階だし、デザインスキルもないので不安しかないけれど、ひとりの街歩きを楽しめるZINEになればと。

それでは、「かもめと街」を2020年もよろしくお願いします!

Instagramでも紹介しています

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

チヒロ@かもめと街/街歩きエッセイスト(@kamometomachi)がシェアした投稿

関連記事:2019年に買ってよかったものベスト10

2019年は長く使いたいものに出会えた一年でした。ずらりと10点ご紹介します。

2019年に買ってよかったものベスト10! #かも街の好きなもの

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事