大橋トリオ「TRIO ERA」10周年記念ライブ@東京国際フォーラムに行ってきた

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.

ひとりひとりに、ささやくように歌う声。

心に寄り添ってくれる歌声でほっとさせてくれる。

「ふつうの日常」がどんなにすばらしいことなのか、それをわたしに教えてくれたのはこの音楽。

 

大橋トリオさんのデビュー10周年記念ライブに行ってきました。

 

大橋トリオ、10周年記念ライブ「TRIO ERA」@東京国際フォーラムに行ってきた

 

夫の影響で、デビュー当時からよく聴いていました。

ここ数年はライブにも行けてなかったけど、いつのまにか妹が大ファンになってファンクラブまで入ったことで、みんなで一緒に行くことに。

国際フォーラムって建物のデザインがお洒落で好きです。

 

 

会場を見渡すと、日本全国のお洒落さんのファッションショーかな?って思うくらい、見惚れるお洒落さんがたくさん!

 

SPONSORED LINK

 

大橋トリオのライブ衣裳は、世界観をつくる大切なもの

記念ライブということで、ポスターとともに今までのライブの衣裳が飾られていました。

毎回ビジュアルコンセプトがかっちり決まってて、衣裳も大橋トリオの世界観をたのしめるひとつの作品でもあります。

燕尾服、マント、ゆるゆるした服、スナフキンみたいな服、マジシャンみたいな服、パジャマみたいな服…(語彙力・・・)

 

 

初期の頃は、「ザ・正装!紳士!」って感じ。(語彙力・・・)

 

 

この辺からマジシャンぽくなってきたような・・・

 

 

スナフキンみたいなマント!

 

 

 

トリオさんは、どこからかフワッと飛んできて、少しの間励ましてくれて、またすぐに去ってしまう。

いつからかそんな印象を持っていた気がします。

 

日比谷野外音楽堂のライブのあたりから、完全にカジュアルでゆるっとした感じに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近の衣裳は、もう独特の世界観がありますね。

どんな服もサラッと着こなしてしまうトリオさんが素敵。

 

 

大橋トリオ10周年記念ライブ「TRIO ERA」の選曲

  1. はじまりの唄
  2. SHE
  3. Baumkuchen
  4. マチルダ
  5. 摩天楼バタフライ
  6. GOLD FUNK
  7. CLAMCHOWDER(plugged)
  8. 恋するライダー feat.斉藤和義
  9. Happy Trail
  10. 僕らのこの声が君に届くかい
  11. トリドリ
  12. A BIRD
  13. 宇宙からやってきたにゃんぼー trio ver.-
  14. Fairy
  15. 月の裏の鏡
  16. 鳥のように
  17. MAGIC
  18. アネモネが鳴いた
  19. HONEY
  20. Bing Bang
  21. 生まれた日

 

名曲揃い・・・!あの曲とかこの曲とかも聴きたかったよ・・・!っていうのはあるけれど、それでも充分。

各音楽サービスで、ライブのセットリストそのまま配信してるそうです。

 

 

大橋トリオ10周年記念ライブ「TRIO ERA」メディアレポート

 

 

 

大橋トリオ10周年記念ライブ「TRIO ERA」わたしの感想

 

 

 

わたしが初めて大橋トリオのライブに行ったのが、2009年に行われた「A BIRD TOUR」@東京キネマ倶楽部。

まだライブ数の少なかったトリオさん(我が家ではトリオって呼んでる。みんななんて呼んでるんだろう?)の緊張が伝わってきたライブでもありました。

でもその反面、こんなにも曲の世界観に浸れるライブってあるんだ、って感激しました。

それからしばらくツアーがあるたびに通っていました。

ここ数年はライブに行けてなかったけど、新作が出るたびにちょくちょく聴いていました。

久しぶりに観たライブが10周年記念ライブ。

あの頃とは違った堂々とした空気感、そして、あの頃から変わらない飄々としたパフォーマンスと世界観。

「あぁ、このライブに来れてよかった」と心底思いました。

トリオさんの曲を聴きながら、自然とその曲を聴いていたときの自分を振り返れたんです。

たぶんきっと、そんな人が多いはず。

大橋トリオの歌声は、ささやくような優しい声。男性でこういうタイプのボーカルってめずらしい!

派手さはないのかもしれないけれど、その分、言葉がやさしく心に染み入ります。

どうしても元気が出ないとき、でも元気を出したいとき。

「がんばれ!」とか言ってくる応援ソングは暑苦しくて聴きたくないとき。

大橋トリオの曲は「そのままでいる自分」の肩をそっとたたいて励ましてくれるような、そんな曲。

今回のライブでも、とっても励まされました。

ひとりのピアノ弾き語りで始まり、バンド編成、オーケストラになり、街の音楽団のようになり、ロックスターになり。

どこを切り取っても、どんな色にも染まれるし、でも染まらないのがトリオの魅力。

「わたし」だけに歌ってくれるからこそ、響くうた。

ライブで聴いていても、おうちで聴いているのと変わらずに側にいてくれるような気がしました。

そこが、なにも変わってなかった。

なんだか、それがうれしかった。

まだまだ書きたいけれど、うまく言葉にできそうにないのでこれくらいにしておきます。

次のライブもきっと遊びに行きます。

毎日気づくと張りつめちゃうこころをほどいてくれるのは、大橋トリオの曲だから。

 

聴いたことない人へ。大橋トリオはここでも聴けます!

アルバムはほぼCDで持っていて、iPhoneに落とせてないわたし。

30日間無料で、その後は月額980円のAmazon Music Unlimitedでも聴けました。

最近になって、ストリーミングで音楽が聴ける月額制サービスにハマってます。

とりあえず無料期間でお試ししているところなのですが、iPhoneの容量も食わないし、聴きたいときにサクッと検索できていい感じ!椎名林檎さんの新作も聴けて驚きました・・・。

試してから30日間ならすぐに解約できるので、安心して登録しちゃいました。

しばらくはお世話になりそうです。浮いたお金でライブ行きます。

PV観たい方は大橋トリオYouTubeをどうぞ。

 

<こちらの記事もどうぞ>

 

更新情報おしらせします

 

 

Instagramでは街歩きや暮らしの愛用品をご紹介

 

SPONSORED LINK