不在の魔法 ー スカート『トワイライト』ー

SPONSORED LINK







「いなくなるって消えることじゃないんです。いなくなるって、いないことがずっと続くことです。いなくなる前よりずっと側にいるんです」

〈カルテット〉というドラマで、夫が失踪したままの妻が口にした言葉がいまだに忘れられない。

目の前からいなくなった存在だからこそ、鮮烈に思い浮かび上がることがある。

スカートの音楽を聴くと、ときに胸がぎゅっと苦しくなる。

過ぎ去ったあの人のことや、出来事のいろいろが、鮮やかな色を連れてきて、目の前に立ちはだかる。

ふらっと散歩へ来たコーヒーショップで、アイスカフェラテを飲みながら、こぼれそうになった涙を抑えた。

大人になると、こんな風に急に涙腺が崩壊しそうになるのが恐ろしい。

 

いまにも雨が降り出しそうな、重たい梅雨空の中、井の頭自然文化園へ行った。

放し飼いにされているリス園へ行きたかっただけで、他にどんな動物がいたかもほとんど忘れていた。

目の前に見えたのは、ガランとした灰色のゾウ舎。

そういえば、この施設のアイドルだったゾウのニュースを聞いたのはもう数年前のことだった。

ゾウがいた場所には、好きだったおもちゃや、おやつが置かれていた。

「そこにいない」からこその、存在感。

せわしない日常の中で、終わったように思い込んでいた感情を、いとも簡単に連れてくるスカート。こんな曲を聴いたら、またしばらく忘れられないじゃないか。

中央線は、スカートの音楽がよく似合う。

 

関連記事:雨の日のBGM

Aspidistraflyは雨の休日にぴったりの癒される音楽

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事