菓子屋シノノメ(from afar倉庫01)のある蔵前で愉しむ、土日限定の焼き菓子やスコーン・お菓子

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

こんにちは!下町育ち・下町を愛してやまないチヒロ@かもめと街です。

蔵前に、また素敵なお店がオープンしました!

その名は「菓子屋シノノメ」

11月18日にオープンしたばかりの焼き菓子のお店です。

 

菓子屋シノノメ(from afar倉庫01)(蔵前)のInstagram

 

お店の前を通ったあなたはきっと、独特のセンスに魅了されるはず…!

 

「菓子屋シノノメ」(蔵前)の店舗の様子

蔵前のこの辺りは、古いビルをリノベーションして、独特のセンスが光るお店が多く点在しています。

大通りから小さな細い道を入ると、

 

 

パリの街角かな?って思っちゃいました。

 

年季の入った古材を活かした店構え。

 

 

お店のロゴもさりげなくてかっこいい…!

 

 

蔵前のお散歩が好きな人は、ピンときたかもしれませんね。

ここのお店は、隅田川を渡ったところにあるお花屋&カフェ「from afar 倉庫01」のテイクアウト専門店なんです。

蔵前で焼き菓子やパンなど、ちょっとしたケーキなど手土産を買うのにとっても良いです!

>>関連記事   蔵前から歩ける!from afar 倉庫 01で楽しむリノベーションカフェ

 

店内は、from afar 倉庫01同様、古い日本家具を使っていたり、かと思えば「イギリスの郵便受け」(店員さん談)もあったりして、独特の雰囲気を醸し出しています。

「菓子屋シノノメ」は、ふだんはカフェのケーキなどのお菓子をここで作っているそうで、現在は土日のみ営業とのこと。

じょじょに営業日を増やす予定だそう。

 

 

「菓子屋シノノメ」(蔵前)の店舗情報

東京都台東区蔵前4-20-4
営業日: 土日 12:00-19:00 

 

 

「菓子屋シノノメ」(蔵前)の焼き菓子やスコーン・お菓子の種類

土曜の14時ごろに立ち寄ったところ、すでに5種類ほどしかありませんでした…!

店内も混雑していたため、写真が撮れず。

 

お菓子の種類で確認できたのは、

スコーン (プレーンともう一種類)

五穀クロワッサン

パンオショコラ

、、、、その他思い出せません、、、!

開店が12時なのですが、13時か、遅くとも15時には売り切れてしまうそう…!

今回は五穀クロワッサンとスコーンを。

 

 

香り高いバターがふんわりときいてるクロワッサン。

しっかりとした味わいのスコーン。

濃いめのブラックコーヒーと一緒にいただきたいお味でした。

次回は開店時間を狙って行ってみます。

蔵前でお散歩する際はぜひお立ち寄りくださいねー!

 

東京下町案内 | 東京案内 | 長野案内 | その他の街

 

<こちらの記事もどうぞ!>

蔵前から歩ける!from afar 倉庫 01で楽しむリノベーションカフェ

 

東京下町観光においで!下町育ちのわたし目線で浅草・蔵前・谷中の街歩きをご紹介!

東京下町のごはんはこちら→★

☆更新情報やカルチャーニュースをおしらせします

☆Instagramでは下町の街歩きしてます

 

 

「生きた時間と空間を可視化する」がコンセプトの、新木場CASICAへ。 南風食堂監修のからだにやさしいご飯や、一緒に時を過ごしたくなる日用品の数々。 古道具や家具のバリエーションが豊富な店内を写真60枚以上でレポートします。 詳細はトップページのリンクより。 Webマガジン『かもめと街』 #かもめと街の東京案内 #新木場 #新木場casica #casica #焚火工藝集団 #古道具 #古道具屋 #家具 #日用品 #うつくしいもの #shinkiba #散歩 #tokyocafe #東京カフェ #南風食堂 #雑貨屋巡り #雑貨 #雑貨屋さん #多肉植物 #多肉 #plantlife #plants #cafe #bookcafe #casabrutus #tokyo #tokyolife #zakka

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK