蔵前で、週末限定のおいしい焼き菓子を。「菓子屋シノノメ」移転オープン!

SPONSORED LINK







そのお店に入ると、まるでどこかの国に迷い込んでしまったかのような気分になれる。

ここでしか買えないというのは、今の時代にとっては貴重で、だからこそ「いつかきっと」と足を運びたくなるもの。

蔵前にある「菓子屋シノノメ」は、週末のみオープンする焼き菓子屋さん。

どこかの海外のアンティークの家具や、おそらく日本の建具などをふんだんに使っている店内は、遠くの国にでも来たかのような気持ちになれる。

使い込まれた木の建具たちは、息を吹き返したかのようにお店を彩る主役のよう。

作り込まれた世界観の中に立っているお店の人たちは、この地域のお店らしく、ホスピタリティの高さがうかがえる。

わざわざ買いに行くから、楽しめる経験があることを教えてくれるお店。

 

以前レポートした、蔵前にある週末限定の焼き菓子「菓子屋シノノメ」が、以前の場所からほど近い場所に2018年10月6日に移転オープンされたので、こちらでレポートします!

移転前のお店のレポートはこちら→菓子屋シノノメのある蔵前で楽しむ、週末限定の焼き菓子

 

蔵前の焼き菓子屋「菓子屋シノノメ」店舗外観

以前の店舗からほど近く。浅草方面へ歩いて数分の、大通りに面した場所にオープンされました!

 

大きなガラス張りの店内は、1階がテイクアウトのお菓子屋さん、2階が10月12日(金)にカフェとしてオープンするとのこと。

蔵前にはまだまだカフェが少ないので、シノノメさんのカフェができるのが楽しみ。行ったらレポートしますね。

※追記:「菓子屋シノノメ」2階のカフェへ行ってきました!「喫茶半月」のレポートはこちらから

 

 

扉の取っ手もステキ。早速入ってみましょう。

蔵前の焼き菓子屋「菓子屋シノノメ」店内

1階では、以前と同様カウンターにずらりとお菓子が並んでいて、欲しいものをスタッフの方に伝えて選ぶスタイル。できることなら、右端から左端まで全部買いたい・・・!

 

 

店内の壁にもご注目。いつも素敵なポストカードやフライヤーが飾られていて、じっくりみたくなっちゃいます。

 

それにしても、なんて美しいんだ・・・駒形にあるfrom afar倉庫01は、同系列のカフェ&お花屋さんですが、やはり同じ世界観を貫いていて本当に素敵。

過去のレポートはこちらを。蔵前から歩ける!from a far 倉庫01で楽しむリノベーションカフェ

そうそう、from afar倉庫01が店内撮影禁止になったと聞いたのですが、こちらは撮影OKでした。(2018年10月6日現在)変更があるかもしれないので、お店の方に一声かけてみてくださいね。

 

 

蔵前の焼き菓子屋「菓子屋シノノメ」メニュー

大きなスコーンや、焼きたてのクロワッサン、メープルクロッカン、シナモンロールなど、モーニングやランチにもなりそうな主役級のものから、マドレーヌやクッキーなどおやつにぴったりな焼き菓子がずらり。

 

 

 

SPONSORED LINK

今回は、メープルクロッカンとばらのマドレーヌ、フランボワーズのメレンゲを。

 

メープルクロッカンは、濃厚なメープルが香り、濃いめのブラックコーヒーと合わせたい甘さ。ばらのマドレーヌは、バターの芳醇な香りが漂います。うすいピンク色のメレンゲは、口に入れるとふわっと溶ける優しい甘さ。

ううん、これは危険なお店がパワーアップしたものだな。

ばらのマドレーヌ、なんてロマンティックな名前!女子の乙女心を鷲掴みにするシノノメさん。来週オープンするカフェもきっと大人気になりますね。

 

蔵前の焼き菓子屋「菓子屋シノノメ」おすすめまとめ

  1. 海外や日本の古道具をふんだんに使った独特の世界観が素敵!
  2. 本格的な焼き菓子からクロワッサンまで。浅草・蔵前観光の手土産にも。
  3. 2階にもカフェがオープン!(10/12レポUP)

 

※追記:2019年4月16日から、定休日が火曜のみになり、週6営業になるとのこと!行かれる際はシノノメさんのInstagramでチェックを。

それでは、蔵前さんぽを楽しんでくださいね!

蔵前の焼き菓子屋「菓子屋シノノメ」店舗情報

菓子屋シノノメ

 

次に読むなら、蔵前エリアのおすすめまとめを

蔵前エリアのおすすめカフェまとめ

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事