東京蚤の市 混雑が嫌いな人のための攻略法(もみじ市・手紙舎主催イベント)

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

こんにちは!街歩き大好きなチヒロ@かもめと街です。

雑貨や古道具、カフェが大好きな人が絶対外せないイベント、「手紙舎」主催の「東京蚤の市」

回を増すごとに混雑度がエグいのが難点。

雑貨好き、カフェ好きなどの文系ガールは、 「混雑とか並ぶの苦手…」って思ってる人が多いのでは?

チヒロ
わたしはそうです。 並ぶくらいなら、行きたくない…でもこの「東京蚤の市」だけは別。

行列に並んだり、混んでる中自分のほしいものを見つけるのは無理だけど、行きたい。

ほぼ毎回「東京蚤の市」に行くわたしが見つけた、混雑を避ける方法教えます!  

※追記:2018年冬は、11/10,11/11に開催予定とのこと!

 

東京蚤の市の混雑度はハンパない

 

  • 集客数と場所のキャパが合ってない
  • 開場前に行くと、入場列で大行列(並ぶ場所は公道なので、日陰なし)
  • 開場しても、入り口で入場料と引き換えにチケットをもらうので、なかなか入れない
  • それぞれのブースが狭いので、一点集中しがち
  • 飲食店の長蛇の列はすさまじい。並んでも買えないことも。
  • 会場内に自販機すらないので、喉が渇いた時に死にそうになる (飲食店のブースで販売してるけど、ここも混んでて並ぶことが多い)
  • 再入場できるけど、京王多摩川駅付近の飲食店の少なさ…
  • 飲食店で購入した後に食べられるスペースが少ない。 (会場内建物の裏手にある競輪場の観覧席は空いています。日差しが照りつけるけど…)

 

毎回、着いた瞬間にちょっと後悔します。

ぜんぜん改善されないんだもん! でも、素敵なイベントにしようという意気込みは伝わってくるし、お店の人と直接お話しできて買い物するのはとても楽しい。

なので、わたしなりの「混雑を避けつつも、最大限に楽しむ方法」決めました。

 

東京蚤の市の混雑を避ける方法

  • 事前に手紙舎の「東京蚤の市」サイト・イベントの出展者紹介を見て、 チェックしたいお店をリスト化→地図に落としておく。
  • 開催1週間前くらいになると、「東京蚤の市」特設サイトで会場マップが公開されます。
  • チェックしたお店を落とし込んでいきます。(こうすることによって、無駄に歩き回らずにすみ、時短・体力のコントロールに。)
  • 作ったリストは、イベント終了後「あのお店の実店舗行ってみたいな」と思ったときに、いい手がかりになりますよ!
  • 閉場1〜2時間前に行って、駆け足で回る!
  • ご飯はあらかじめ済ませる。または買って入る
  • 飲み物は必ず持っていく

 

そしてなんといっても、これ。

雨の日はガラガラになるので、逆に超おすすめ!むしろラッキー!

当たり前だけど、雨で行くの億劫になるのはみんな一緒。

チヒロ
だけど、かわいいものはあなたを待っています…!

 

混雑を避ける方法をわたしが実践してみた結果

  • スムーズに買い物できる
  • ぐるっと全部を回るより、目当ての店を回ってから見た方が ストレスなく回れる
  • 完売しているものも多いけど、掘り出し物も多い!
  • 欲しいものが見つからなくても、見てるだけで楽しいし、 豪華ライブが楽しめるので、入場料のモトが取れる
  • 特別市(豆皿市)の商品はもれなく完売してる

  古道具という特殊な商品柄、人気な物ってあんまりないイメージ。 だからこそ、いつでも掘り出し物があるんです!

  三谷龍二さんのお椀とお香立てに、破格の値段で出会えました!

豆皿市で豆皿が完売ってすごいなと思います。

とりあえずムードに流されて買っちゃってる人も多そう…

いつも全部完売してるから、むしろ分散させてくれた方が楽しめるのに。

「どうせ買えないし」としょぼくれるべからず。

どうしても欲しいなら、これをきっかけに、 その作家さんの出展イベント情報を追いかけるべし!  

 

結論

「どうしても限定の豆皿が欲しい…!」とか、 「どうしても、あの古道具屋さんの家具が欲しい」とかなら早く行くべし。

そうでないなら、掘り出し物を狙って遅い時間に行く。 雨の日に行く。 チェックしたい店をあらかじめ決めておく。

これは、「東京蚤の市」に限らず、手紙舎主催のイベント「もみじ市」「布博」「紙博」同様です。

【追記】 もみじ市2017手紙舎でチェック!おすすめの食べ物編

よろしければご参考に!

 

 

次に読むなら、蚤の市好きに行ってほしい「新木場CASICA」レポを

新木場CASICAに行ってきた!南風食堂のからだにやさしいご飯とうつくしい日用品と古道具・家具に癒される。

 

知られざる街の魅力をお届けします

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#かもめと街の東京案内 蔵前にある焼き菓子専門店「菓子屋シノノメ」が、以前の場所の近くに移転オープン! お店の規模も大きくなり、2階にはカフェもオープン予定。 古道具を取り入れたうつくしい店内と、 コーヒーにぴったりなおいしい焼き菓子。 ブログでたっぷりご紹介してます! #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとり旅女子 #浅草 #浅草カフェ #cafetime #カフェ好き #カフェランチ #coffee #coffeetime #おやつ #おやつtime #パン好き #菓子屋シノノメ #flavorcoffee #tokyocafe #蔵前 #kuramae #蔵前カフェ #蔵前さんぽ

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK