浅草の宿泊なら。「フグレン」のあるホテル「ナインアワーズ」で快適な旅を。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

旅行で泊まる宿で一番重視するポイントは、人それぞれ。 

みなさんはどうやって旅先の宿を決めていますか?

わたしは、機能性の高いシンプルなデザインの施設を見つけるのが好きです。

もちろんアクセスや価格帯といった面は大事だけれど、目にうつくしいものに囲まれる快適さは、他に代え難い価値を持っていると感じています。

今日は、そんな宿泊施設が大好きな浅草にオープンすると聞き、内覧会へお邪魔させていただきました!

成田空港や京都などの有名な観光地に、続々と増えているカプセルホテル「ナインアワーズ」さんです。

 

浅草の宿泊なら。建築家の手がけるカプセルホテル「ナインアワーズ」とは

ナインアワーズは、都市への出張や旅行で必要な「汗を洗い流す。眠る。身支度をする。」という3つのシンプルな機能にフォーカスしたカプセルホテル。

必要な機能を、必要なだけ。というコンセプトは、今の時代に合っていてとてもいいですよね。

 

浅草のホテルのおすすめ。建築家の手がけるカプセルホテル「ナインアワーズ」施設外観

建築家・平田晃久さんの手がけるナインアワーズは、浅草で3店舗目なんだそう。「カプセルの外側は街」ということを意識し、まわりに開かれた施設づくりにしたかったとのこと。

全体像が取れなかったので、展示されていた模型をどうぞ。

 

従来のナインアワーズは無機質なイメージだったのを、浅草店は1Fにノルウェーのカフェ「フグレン」があるということもあり、お互いに調和するよう意識されたそう。

施設内のラウンジは、北欧らしいインテリアで心地いい雰囲気。

フグレンは、自然素材を使った壁やフグレンカラーと呼ばれる深い緑を使っているそう。

今回のナインアワーズ浅草店は、カプセルホテルの中のフロントパネルを木を使ったり、フグレンカラーを取り入れたラウンジを作るなど、やわらかいイメージを取り入れたとのことでした。

 

浅草の宿泊なら。「ナインアワーズ」施設内

ノルウェーのカフェ「フグレン」

1・2階にはノルウェーのカフェ「フグレン」が入り、宿泊者のみならず外のお客さんももちろん楽しむことができます。

フグレンの詳細は、追って別記事でお知らせしますね。

→2018/9/20追記 記事書きました!>>浅草にフグレンがオープン!ノルウェー・オスロのコーヒーと、おいしいワッフルを。

 

オープンは朝7時から。ノルウェーのワッフルやビールまで楽しめるそうですよー!

 

カプセルホテル

こちらのホテルのレセプションは、なんと9階!直通のエレベーターで最上階へどうぞ。

 

 

「まずはこの景観を楽しんでほしい」という思いから、レセプションを最上階にされたそうです。

もう、浅草寺と花やしきとの距離感と高さに驚くばかり・・・!浅草育ちのわたしですが、こんな景色初めて見ました。これを見るためだけでも、泊まる価値あるのでは。

 

 

浅草の景色を楽しめる外階段の眺めも最高ですが、内階段ももちろんあるので高所恐怖症の方もご安心を。

実際に宿泊者が泊まる流れとしては、9Fで受付を済ませ、シャワーを浴び、ロッカーへ荷物を預け、アメニティを受け取り、下の階へ続くそれぞれのカプセルへ。

 

館内にはお洒落なラウンジスペースや、浅草寺を眺められるジムも。ここ、絶対に夜の景色最高ですよ・・・?

 

 

カプセルルームは近未来的なデザインで、とても格好いい。

 

外が見える場所もあって、開放感のあるカプセルホテルだなと感じました。

わたしはまだカプセルホテルに泊まったことがないのですが、各カプセルの中も広く感じました!

近くにいらしたサラリーマンらしき方が「これだけ広ければちゃんと休めるなぁ」とお話しされていましたよ。

2Fのはじっこのカプセルなら外の景色が見えるし、3Fも温室になっていて緑が見える場所も。(どちらも女性スペースですが)

もちろん男女それぞれ階層が異なっており、カプセルスペース内は簡単に出入りできないようになっているのでセキュリティも安心です。

飲み屋街が連なるホッピー通りの近くのため、音が気になりそうな方は念のため耳栓を持っていくと安心かもしれませんね。(お酒好きにはたまらない立地・・・!)

 

施設のサインやグラフィックデザインは、数々の有名な施設を手がけている廣村 正彰さん。

ディレクション・プロダクトデザインは、無印の日用品なども手がけている柴田文江さんという、デザイン好きにはたまらない布陣です。

 

シンプルで機能的。そしてこのうつくしいデザインで過ごせるあたらしい浅草の旅。

 

浅草の宿泊なら。「ナインアワーズ」おすすめポイント

わたしが感じたおすすめポイントはこちら。

  1. シンプルで機能性の高いデザインホテル
  2. モーニングからバーまで。北欧の雰囲気が味わえるカフェ
  3. 浅草寺や仲見世からも近く、空いている朝の浅草を楽しめる

 

旅先のホテルで、非日常感を味わえるカフェまであるって最高だと思うんですよね。それから、浅草寺からほど近い立地で、疲れたらすぐに帰れる場所なのもとてもいい。

 

浅草での観光を最大限に楽しみたい方、ぜひ「ナインアワーズ」へどうぞ!

次回はナインアワーズ内にあるカフェ「フグレン」を特集しますー!

>>浅草にフグレンがオープン!ノルウェー・オスロのコーヒーと、おいしいワッフルを。

 

浅草の宿泊におすすめ。建築家の手がけるカプセルホテル「ナインアワーズ」店舗情報

ナインアワーズ

 

次に読むなら東京下町のおすすめまとめ

「かもめと街」でご紹介している下町エリア。浅草・蔵前などのおすすめまとめています!

東京下町観光においで!下町育ちのわたし目線で浅草・蔵前・谷中の街歩きをご紹介!

 

知られざる街の魅力をお届けします

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

銀座の老舗喫茶店「トリコロール」へ。 ぶあついトーストとカフェオレのモーニングをいただきました。 貴族が住んでる洋館みたいな店構えと、ウェイターさんの丁寧な対応で、朝からとっても心地いい時間が過ごせました! #かもめと街の東京案内 #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #hanako #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとりっぷ #ひとり旅女子 #喫茶店 #喫茶店好き #銀座カフェ #銀座 #銀座ランチ #トリコロール #喫茶店巡り #喫茶店めぐり #喫茶店好きな人とつながりたい #銀座トリコロール #モーニング #喫茶店のモーニング

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK