モチモチの手打ち麺を浅草で。地元で愛される街中華「馬賊」の坦々麺を。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

「お待たせしましたー」と運ばれてきたラーメンを食べていると、「バンッ、バンッ」という大きな音が店内に響いた。お店はガラス張りになっていて、入口では職人さんが麺をこねている。

創業40年という、地元で愛されている街の中華屋さん。雷門からもほど近い立地だからなのか、日曜の14時ごろでもお客さんが途切れずに入ってきて賑わっていた。

店内のカウンターには、接客がてら休憩をとりつつまかないを食べるおかみさんたち。

今日は浅草にある街の中華屋さん、「馬賊」へ。

 

浅草のランチで人気の街中華「馬賊」でモチモチの手打ち麺を。店舗外観

雷門から歩いて3分。繁華街から少し離れるだけで、浅草の喧騒が静かになる通りに「馬賊」があります。

創業40年以上なんだそうで、佇まいにも風格が現れますね。

浅草のランチで人気の街中華「馬賊」店内

「馬賊」の店内は、いろんな芸能人のサインでいっぱい。雑誌やテレビの紹介が多いようです。

2017年には「マツコの知らない世界」にも出られたとのこと。

そんなわたしは、地元ながら入ったことはなくて、雑誌「POPEYE」で紹介されているのを見てから恋い焦がれていました。

ひとりランチも余裕だけど、街の中華屋さんはちょっとだけハードルが上がるような。だれも気にしてないんですけどね。今回は2人で行きました。

 

浅草のランチで人気の街中華「馬賊」人気のメニュー

馬賊が人気の理由は、モチモチの手打ち麺だからなんだそう。

まずはチャーシューネギ和えを。

ピリ辛でビールがすすむ味!ビール飲めないけど、こういう味ほんと好き。

 

次に人気の坦々麺を。

 

坦々麺はごま油のよい香りがたっぷり、辛味や刺激は少なめで食べやすい!(どちらかというと濃厚な坦々麺が好きですが)

壁に貼られていた雑誌の切り抜きに「量が多いのでシェアも可」と書かれていたので、坦々麺と餃子を頼んで半分こすることに。

餃子の皮も手作り、厚めで中のお肉をぎゅうっと閉じ込めています。日本人の好みに合わせたという味わいは、街の中華屋さんの中でも刺激が少なめで優しいお味。

 

がっつりいくのはしんどいけど、中華食べたい。そんな気分の日におすすめです。

 

浅草のランチで人気の街中華「馬賊」おすすめまとめ

  1. 雷門からも近く!地元で愛される街の中華屋さん
  2. モチモチの手打ち麺がおいしい
  3. 日本人の舌に合う、優しい味の中華

 

浅草で中華屋さんへ行きたくなった際は、ぜひ。

 

浅草のランチで人気の街中華「馬賊」店舗情報

馬賊

 

 

馬賊で中華を楽しんだ後は、近くのスプレンダーコーヒーで休憩を。

 

知られざる街の魅力をお届けします

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【ブログ更新】 #かもめと街の東京案内 1962年創業・浅草の「ローヤル珈琲店」をご紹介します。 ・華やかな夜のバーのような雰囲気が素敵 ・ゆったりと休憩できる空間 ・あつあつのホットサンドがおいしい ホットサンドの写真はないけれど(すみません!)、店内の写真たくさん入れたのでぜひどうぞ! #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとり旅女子 #浅草 #asakusa #浅草観光 #浅草カフェ #cafetime #カフェ好き #カフェのモーニング #coffee #coffeetime #喫茶店巡り #喫茶店めぐり #喫茶店好きな人とつながりたい #純喫茶 #純喫茶好き

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

 

SPONSORED LINK