安曇野の森のギャラリー〈nagi〉でうつわと木のカトラリーを見つける

安曇野 観光 おすすめ

SPONSORED LINK







鬱蒼とした森に、ぽつんと存在する一軒家。

安曇野のギャラリーやカフェが並ぶ大通りから、細い小道をゆっくりと進む。

6年前に初めて来たときは、電車とバスで向かい、近くのバス停から看板のない道を心細く歩いた。「クマに注意」なんていう看板を見て怯えながら、ほんとにこの道で合ってるのか心配になりながら。

あのときはバターナイフを探していた。マーガレットハウエルで買った黒のホーローのバター入れにしっくりくるものが見当たらず、探し回った。

「nagiっていうね、一軒家のギャラリーがすごく素敵なんだよ」

そう友人に聞いて訪れたあの日から、気づけば6年も経ってしまった。

カーナビの道案内を見ながら、おそるおそる森を進むと、小さな看板がひょっこり。

ナチュラルという言葉では収まりきれない、凛とした佇まいの漆黒のギャラリーは、中から白熱灯の灯りが見える。

安曇野 観光 おすすめ

今日は安曇野のギャラリー〈nagi〉へ。

 

安曇野の観光おすすめ!ギャラリー〈nagi〉店舗外観

安曇野 観光 おすすめ

細い小道を進んで、左に入ると素敵な一軒家が見えてきます。営業日や時間はオフィシャルサイトで確認を。

松本から安曇野への観光について

安曇野へのアクセスは、松本駅から電車または車でどうぞ。JR大糸線 穂高駅から出ているバスで「安曇野アートヒルズミュージアム」を目指してくださいね。(4〜11月までの運行)そこからは徒歩で、Googlemapを頼りにお願いします。(nagiさんのサイト参照ください!)

ちなみに、大通りから1本隣の脇道には「アトリエ宇 sora」という素敵なお店もあるので、そちらもぜひ。目当てのお店が絞れているなら、午前中は松本を散策して、午後は安曇野のギャラリー巡りというプランも全然ありだと思います。

安曇野の見どころ。ギャラリー〈nagi〉店内

安曇野 観光 おすすめ

〈nagi〉の店内には、作家もののうつわやカップがずらり。マットなオフホワイトとグレーよりのブラックのカラーが多く、このお店だけでトータルコーディネート出来てしまいそうです。

安曇野 観光 おすすめ 安曇野 観光 おすすめ

店内でよく見かけたのが、小さめの片口。ドレッシングやソースを添えるのに良いですね。平べったいからうつわに乗せても合わせやすそう。

安曇野 観光 おすすめ 安曇野 観光 おすすめ 安曇野 観光 おすすめ

窓の外は森。こんな素敵なロケーションあります?

安曇野 観光 おすすめ

 

SPONSORED LINK

安曇野 観光 おすすめ 安曇野 観光 おすすめ

着心地の良さそうな洋服もありますよ。

安曇野 観光 おすすめ

わたしが悶絶したのは、木のカトラリーコーナー。

安曇野 観光 おすすめ

いちばん左は調理用ヘラだそうで、こんなにスマートな木のへラは見たことがないです。ああ、全部欲しい。

こちらの上のほうは茶さじ。どれもなめらかな手ざわりが心地いい。下はバターナイフ。今でも愛用しています。手の温もりが感じられる作品たち。

安曇野 観光 おすすめ

ガラスケースに集合していた羊のオブジェも可愛い。

安曇野 観光 おすすめ 安曇野 観光 おすすめ

近所にあったら、友人へのプレゼントを探すのにまず向かう店になると思います。木のカトラリーは数百円〜2000円前後で、うつわも平均して3000円前後くらいなので、結構買いやすい価格なのも危険。

 

〈nagi〉で買ったもの

〈nagi〉で買ったものを並べてみました!調理用ヘラは〈actscobo(アクツコウボウ)〉、茶さじとミニスプーンは木村毅(きむらつよし)さん。小さな片口は阿久津真希(あくつまき)さんの。(右の鍋敷きは諏訪のリビルディングセンターにて。)

どれも一目惚れしてしまいました!ずっと使えるものに出会えた瞬間は、いつだってうれしい。お気に入りの日用品があれば、ふだんの暮らしをもっと楽しむことができます。

そんなとっておきを見つけに、森のギャラリーへ足を運んでみませんか?

安曇野のおすすめギャラリー〈nagi〉店舗情報

〈nagi〉

関連記事:松本から白馬&安曇野へ。日帰り写真ルート案内

白馬観光おすすめ

松本から白馬・安曇野を1日で回ったルートを写真たっぷりでご紹介しています。

北アルプスの山々と桜でお花見。安曇野のギャラリーでカトラリー探し。2019年GW写真日記#02

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事