松本でのディナーなら!地元のカルチャーの発信地「The Source Diner(ザ・ソース・ダイナー)」がおすすめの理由。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

ひとつの道を極めた人は、かっこいい。

何が大事かをきちんと自分で分かっていて、端から見てブレることがない。

素材の味を活かして、より美味しいものを提供することに心を尽くす姿を見ていると、ついうっとりと眺めてしまう自分がいます。

今回は松本にあるレストラン「The Source Diner(ザ・ソース・ダイナー)」をご紹介します。

 

松本「The Source Diner(ザ・ソース・ダイナー)」はまるで海外のレストランのような個性の光る店

オーナーの安達 真さんとは、松本のカフェ「amijok」で知り合ってから仲良くさせていただいています。

>>松本のカフェ「amijok」は世界一おいしいマフィンとおもてなしに心がほどける場所。

 

チヒロ
amijokの小島夫妻とsourceの安達夫妻はチヒロ家の憧れの夫婦・・・!

 

 

なんというか、生き方がとてもかっこいいんですよね。ブレない軸があって、いつも邁進してる姿が素敵。

憧れの安達夫妻。まことさんとりかさん。我が家では師匠と呼んでいます(こっそり)「写真撮っていいですか?」と聞くとだいたいこのポーズ。

 

真さんは「D&DEPARTMENT」や松本の有名ホテルのシェフを経て、2年ほど前に「The Source Diner」をオープンされました。

最近の「The Source Diner」のインスタがとても良かったので引用させていただきます。

 

The Source Dinerさん(@thesourcediner)がシェアした投稿

 

この写真のコメントの冒頭にとても共感したのでどうぞ。

店もプロダクトも、バックボーンにある「カルチャー」が感じられるかどうかって事は一番大事にしている部分。
だから、この店には自分の好きなカルチャーを感じてもらうピースを散りばめて作ってる。

引用:「The Source Diner」 Instagram

 

「カルチャーが感じられるかどうか」という部分は、わたしも少なからず大切にしているところ。

よくありがちな、表面上それっぽくしたモノやお店にはあまり惹かれません。自分の軸が見つかれば、おのずと醸し出される部分なのかもしれないな。

 

初めてお店に入ったときの衝撃は忘れられません。

街のお花屋さんをリノベーションして、海外に迷い込んでしまったかのような内装でありつつ、唯一無二の空気感。

 

 

「地元のカルチャーの発信源であること」を大切にした世界観づくり・素材のおいしさをいかした、うつくしい料理の数々。

このお店に行くたびに、背すじがピンと伸びます。上っ面だけではなく、かっこよくいなきゃ、って。

お店でDJイベントを行ったりと、活動の幅はとどまることを知りません。

ああ、わたしの表現力では魅力をうまく言語化できません・・・ということで、今まで撮りためた写真をどうぞ。

 

松本のディナーのおすすめ!「The Source Diner(ザ・ソース・ダイナー)」の店内

壁には様々なアートが飾られていて、ギャラリーのよう。

ランプがかわいい!このお店のクールな雰囲気×レトロランプは印象的な組み合わせ。このセンス真似できないよ

なんと!ここにもchalkboyさんのイラストが!

 

 

 

 

 

昼も夜も、絵になるお店なんです。

このバッグ欲しすぎる・・・

 

いかがでしょうか・・・?うまく言葉にできないのですが、最高にかっこよくないですか。

 

お店がオープンするまでの様子をFacebook越しに見ていました。

初めてお店に行った際、お店ができるまでの写真をたくさん見せていただき、真さんのお店への愛が伝わってきて、じーんとしたことを覚えています。




松本「The Source Diner(ザ・ソース・ダイナー)」のメニュー

前置きが長くなりましたが、ソースでぜひ食べてほしいメニューをどうぞ。

前菜盛り合わせとアヒージョ(1人前 ¥1000)写真は4人前。

 

ポテトサラダやビーツのサラダ、キヌアのサラダ・・・カボチャの素揚げなどなど。

効かせているスパイスが気になって聞いてみたところ、作り方を丁寧に教えてくださいました。

一通りレシピをざっくり教えてくれて、「簡単だから家でやってみて!」と笑顔で去って行くりかさん。

同じように美味しくできるのは不可能だけど、それでもお店のエッセンスを自分で試せるのはうれしいですよね。

野菜の美味しさが活きていて、どれもあっという間に完食。

 

アヒージョもすばらしかった・・・!ニンニクの効いたオリーブオイルのスープと野菜の組み合わせ・・・

 

「後でお肉が来るから余力を残さなきゃ」と思ったのにバゲット追加。

 

肉厚なパテも絶品なんです!!

 

パテの肉厚っぷり!

 

ポテトフライのチリソースサワークリーム添えも大好き。

 

どれを食べても美味しくて、今日ばかりは胃袋が2倍になればいいのに、と行くたびに願います。

 

そうそう、The Source Dinerでかならず食べてほしいのはお肉料理!!

 

つけあわせの野菜まで美味しくて、もう幸せすぎる。

お肉についてくるオリジナルのソースがまた絶品なんですよ!今回頂いた時はパセリがベースの「チミチュリ」というソースでした。

 

アメリカのクラフトビールなど、めずらしいビールも充実しています。長野県白馬やパタゴニアが出しているビールなども!

ビール飲めないけど、デザイン見てるだけで幸せ。

シードルおいしかった・・・!

 

ランチもすごくおいしいんですよ!

 

 

 

デザートも病みつきになる味。こちらは奥さまのりかさん手作りのケーキ。

 

りかさんの笑顔あふれる、ホスピタリティの高いサービスにもいつも心が癒されます。

 

こちらはキャラメルナッツアイス。キャラメルの濃厚さと、粒の大きいナッツとバニラアイスの組み合わせが美味しすぎて・・・シェアするとあっという間に消えます。

 

 

昼ごはんも夜ごはんにも使いたくなっちゃうお店。わたしが松本に行った際は、ほぼ毎回ランチかディナーでお世話になります。

ほぼノープランで遊びに行くチヒロ家は「翌日どこ行こうか迷うな・・・」となったとき、いつもソースかamijokに相談して、松本付近の穴場の場所を教えて頂いたりもしてます。

地元の良いところは、地元の人に聞くのが一番ですからね。

 

松本「The Source Diner(ザ・ソース・ダイナー)」のおすすめポイント

  1. とにかく!どれを食べてもおいしすぎる!お肉料理はマスト!
  2. アメリカのビールの種類が豊富
  3. 「The Source Diner」だからこそ味わえる独自の世界観

 

ディナーは電話でのご予約を!

松本散策の際は、ぜひランチ&ディナーを楽しんでくださいね!

 

松本「The Source Diner(ザ・ソース・ダイナー)」店舗情報

The Source Diner

 

松本のおすすめカフェ「amijok」で世界一のマフィンを

松本のカフェ「amijok」は世界一おいしいマフィンとおもてなしに心がほどける場所。

東京下町案内 | 東京案内 | 長野案内 | その他の街     

 

Twitterで「知られざる街の魅力」をていねいにお届けしてます!

 

SPONSORED LINK