手打ちそばを神田で。大正14年に建てられた木造建築の〈神田まつや〉へ

神田 おすすめ ランチ 蕎麦 神田まつや 歴史的建造物

SPONSORED LINK







「いらっしゃーい」と、独特の言い回しでお客さんを迎えるのは〈神田まつや〉。

そういえば、日本橋で働いていたときによく行った〈藪伊豆総本店〉の女将さんも、不思議な抑揚をつけて出迎えてくれたのを思い出した。あの呼びかけは伝承されていくのだろうか。

〈神田まつや〉は創業明治17年。趣のある建物に圧倒されて、何年も前から気になっていたのに入れなかった。この一角は奇跡的に東京大空襲で焼け残ったそうで、古い建物がいくつも残っている。

勇気を出してガラリと入ってみると、平日の14時過ぎだというのにお客さんがたくさん。

白い襟に紺のワンピースを着た制服姿のお母さんたちがテキパキと注文をさばき、活気にあふれた店内。

有名店でも、混んでいても、ひとりひとりのお客さんをみんなが見ていて、お水が減っていたらすぐに来てくれるし、わからないメニューについて質問しても丁寧に優しく答えてくれる。

隣ではおじいさんがひとりでぬる燗を注文し、向こうでもビールを片手に過ごす姿が見える。

威風堂々とした佇まいの建物だけれど、入ってみれば街のお蕎麦やさんと変わらず温かい時間が過ごせる。

お蕎麦を食べた後は〈竹むら〉で揚げまんじゅう食べようかな。

神田のおすすめランチ〈神田まつや〉で手打ちそばを 店舗外観

神田 おすすめ ランチ 蕎麦 神田まつや 歴史的建造物

グルメ好きな方には、このエリアはたまらないのではないでしょうか。老舗の名店がこれでもかというほど並ぶ神田須田町エリア。

秋葉原駅と神田駅の中間に位置する〈神田まつや〉は、手打ちそばをいただける蕎麦屋さんです。

建物は大正14年(1925年)に建てられた木造2階建て。東京都が選定する歴史的建造物です。

神田 おすすめ ランチ 蕎麦 神田まつや 歴史的建造物

ビルとビルに挟まれてぎゅっとしてるのも愛おしくないですか…!残っていてくれてありがとうと思わざるを得ません。

右手が入り口、左手が出口になっていて、その上には松の欄間飾りが。

神田 おすすめ ランチ 蕎麦 神田まつや 歴史的建造物

よく見ると、その飾りの中で使われているすりガラスもそれぞれ柄が違う…!真ん中の欄間飾りにも葉っぱのようなモチーフのすりガラスが使われているので見てください。

入店する前にアルコール消毒、それに検温もされています。ほぼ満席だったけど、きちんと間隔を開けていて、木の間仕切りもありました。(もともとあったのかも)

神田のおすすめランチ〈神田まつや〉で手打ちそばを 店内

神田 おすすめ ランチ 蕎麦 神田まつや 歴史的建造物

出口にいちばん近い端のテーブルは、店が一望できる良い席。

蝉みたいな絵が気になる。

神田 おすすめ ランチ 蕎麦 神田まつや 歴史的建造物

大きなこね鉢、迫力があります。

神田 おすすめ ランチ 蕎麦 神田まつや 歴史的建造物

暖簾に映る木漏れ日も心地いい。

神田 おすすめ ランチ 蕎麦 神田まつや 歴史的建造物

 

SPONSORED LINK

神田のおすすめランチ〈神田まつや〉で手打ちそばを メニュー

神田 おすすめ ランチ 蕎麦 神田まつや 歴史的建造物

〈神田まつや〉のメニューはこちら。見づらくてごめんなさい。

わたしはとろろそばが大好きなので「そばとろ(1000円・税抜)」を。

神田 おすすめ ランチ 蕎麦 神田まつや 歴史的建造物

手打ちの蕎麦にふわふわとろろのつけ汁。艶のある黒いお盆が蕎麦の美しさを引き立てます。わたしは下町育ちですが、辛すぎるつけ汁は苦手なのもあって、とろろを選びがち。でも、ここのはそんなに辛くないかなと。

家族は夏のメニュー、すだちそばを頼んでいて、そちらも美味しかった!

食べ終わって出ようとすると、天気雨がザザッと。

神田 おすすめ ランチ 蕎麦 神田まつや 歴史的建造物

蕎麦屋から見える雨の神田もいいな、なんて思っちゃいました。神田グルメの旅、続けます。

神田のおすすめランチ〈神田まつや〉店舗情報

関連記事:近江屋洋菓子店もすぐ近く

神田 デザート フルーツ カフェ 喫茶店 洋菓子 ケーキ フルーツポンチ 近江屋洋菓子店

きちんと、実直によいものを。神田「近江屋洋菓子店」のフルーツ。

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事