表参道でインテリアを。「HAY」が期間限定オープン!内覧会へ行ってきました

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

うつくしいデザインは、それだけで心を豊かにする。

家の中で日常的に目にするものは、自分の好みのもので揃えたい。そんな風に思っている方へ、ぜひ見ていただきたいブランドがあります。

それは、デンマークのインテリアプロダクトブランド「HAY」。ハッとするようなカラーリングのトレイやカラーバリエーション豊富なキッチンアイテムを見たら「ああ、これ見たことある!」と思う方も多いはず。

 

2002年デンマークで生まれた「HAY」は、日本のライフスタイルショップなどでも人気を博し、このたび表参道のGYRE内に期間限定オープンすることになりました!

2018年10月19日(金)オープンの前の内覧会へお邪魔させていただいたので、写真たっぷりでレポートをお届けします!

 

表参道でインテリアを。「HAY TOKYO」が期間限定オープン!店舗外観

「HAY TOKYO」がオープンするのは、表参道のGYRE(ジャイル)B1F。2018年10月19日(金)期間限定オープンで、2019年夏頃まで展開予定とのこと。

GYRE(ジャイル)の右手にある階段で地下へどうぞ。

 

ワクワクするようなポップなカラーリングの階段を降りれば、HAYの世界へ。

表参道でインテリアを。「HAY TOKYO」が期間限定オープン!店内

こちらの「HAY TOKYO」は、なんと200坪を超える世界最大級の展開の店舗になるとのこと。海外では、デンマーク・ノルウェー・ドイツなどにショップがあります。

 

店舗設計は、スキーマ建築企画の長坂 常さん。

可変性のあるフロア構成で、1年間の期間限定オープンの間中、変化し続ける店舗構成が楽しめるように設計されているとのこと。いつ行っても新鮮な気持ちで楽しめそうですね。

ゆったりとしたフロア構成になっており、HAYのソファなどインテリアがずらりと展示されているので、じっくりと比較検討しやすいかと思います。

 

ショップの中央には、真っ赤な本棚が!

写真提供:HAY

 

 

 

「HAY TOKYO」では、様々なクリエイターとのコラボが楽しめるのがポイント。こちらはブックデザイナー・幅允孝さん代表の「BACH」との企画で、幅さん選書の本が楽しめますよ。

次は、インテリアから、小物など生活雑貨まで幅広く揃っている「HAY TOKYO」でチェックしていただきたいコーナーをご紹介します!

 

 

表参道でインテリアを。「HAY TOKYO」が期間限定オープン 商品ラインナップ

わたしがいちばんときめいたのは、こちらのミニマーケット!

 

倉庫のような、無機質なラックの中にカラフルで美しいHAYの雑貨がずらりと並んでいます。

HAYはシンプルでありつつ、モダンなデザインがとても素敵。わたしが特に「これは欲しい!」と思ったものをご紹介します!

 

HAY×Sonosコラボのスピーカー

 

 

カリフォルニアのホームサウンドシステム「Sonos」のスマートスピーカー。従来のBluetoothではなく、Wi-Fiでつなぐことができ、アプリで簡単に操作ができるところが魅力なんだそう。

複数のスピーカーから同じ音楽を同時に別の部屋で流すことができ、空間演出にも使えるとのことでした。

もちろん美しい音の広がりも素晴らしく、衝動買いしたくなる気持ちを抑えました・・・!(欲しい)

 

MOROCCAN VASE フラワーベース

 

今回日本初お披露目となったこちらのベース。カラーリングの妙にときめいちゃいました。

モロッコ製で、リサイクルガラスを使って手吹きで作られているそうなので、ひとつひとつに温かみが感じられます。

 

KALEIDO トレイ

 

HAYのカラフルなトレイも、初めて見たときの衝撃が忘れられません。様々な組み合わせが楽しめそうなアイテム。

こちらは、2019年2月にHAY TOKYO内にオープンするダンデライオンチョコレート のガトーショコラと。うつわとして楽しむのも素敵ですよね。

 

キッチングッズ

インテリアを揃えるのは難しいという方にも、このコーナーなら欲しいものが必ず見つかるはず!

日常的に使うキッチングッズから、美しいと思えるものにアップデートしていくのも楽しいですよね。

 

その他の雑貨

HAYの雑貨は、バラエティーに富んでいてプレゼントを探すのにも良いですよ。ざっくりした厚手の生地で作られたポーチが可愛い!その隣のお面も気になる存在。

 

文具も充実しています!

 

この発色、すばらしいですよね・・・!

 

この鳥モチーフのハサミが可愛すぎてもう。

 

独特のカラー展開で、暮らしに彩りを添えるHAYのアイテムから目が離せませんね。

 

表参道でインテリアを。「HAY TOKYO」内のカフェ

こちらの期間限定ショップでは、カフェも併設されています。原宿や表参道の散歩の途中に立ち寄りたいですね。

 

HAYのオーナーが御用達のデンマークのカフェレストラン「Atelier September」のオーナーシェフがプロデュースしたメニューが楽しめます。

からだに優しくておいしい、ナッツのグラノーラは濃厚なヨーグルトとの相性が抜群。

 

コーヒーはノルウェー・オスロの「フグレン」のコーヒーがいただけますよ。一部はテイクアウトもできるとのことです。

 

表参道でインテリアを。「HAY TOKYO」おすすめまとめ

「HAY TOKYO」のおすすめポイントはこちら。

  1. HAYのアイテムがインテリアから雑貨まで幅広く楽しめる!
  2. 独特のうつくしいカラーリングのコーディネートは必見
  3. デンマークのカフェレストランのメニューが絶品

 

ぜひ、あなたの暮らしをアップデートさせる美しいモノを見つけに行ってはいかがでしょうか。

 

表参道でインテリアを。「HAY TOKYO」が期間限定オープン!店舗情報

店舗は「表参道GYRE(ジャイル)」のB1Fになります。

HAY

 

次に読むなら、北欧ヴィンテージインテリアの素敵なカフェ「フグレン 浅草店」を

インテリアデザインが好きなら、北欧ノルウェーのコーヒーショップ「フグレン」の店内もぜひご参考にどうぞ。こちらは北欧ヴィンテージ家具を使った、うつくしい店内の様子を写真でご紹介しています!

浅草にフグレンがオープン!ノルウェー・オスロのコーヒーと、おいしいワッフルを

 

知られざる街の魅力をお届けします

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#かもめと街の東京案内 蔵前にある焼き菓子専門店「菓子屋シノノメ」が、以前の場所の近くに移転オープン! お店の規模も大きくなり、2階にはカフェもオープン予定。 古道具を取り入れたうつくしい店内と、 コーヒーにぴったりなおいしい焼き菓子。 ブログでたっぷりご紹介してます! #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとり旅女子 #浅草 #浅草カフェ #cafetime #カフェ好き #カフェランチ #coffee #coffeetime #おやつ #おやつtime #パン好き #菓子屋シノノメ #flavorcoffee #tokyocafe #蔵前 #kuramae #蔵前カフェ #蔵前さんぽ

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

 

SPONSORED LINK