冬の朝、フォトウォーク。明治神宮編

SPONSORED LINK







AM7:00   日が昇り始めた神宮橋に、背の高いニット帽の男子がぽつんと立っていた。

挨拶もほどほどに「朝日がきれいに見えるから撮ってたんですよ」と教えてもらう。

早朝フォトウォーク。

「今度早起きして写真撮りに行こうと思ってるんですよ、やるときに声かけますね」と誘ってもらった。

起きられるのか心配になりつつも「行きます!」と即答し、結局夜更かしして寝不足のまま、キーンと冷えた朝の空気の中、駅へ向かう。

「こんなに朝早く、みんな集まるんだろうか」と思いつつ、7時過ぎには全員集合。

会社で働く人と、フリーランスで働く人。それぞれのタイムスケジュールは違えど、朝がんばれば、ほんの2時間だって会うことができる。

 

写真が好きな人たちと巡る街歩きはたのしい。もちろん、他の人の邪魔にならないように配慮しつつ、それぞれ思い思いに散らばって、心にとまった風景を切り取る。

ふわっと集まってはバラバラになり、しばらくするとまたひとり、ふたりと集まってくる。

同じ時間に同じ場所にいるのに、こんなにも視点がばらばらで、撮りかただって個性がある。

 

それぞれの視点で見る街は、ひとりで見る視点の何倍にも感じられておもしろい。贅沢な朝の時間を過ごすと、その日は一日中楽しい気分で過ごせることがわかった。

ひとりの朝活もいいけれど、みんなで集まったらもっと楽しい1日がはじめられる。

朝活のレパートリーに、早朝フォトウォークも追加して、寒い冬も楽しく過ごせるといいな。

 

 

SPONSORED LINK

 

早朝フォトウォーク 参加メンバー

ということで、ブロガーの皆さんとフォトウォークへ行ってきました!参加メンバーは以下のみなさん。

  • 人の心を掴むのが上手で、笑顔が可愛いOLブロガー:ぴろり
  • DIYとインテリアのセンスが抜群で、会うと癒されるブロガー:すけさん
  • 洋書のような美しい写真と、企画がいつも魅力的なブロガー:トバログ
  • 植物のことならこの人へ。いつもお洒落な園芸家:クリハラさん

 

早朝フォトウォーク<原宿・明治神宮編>

冬の朝7時、原宿。ようやく朝日がのぼりはじめました。

 

朝日に照らされた鳥居がきれい。

明治神宮

 

開始10分くらいで、みんなばらばらに散っていきます。

明治神宮

重機に夢中なクリハラさん

ね、みんなバラバラ。このゆるい感じが最高。

明治神宮

あたらしいカメラを買って、ウキウキのぴろり。かわいい。

明治神宮 明治神宮 明治神宮
明治神宮

いたるところにハートの文様?発見。

明治神宮 明治神宮 明治神宮 明治神宮 明治神宮 明治神宮
明治神宮

根っこがおもしろい。猿がおしり向けて座ってるみたい

トバログは、落ちてた葉っぱを見つけてパチリ。

「あれ、なんの植物だろう?きれいだね。」なんて話になるのもたのしい。植物に詳しいクリハラさんが「ムラサキシキブじゃないかなぁ」って。紫の実がかわいいな。

すけさんが「紅葉きれい!」と言うので振り返ると、こんな景色が。

 

今回のフォトウォークをしていて気づいたのは、わたしは人の写真を撮るのが好きなんだなぁということ。笑ってる姿を見ていると、思わずシャッターを切りたくなります。

明治神宮を出た後は、会社に向かうぴろりを見送って原宿のカフェでモーニング。お昼くらいに解散しましたが、その後も楽しい気持ちのまま1日が送れました。早朝フォトウォークがこんなにたのしいとは。

 

それぞれの早朝フォトウォーク

フォトウォーク当日から翌日にかけて、みんな早速記事を書いていました。それぞれの個性が垣間見えておもしろいですよ。風景をかっちりカッコよく撮るのが好きな人、スナップ写真が好きな人がいたり。

すけさん
平日の朝から非日常が味わえる明治神宮にフォトウォークに行ってきた | 99% PHOTO

クリハラさん
出勤前の早朝フォトウォーク@明治神宮 からの、Mojo Coffeeでモーニング | 私的植物生活概論

トバログ
朝明けの澄んだ空気、都心で森林浴をする贅沢。|Leica M10 と明治神宮さんぽ

ぴろり
朝が憂鬱な社会人へ。出勤前の早朝フォトウォークが幸せなのでおすすめしたい。

冬の朝は寒くて憂鬱になりがちだけど、好きな人たちと会う朝を作って、1日のはじまりを一緒に過ごすのも良いかもしれませんね。

 

清澄白河のフォトウォークもたのしかったな

清澄白河をのんびりフォトウォーク。 #たけさんぽ東京 に参加しました

 

知られざる街の魅力をお届けします

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日12/11(火)にオープンした、 本とのあたらしい出会いが楽しめる本屋「文喫」の内覧会へお邪魔しました。 「文喫」おすすめポイント ・入場料1500円の価値あり 珈琲と煎茶がおかわり自由で、1日本の世界にひたれる。好きな本を窓辺で読むでも、コワーキングスペースとして使っても。 ・ふだん手に取らない本に出会える! デザインに優れた洋書が、いたるところに置かれていてインスピレーションの源になりそう。 ・スタッフの方の本への愛がすごい 普通の本屋ではまず見かけない、平台への本の積み方がおもしろい!同じ本が数冊平積みされているのではなく、関連本がどっさり一緒に置かれているので、興味の幅が広がる。 店内のデザインが格好良くて、とても素敵なんです・・・! 「こんな本読みたいんだけど」という相談にものってくれるそうなので、さっそくまたブックコンシェルジュに相談しにいきたいな。 写真が載せきれないので、ブログでは50枚の写真とともにたっぷりご紹介します。 #かもめと街の東京案内 #読書 #読書好きな人と繋がりたい #読書好き #book #本好きな人と繋がりたい #コーヒー #bookstagram #本好き #reading #六本木 #東京散歩 #本屋 #書店 #bookstore #六本木カフェ #文喫 #文喫六本木 #coffee #art #design #instagood #雑誌 #editorial #fashionmagazine #tokyo #blogger #travel #bookcafe #worldbookcafe

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事