シュトーレンのおすすめ。通販で買える人気パン屋「わざわざ」はドライフルーツたっぷりの甘み。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

クリスマスを待ちわびて、食べるおやつ。ドイツでクリスマスの時期になると伝統的に食べられているのが「シュトーレン」。

シュトーレンを初めて見かけたのは、数年前の神戸屋のウィンドウだった。

あの時は「またクリスマス商戦の新しいお菓子っぽいものが出てきたなー」くらいにしか思っていなかったけれど、なんだか気になる存在で。

「クリスマスを待ちわびる」という気持ちがわからなかったから、なんとなくうがった目で見ていたのは昔。

2年ほど前に、長野県においしいパン屋さんがあると知って取り寄せたのがわたしとシュトーレンとのはじまり。

その年は、具合が悪くて無理ができなかった時期。当然クリスマスに外食しようという気も起こらず、寒くなる一方の季節をどう楽しむかをずっと考えていた。

そんな時に知った、わざわざのシュトーレン。初めて届いた年はたしか「届いた時から2週間置いたときが食べごろです」と書いてあって、その時間を待ち焦がれた。

少しずつ熟成されて甘みが増す不思議なお菓子に、束の間のあいだ、冬のさみしさを忘れさせてもらった。

 

今日は、毎年クリスマスが近づくと楽しみにしているおやつ「シュトーレン」をご紹介します。

 

シュトーレンのおすすめ。通販で買える、長野県の人気パン屋「わざわざ」の商品ラインナップが魅力的すぎる

長野の東御市にある人気パン屋「わざわざ」。Facebookのタイムラインで知って、パンを注文してみたところ、その素朴な美味しさと商品ラインナップに魅了されました。

 

 

オンラインショップのカートが開く時間に待機したり、なかなかハードルの高い買い物でしたが、すぐに行けない距離にあるお店の商品がいただけるのは本当にありがたいこと。

また、写真やデザインもとても素敵でうっとりするほど魅力的なので、ついついパンと一緒にポチッとしたくなるものがたくさんあるので、ぜひご覧になってみてください。

パンと日用品の店「わざわざ」オンラインショップ

ちなみに「シュトーレン」を検索すると、正しい呼び名は「シュトレン」のようですが、お店によってまちまちなようですね。

ざっと調べた感じ、「シュトーレン」で調べている人が多そうなので、今回はそちらの表記にさせていただきました。(※「わざわざ」さんでは「シュトレン」を採用されています)

 

シュトーレンのおすすめ。通販で買える、長野県の人気パン屋「わざわざのシュトレン」を買いました

毎年争奪戦になる「わざわざのシュトレン」。去年は仕事の帰り道に「はっ!わざわざのショップが開く時間だ!」と慌てて購入したことも。

今年はオフィシャルLINEを登録していたので、お知らせが来たと同時に即ポチッと。

 

2018年の販売期間は10/23(火)〜12/11(火)の毎週火曜日18時から予約できますよ。発送日や到着日指定はできないので、確実に受け取れる期間でどうぞ。

パッケージがとにかく素敵なんですよ!今回はハーフサイズを購入したのですが、この封筒がかわいくて手放せない。わざわざのロゴデザインは、長野県のデザイナー・詩人のウチダゴウさん。ウチダさんの手書き文字がほんとうに好き・・・。

今回は、こんなセットで届きました。シュトレンと、食べかたの説明書と、わざわざさんの商品案内。

 

全部可愛くて取っておきたい

文字組みもいつもうつくしい・・・うっとり。(全部保存しておきたい)

 

ちなみに、サイズは1ホールサイズとハーフサイズがあるので、まず試したい方はハーフサイズからどうぞ。

 

シュトーレンのおすすめ。通販で買える、長野県の人気パン屋「わざわざ」のシュトーレンをおやつに

「砂糖・卵・バターを使っていない」って、いったい何でできてるんだろう?と思うくらい、しっかりと甘みが感じられるシュトレン。

 

こんな風に真空パックになって届きます。

サラミのよう。

 

白ワインにオーガニックのドライフルーツをたっぷり漬け込み、全粒粉100%の生地で包み込んだシュトレンは、唯一無二の美味しさ。他のシュトレンはもう食べられないかも、と思うくらいぜいたくな甘さにトリコになること間違いなし。

シュトレンって、パサついているというイメージだったのですが、わざわざさんのはしっとりと重厚な味わい。大人のおやつ。

なんでも、焼いてから2週間熟成させた食べごろを届けてくれているのだとか。日を増すごとに、深みのある甘さになっていくのが楽しめます。

同封のお手紙には、紅茶にもコーヒーにもワインにも合うと書かれていましたが、本当にそう!

 

今回は、ポートランドで買ってきたスミスの紅茶といただきました。もう最高!

 

 

これに濃いめの味のチーズがあったら、あっという間に完食しそう。コンテとか良さそうだな。近所においしいチーズを変える店がないので、ダメモトでAmazonで検索したらたくさん出てきました・・・!

 

 

さっそく今日のおやつにいただいたところ、とにかく美味しくてあっという間にペロリ。これは、もったいぶって食べても3日で完全に終わりが来る・・・!

ああ、どうしてハーフサイズにしてしまったんだろうと激しく後悔しているので、また近々まるごと一本購入することにします。

ということで大好きな「わざわざのシュトレン」、これ以上争奪戦になるのはイヤだけど(笑)、美味しいからみんなで分かち合いたいということでご紹介しました!

詳細は「わざわざ」さんのオンラインショップへどうぞ。LINE@登録しておくといいですよ、ほんとに。(勝手に回し者)

 

 

次に読むなら、わたしの大好きなうつわコレクションを。

おやつやおいしいごはんを、より美味しく見せたい!そう思っていたら、じわじわと集まっちゃいました。わたしの大好きなうつわコレクション。

大好きなうつわ

 

知られざる街の魅力をお届けします

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#かもめと街の東京案内 蔵前にある焼き菓子専門店「菓子屋シノノメ」が、以前の場所の近くに移転オープン! お店の規模も大きくなり、2階にはカフェもオープン予定。 古道具を取り入れたうつくしい店内と、 コーヒーにぴったりなおいしい焼き菓子。 ブログでたっぷりご紹介してます! #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとり旅女子 #浅草 #浅草カフェ #cafetime #カフェ好き #カフェランチ #coffee #coffeetime #おやつ #おやつtime #パン好き #菓子屋シノノメ #flavorcoffee #tokyocafe #蔵前 #kuramae #蔵前カフェ #蔵前さんぽ

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

 

SPONSORED LINK