築地とわたし

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

6時50分。

父の運転するハイエースのデジタル時計に目をやる。

もうすぐいつもの土曜日の朝が始まるころ。家に帰れば母が朝ごはんの準備をはじめる頃だろう。

車から見える朝日を浴びた街はまだ静かで、きらきらと光るコンクリートがきれい。

AMラジオから流れる軽快なトークに耳を傾けながら、「まだ家に着かなければいいのに。もっと話していたいな。」と思う。

ふだんは無口な父が、なぜか饒舌になるひととき。

 

早起きが苦手なわたしは、父からの突然の築地デートのお誘いに、いつも目をこすりながら参加した。

前日の晩は「わぁ、行きたい!市場楽しいし!」と思って快諾しつつ、当日の朝になると「ああ、なんでオッケーしちゃったんだろう。めんどうだ・・・」と昨日の自分を恨めしく思ったりもした。

 

築地に着くと、さっそく父のペースで買い物が始まる。

どの店がいちばん安くておいしそうか見比べつつ、値切ってみたり急に勢いよく買ったりする姿は、いかにも下町の男っぽくて、子どもながらにちょっと照れ臭さを覚えた。

朝の築地だからこそ味わえる、活気あふれた市場は、わたしの心をぎゅっと掴みっぱなしだった。

 

大人になった今、久しぶりに父の案内で妹家族や夫と築地へ足を運んだ。

「場外は観光客向けだから値段も高い。本当におもしろいのは場内なんだよ。」と早足で場内市場に向かう。

あまりにせかせかと歩いて、どんどんと先に行ってしまうから「あ、あれ気になる!買おうかな」と悩む時間も与えてもらえない。女性陣(主にわたし)から文句が漏れるのも当然の結果であった。

けれども、そうして青果市場の奥の奥まで進んだところに、めあての穴場の海鮮丼のお店があったのだ。

混む時間を避けて、実は念入りに時間調整して散歩案内されていたことに気づく。

 

築地に来ると、子どもの頃の懐かしさに胸がぎゅっとする。

 

もうすぐ、そんな築地も姿を変える。

街が移り変わるのはどうしようもないことだけれど、せめてあと何度かは、父と一緒に築地に行きたい。

 

わたしにとって築地は、そんな思い出の場所。

 

 

築地のおすすめランチは、場内の隠れた名店へ。

こちらの記事で紹介した「市場の厨房」は、場外の海鮮丼のお店に比べると比較的リーズナブルに新鮮な海鮮丼がいただけますよー!

青果市場の奥の奥のはずれにあります。詳細は下記の地図をご覧くださいね。

 

築地市場のおすすめランチ「市場の厨房」店舗情報

市場の厨房

 

錦糸町の行列のできる魚屋さんで、名物のまぐろぶつとタコを。

錦糸町・魚寅(うおとら)は行列のできる魚屋さん!マグロ・タコのぶつ切りは絶品。

東京下町案内 | 東京案内 | 長野案内 | その他の街     

 

知られざる街の魅力をお届けしています

 

SPONSORED LINK