30代の女性が「着るべき」服。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

「この服かわいいけど、いい歳だし厳しくない?」

その言葉を聞くたびに、力をふりしぼって否定してきた。

それは、決してお世辞なんかじゃなくて、本心から出た言葉だから。

 

冒頭のセリフは、わたしがアパレル販売員だった20代の頃、試着されたお客さまから幾度となく聞かれた質問。

「そんなことないですよ!すごくお似合いですよ!」と返すのはお決まりのパターンだと想像される方も多いでしょう。

そんなセリフは全部お世辞だと思われそうですが、わたしは本気で「お似合いだな」と思って伝えていました。

なぜなら、こういうことを仰るかたって、すごく似合っているんですよね。

自分でも似合っているというのをわかっていつつも、どこかで世間体を気にしてしまっているんです。

それがわたしは悔しくて。

「似合っている」と、自分がいちばんわかっているはずなのに、自分自身より周囲の目が気になってしまう、ということが。

他人の目なんて、いやむしろ、「いい歳なのに」と言ってくるような人の意見なんて水に流してしまえばいいんです。

 

・・・そう、去年まではそう思っていました。

「自分がしたい格好をすればいいじゃん!」って。

けれど、36歳になって「四捨五入したら40・・・?」と思った瞬間、今まで切り捨てていた「他人の目」が気になり始めたんです。

 

渋谷系ミュージシャンのミューズ・元ピチカートファイブの野宮真貴さんの著書「赤い口紅があればいい」では、こんな風に書かれていました。

 

“いつまでも気持ちだけは若いつもりでいるので、自分が認識している自分は、実は現実よりも若く設定されています。

引用:野宮真貴/赤い口紅があればいい ”

 

ドキっとした同世代の方、多いかと思います。

これを読んで以来、「冷静な目を持たなくては・・・!」と気を引き締めました。

 

けれども。

「もう歳だから、こんな服は着ちゃいけない、白い目で見られる」と思って冒険しなくなるのはもったいない!

 

ということで、これだけは声を大にして言いたい。

「冷静かつ客観的な目を持ちつつも、好きな服を着よう」と。

いまの自分に似合う服は、少しずつアップデートされていきます。そこに気づくか気づかないかは大きな違い。

でも、ホントは誰がなんと言おうと、自分が好きなファッションを貫いたらいいと思うんです。

きっと、その格好で自分自身に自信を持っている佇まいこそが素敵だから。

 

好きな服を着ると、気持ちがしゃんと前を向きます。

そうしてきちんと「自分の基準で選んだ服」を着ている人は、いつだって笑顔でたのしそうに毎日を過ごしているように見えます。

自分に置き換えて振り返ってみてもそう。

好きな服をまとえば、どんな日だって少しだけ前を向ける気持ちが湧いてきます。

 

そんな風に大好きな服の魔法に力を借りて、たのしく暮らせる人が増えたらいいな。

 

 

次に読むなら、自分に似合うシンプルなTシャツを見つけるコツを

【お知らせ】ファッションコラムを書かせていただきました

 

知られざる街の魅力をお届けします

最近行った洋服屋さんで素敵だったお店はこちら。

 

\ かもめと街 インスタマガジン始めます! / 「温度の伝わる、街案内をしたい。」 キュレーションサイトや雑誌など、 探さなくても目に入ってくる情報はたくさんあります。 実際行ってみてイメージ通りだったのか、イメージと違ったのか、そもそも行ってないけれど「情報がまとめられてるだけ」なのか。 わたし自身、いろんな情報を見すぎて、どこに行けば自分に合う場所が見つけられるのかわからなくなることがあります。 そういうとき、その街に住む人のおすすめだったり、その街や店を偏愛している人の話を聞いてみたり。 そんな風にして出会った情報は、ひと味ちがってきます。 「わ、こんなお店あったんだ!素敵!」と感激したり、時にはその経験が思いもよらぬ出会いを生んだり。 もちろん、「あの人はこう言ってたけれど、自分はしっくりこなかったなぁ」も全然あります。感じ方も好みも人それぞれですからね。 けれど、それこそ自分が本当に好きなものを見つけられる機会なんだと思います。 なぜしっくりこないのか、を突き詰めて考えると、 「自分にしっくりくる場所ってどんな場所なんだろう?」ということがわかってきます。 自分にしっくりくる場所をできるだけたくさん持っていると、毎日を楽しく過ごせる人が増えるんじゃないかな?と最近思っていて。 そんな風に、素敵な街やお店、人と、それをまだ知らない人たちとの架け橋をしたい。 おこがましいですが、今そんな風に思っています。 わたしの運営する「かもめと街」は、知られざる街の魅力をお届けするWebマガジン。 好きな街や人に会いに行ってほしいから、そして楽しい時間を過ごしてほしいから。 そんなささやかなきっかけ作りができたらいいな。 ということで、これからゆるりとインスタマガジンとして街案内をします! #かもめと街の東京案内 でも検索していただけたら幸いです♡ どうぞ、お付き合いくださいませー! #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #ozmagazine #hanako #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとりっぷ #ひとり旅女子 #喫茶店 #浅草食べ歩き #浅草 #蔵前カフェ #蔵前 #蔵前さんぽ #蔵前散歩 #馬喰町 #人形町 #人形町ランチ #日本橋ランチ

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK