LINE(ライン)既読スルーは無視ではない。<note連載・SNSの使い方>

SPONSORED LINK







「LINE既読スルーする奴はロクなヤツじゃない」

 

「友だち」とだけ繋がっているはずのFacebookのタイムラインにそんな言葉を見つけた。

胸の奥の深いところに、とつぜん石を投げ込まれたような気持ちになった。

 

「ああ、これわたしのことだな」と、すぐに気づいた。

 

いつからか、コミュニケーションは送り手上位の傾向が強まってきている。

もちろん「用がある」から連絡してるのであって、ある意味送り手が上に立っているものだけれど。

それでも。

相手の都合やタイミング、気持ちの問題などなど、こちらの状況を推し量れない人とのやりとりはとても疲れる。

送った人は、自分のタイミングで送れるけれど、受取る側はいつだって無防備だ。

すぐに返事を返したくなるときもあれば、そうでないこともある。

たかが「既読」がついただけで「読んだら自分の気持ちもタイミングもなにも関係なく、礼儀として返事しなきゃ」なんて、わたしは思わない。

もちろん仕事ならすぐに返事しなくてはいけないとは思うけれど、相手を思いやることで成り立つ「人との付き合い」で無理はしたくない。

「気が乗らないのかな」、「いそがしいんだろうな」、「具合があんまりよくないんだろうな」、「今返事する気分じゃないんだろうな」・・・

そんな風に相手を推し量る優しさを持ち合わせた人とだけ付き合いたい。

よほど急いでいて重要なことなら電話したらいいのだ。(出ないけど)

もらったLINEの内容も自己中心的なお願いで、当時のわたしは「どうしてこんなことを人に軽々しくお願いするんだろう」と思ったんでした。

やられてわかることは「あー、下に見られてたんだなぁ。」ということ。

こんな出来事が3回くらいある。

 

SNSは大好きだけれど、ふだん見えなかった(見ようとしていなかった)ほころびが急にあらわれたりしてドキッとする。

 

とはいえ、自分も返事がこないと「あら?」と思ったりもする。そういうときは、このことを思い出すようにしている。

結局のところ、長く仲良くいられている友人とは細く長くゆるーく繋がっていられて、やりとりが続くこともあれば、忘れた頃に連絡が来ることも。

わたしの周りではそれがふつう。

こころの余裕はいつも持っていたいし、相手の状況を推し量る思いやりは忘れたくないな、と改めて思ったできごと。

 

 

————————————–

毎週テーマを決めて、それぞれの立場から思いを綴っていきます。

「アラサーをめぐる暮らしのマガジン」

執筆者のブログもどうぞ!

月曜日:ナースあさみ「Live Your Life」
火曜日:世界のマキタ「世界のマキタ」
水曜日:チヒロ「かもめと街」
木曜日:桃「桃と甘夏」
金曜日:若林杏樹「anman」
土曜日:みてみて「かっぱ主婦の井戸端かいぎ」

SPONSORED LINK