古い銭湯にあたらしい息吹を。銭湯をリノベしたカフェ ー 入谷〈レボン快哉湯(かいさいゆ)〉へ。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

SPONSORED LINK







在りし日のままで残った建物は、どんなに稀有で幸せな存在だろうか。

1928年に建てられた銭湯〈快哉湯 かいさいゆ〉は、2016年11月に営業終了するまで、地元の人に愛されていたそう。

去年の終わり、この辺りについて調べていた時に快哉湯の存在を知ったときは、コワーキングスペースや地域の人が集まる集会所のように使われていると聞き、そんな風に利用できる人がちょっと羨ましかった。

そう、2年前くらいから銭湯への愛が膨らんでいます。最低、週1回はどこかの銭湯へ行きたい。いろいろ巡るうちに好みの銭湯と出会ったり、銭湯が今おかれている状況を知ったり。

後継ぎ、建物や施設の老朽化、運営費など一筋縄ではいかない問題が山積みで、わたしの好きな喫茶店と同じく、銭湯も減少の一途を辿る一方。

快哉湯も同じで、家族で経営していたけれど老朽化などで銭湯として残すのが難しくなったとのこと。でも、この場所を残したいという思いが繋がって、今日ここにカフェとして新しい命が吹き込まれたのです。

おいしいコーヒーとアイスを片手にぐるりと見渡せば、脱衣所で使われていたであろう古い体重計や大きな古時計、それに風呂場の壁画も見える。実は番台にも登れちゃう。

銭湯で感じる居心地の良さをカフェで感じる。これは銭湯好きを惹きつけるのみならず、「銭湯っていいかも」と思わせるきっかけづくりにもなるはず。

〈レボン快哉湯〉の暖簾には、「地図から消さない」というキャッチコピーが書かれている。消えずに残った幸せな銭湯は、あたらしいお客さんを待っています。

PICK UP!:東京下町エリアのおすすめ銭湯

入谷のカフェ〈レボン快哉湯 かいさいゆ〉店舗外観

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

入谷駅のすぐ近く。裏通りにあるカフェ〈レボン快哉湯〉は、まさに「ザ・銭湯」そのままの状態でオープンしました。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

銭湯が好きなら、この靴箱にもときめいちゃうはず。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

 

入谷のカフェ〈レボン快哉湯 かいさいゆ〉店内

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

〈レボン快哉湯〉は、銭湯の脱衣所の部分がカフェスペースに。入って右が女湯ゾーンで、カウンター席とテーブルが3つほど。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

 

SPONSORED LINK

天井が高いのも気持ちがいい。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

 

 

なんと!銭湯好きなら誰もが憧れる番台に座れちゃいます。(店の方に一言かけてね)

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

けっこう高さがあって危険なので、足元には注意を。

番台の座る部分、畳になってたんだ!掘りごたつのように足が入れられます。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

番台からの眺め。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

男湯も女湯もすっきりくっきり見渡せます。

 

SPONSORED LINK

あちこちに歴史を感じるモノが。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

すりガラス!

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

昔ながらの体重計。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

靴箱の札には手書きの文字が。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe  メニュー

庭もあります。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

掛け時計も味わい深い。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

男湯はこちら。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

モダンなインテリアのカフェスペースに早変わり。どちらのスペースも繋がっているので行き来できます。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

 

SPONSORED LINK

コーヒーはここで自家焙煎されているそう。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

銭湯の可愛いタイル発見!

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

ちなみに奥の洗い場はこんな感じ!入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

お風呂のタイル、ローズとライムグリーンの色の組み合わせがいい…!花瓶や置きものは昔からあったのかな。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

洗い場ゾーンは、リノベーションした建築家の方のオフィスとして使われています。この日は自由に見学できましたが、行ったときにスタッフの方に聞いてみるといいかもしれません。

興味津々に覗いてたら、「ここ見学OKだそうですよ!」と隣にいたお客さんが声かけてくれました。ありがとうございます!その後スタッフの方もいろいろお話し聞かせてくれました…!

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe

 

 

SPONSORED LINK

入谷のカフェ〈レボン快哉湯 かいさいゆ〉メニュー

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe  メニュー

〈レボン快哉湯〉のメインメニューはこちら。自家焙煎のコーヒーと自家製アイスクリームがセットになったプレートは980円。

ブルーベリー&エチオピアを。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe  メニュー

コーヒーの味の違いに疎いわたしでも、はっきりとわかる美味しさ。これがフルーティーっていうのかも。ブルーベリーアイスも、手作りだとわかる素朴な優しい味わい。少し食べてからコーヒーをアイスにかけるのもオススメだそう…!(後で知りました…!)

ああ、美しい。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe  メニュー

もうひとつは、自家製コーヒーゼリーオレを。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe  メニュー

ぷるんとなめらかなコーヒーゼリー入りのドリンクは、夏の午後にぴったり。

入谷 カフェ 銭湯 レボン快哉湯 かいさいゆ コーヒー おすすめ rebon kaisaiyu cafe  メニュー

レモンシロップが入っているのがポイント。後味すっきり。

数年前に京都にある〈さらさ西陣〉という銭湯カフェを訪れたことがあるのですが、その時からずっと、こんなカフェが東京にもあったらいいなと思っていたんです。なにより、文化的価値の高い建物が残ってくれるのはとても嬉しいこと。

上野駅から一駅。鶯谷や入谷駅からそう遠くないので、ぜひお散歩ルートに加えてくださいね。

入谷のカフェ〈レボン快哉湯 かいさいゆ〉店舗情報

〈レボン快哉湯〉公式Instagram

関連記事:入谷のカフェ〈LANDABOUT TOKYO〉でモーニングを

近くにはスタイリッシュなデザインホテル〈LANDABOUT TOKYO〉も。ここでモーニングしてから向かうのも個人的にオススメ。

入谷 モーニング 鶯谷 landabout  ランダバウト おすすめ

カラフルな朝ごはんで彩りのある朝を。入谷〈LANDABOUT Table〉

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事