チヒロのダメな1日の過ごしかた・・・と対処法<note連載>

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

「うそでしょ、もう夕暮れなんだけど・・・」

やらなきゃいけないことを全て放っておいて、とりあえず「頭の休息」をしよう。

そう割り切って1日中寝て起きてを繰り返し、あっという間に日が暮れている。

朝8時に起き、朝ご飯を食べ、なんとなくSNSを見出してだらだらする。毎朝している日課「目標とやることリストを書き出す」こともしたくない。うごくのが面倒。

頭がすっきりしないからとりあえず読書でもしよう。寒いからベッドの中で。なんだか眠くなってきたからちょっと寝よう。寝て起きたら昼ごはんだ・・・・・zzzz

13時か・・・頭が重すぎるからもう少し横になろ・・・・zzzz

15時・・・なんだか寒気がするな、ぬくぬく寝てただけでも風邪ひくんだろうか。

友人に聞いた話を思い出す。さまぁ~ずの大竹さんは寒気を感じるとおにぎりを食べるとか。
そうすると寒気がやわらぐって。空腹すぎると寒気が出るらしい。

とりあえず冷凍ご飯をチンし、卵かけご飯を食べる。
寒気、おさまったような・・・?

食べてまたネットサーフィンしながらふとよぎる「今日やるべきこと」。
でも、頭の中のもやが消えないから何もしたくないしできないよ。と言い訳してまたベッドへ・・・・zzzz

「うそでしょ、もう夕暮れなんだけど・・・」

17時半にパッと目が覚め、鬱々とした気持ちを抱えながら「とりあえず最低限やること」のために、いそいそと着替えて外に出る。

18時まで空いている近所のお肉屋さんに豚肉を買いに行き、その足でベローチェに入る。
Twitterを開く。30分経過。我に返る。

とりあえずPCを開いて、下書きに入ってる記事を書き始める・・・がうまくまとめられず挫折。

頭の中がモヤモヤして、いつまでも進めない感じに嫌気がさして、A4のコピー用紙に「頭の中でだけ考えていること」をガーッと書き出してみる。

30分あっという間に経過。

おや、なんだかすっきりしたぞ・・・!ルンルン気分でベローチェを出る。

こんなにすっきりするなら、めんどうでも朝にいったん書き出せばよかったんだ。

そう思いながら、無水鍋に豚肉と野菜を入れて夜ごはんを作りはじめようとすると、「もうすぐ家着くよ」と夫からLINEが届く。もっと早くに着く時間連絡して・・・

あのう・・・すみません。牛丼買ってきていただいてもよろしいでしょうか・・・

そんな、わたしのダメな1日。ほんとすみません。

生理前になると、PMSの影響で毎日憂鬱になって、地面にめり込んでいたいような消えたいような気持ちになります。

「どうして落ち込むんだろう?」と考え出すと、永遠に負のループなので、最近はあらかじめ負のループ期間予測を手帳に書いておきます。

そうすると、ちょっとだけ割り切れる。

からだが休むサインを出しているときは、できるだけ休む。
しょうがないでしょ、と自分を責めないで済むようになってから、気持ちが楽になってきました。

仕方がないと思いつつ、もがく自分を抑えつつ、食べ物や睡眠に気を付けることで改善できると知りってから、以前よりコントロールしやすくなってきました。

ということで、ダメな日はわりきって休む。紙に書き出す。SNSしない!そして「ダメな日」を減らせるように気を付けている今日この頃。

「ダメな日」、半年に1回くらいに減らせないかなー。

 

エッセイ | こころとからだを立て直す方法 | 暮らしの愛用品 | レシピとごはん | おとくな話

————————————–

毎週テーマを決めて、それぞれの立場から思いを綴っていきます。

「アラサーをめぐる暮らしのマガジン」

 

 

SPONSORED LINK