人形町で230年続く店「喫茶ロン」

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

むせかえるような昭和の世界。レトロな、なんて言葉では言い尽くせない。

お店を続けるというのはむずかしい。同じ街で続いているというのは奇跡に近いこと。

この街で230年続いているという店。初めは馬具屋・両替商などを経て、昭和40年から喫茶店として営業されているそう。

人形町の交差点にある喫茶店の扉を開けると、そこにはタイムスリップしたかのような濃密な時間が流れていました。

 

人形町の喫茶店「ロン」店舗のショーウィンドウ

お店のショーウィンドウには、懐かしいメニューがずらり。その中でも気になったのがこの2つ。

ああかわいい・・・フルーツサンデーだったかなぁ・・・この横長のグラス、めずらしいですよね!

ショーウィンドウの片隅にいたのは、ツナサラダ。

缶詰からガッとひっくり返してのせただけのビジュアルに惹かれます。もう、ここのショーウィンドウ眺めてるだけで1時間楽しめるレベルですが、せっかくなので生で見てほしい!

 

人形町の喫茶店「ロン」店内

ガラスの扉を開けると、一瞬で昭和の世界にタイムスリップできます。

席はふかふかのソファ席で、基本的に4人掛けのボックス席がメイン。

席と席の間隔が広めなのでゆっくりと過ごせますよ。BGMも小さめで、静かにぼーっと過ごせるのがうれしい。

ところどころ、ヨーロッパのカフェのようなインテリアが素敵。

かと思えば、なつかしの電話も。

入り口を入るとすぐに目に留まるのは、世界のお土産を集めたようなガラスケース。

外に近い席を選べば、人形町の街ゆく人を眺められていい感じ。 

人形町の喫茶店「ロン」メニュー

ロンはコーヒーにこだわっているそうで、英国皇室が愛用している最高級豆ブルーマウンテンを使用したブレンド珈琲なんだそう。気になる・・・!

・・・といいつつ、この日はあまりの暑さにクリームソーダに浮気しました。

「喫茶店にクリームソーダ」を現代っぽく表現するなら、インスタ映えと言わずになんと言いましょうか。

バニラアイスが溶ける前に急いで食べて、ゆっくりソーダを楽しむ派です。

そうそう、クリームソーダといえば、喫茶店愛好家で有名な難波里奈さんの新刊!

 

夏はこれを片手にクリームソーダ巡りしたいですね。

人形町の「濃い時間の流れ」を体感しに、ロンへ行ってみませんか?

 

人形町の喫茶店「ロン」店舗情報

ロン

 

次に読むなら、馬喰町にある喫茶店「エド」へ。

コーヒーが230円。サラリーマンの憩いの場・馬喰町の喫茶店「エド」へ

 

知られざる街の魅力をお届けします

 

#かもめと街の東京案内 夏の下町はイベントざんまい! わたしの気になってるイベントを5つご紹介します。 ・隅田川灯籠流し ・浅草サンバカーニバル ・上野動物園、真夏の夜の動物園 ・すみだ水族館、東京金魚ワンダーランド2018 ・すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り ブログでも情報まとめているので、 ぜひご覧くださいねー! #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #浅草 #すみだ水族館 #隅田川とうろう流し #asakusa #浅草観光 #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとりっぷ #ひとり旅女子 #上野動物園

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK