神保町「ミロンガ・ヌォーバ」でタンゴを聴きながらウィンナーコーヒーを。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

神保町には好きな路地がある。

それは、よい喫茶店の集まる裏通り。神保町駅を出て、角を左に曲がるとすぐ右手には有名な「さぼうる」。

歩を進めると、ウィンナーコーヒーの発祥地と言われている「ラドリオ」、そして今回紹介する「ミロンガ」が現れる。

「ミロンガ」という店名は、アルゼンチンやウルグアイなどの音楽のジャンルやダンスの形式を指すそう。

ちょっと哀愁の漂うメロディが心地よく、リズミカルな音楽がかろやかに響く。

行ったこともない国に旅しているような感覚。

音楽が連れてくる想像に身をまかせると、軽々と遠くの国でさまよっている気分になれる。

今回は本とコーヒーの街・神保町にある喫茶店「ミロンガ」をご紹介します。

 

神保町のおすすめ喫茶店「ミロンガ」店舗外観

神保町や喫茶店が好きな人が集まる路地には、道幅が狭いながらも人通りが多いんです。

ミロンガは三省堂書店の近くの裏通りにあります。(どこの本屋からも近いですけどね)

建物は50年以上前に建てられたそうで、蔦のからまるレンガ造りが素敵なんですよ。

 

神保町のおすすめ喫茶店「ミロンガ」店内

どこかの国へタイムスリップしてしまったかのような、圧倒的な世界観の店内。

店内は分煙されており、入口入ってすぐが禁煙席、右手奥が喫煙席です。

個人的には喫煙席の雰囲気が好きなので、副流煙は苦手だけれど喫煙席を選ぶことが多いです。

喫煙席のほうが「ミロンガ」の醸し出す雰囲気に没頭できるんですよね。

白熱灯のあかりと、大きなスピーカーから流れてくるタンゴ。

地下のような、秘密基地のような閉じられた空間で、妙に艶やかというか。

次の写真が禁煙席です。こう見ると、禁煙席の雰囲気も素敵。

喫煙席のガラス戸には喫茶店のマッチがずらり。ああ全部ほしい・・・!!

 

神保町のおすすめ喫茶店「ミロンガ」メニュー

ミロンガにはコーヒーの他に、世界のビールがあるめずらしい喫茶店。ピザなどの軽食も用意されているので、夜にこっそり訪れるのもたのしそう。

今回は甘い飲み物が飲みたかったので、コーヒーに生クリームがホイップされたウィンナーコーヒーを。

神保町でウィンナーコーヒーといえば、向かい側にある喫茶店「ラドリオ」だけれども、「ミロンガ」のウィンナーコーヒーも外せないと個人的には思っています。

ミロンガのウィンナーコーヒーは、フルーティーで酸味のあるフレッシュなホイップがとても美味しい。そして下のコーヒーも苦味が強すぎず、ちょうどいいバランス。

一時期ウィンナーコーヒーにはまって、いろんな場所で注文していたのですが、ミロンガのは群を抜いて美味しい気がします。

ぜひ神保町に訪れた際は、ミロンガで休憩をどうぞ。

 

神保町のおすすめ喫茶店「ミロンガ」店舗情報

ミロンガ

 

次に読むなら神田の近江屋洋菓子店を

神保町のとなり、小川町駅からも歩ける「近江屋洋菓子店」をどうぞ。

きちんと、実直によいものを。神田「近江屋洋菓子店」のフルーツ。

 

知られざる街の魅力をお届けします

 

人形町で230年続くお店「ロン」へ。 喫茶店の扉を開けると、むせかえるくらい昭和のレトロモダンな雰囲気。 うっとりと、静かにお茶できるお店。 大好き。 #かもめと街の東京案内 #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #hanako #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとりっぷ #ひとり旅女子 #喫茶店 #喫茶店好き #人形町カフェ #人形町 #人形町ランチ #人形町ロン #喫茶店巡り #喫茶店めぐり #喫茶店好きな人とつながりたい #日本橋フォトコン #greater日本橋

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK