春夏秋冬楽しめる!東京から長野県松本市へのお得な行き方!

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.

5年前に1年間、旦那が単身赴任をしたことがきっかけで, 長野県は松本市に通うことになったわたし。2週間に1度くらいは行ってたかなー。 交通費もばかにならないけれど、少しでも夫婦で過ごす時間もほしいし、 なにより松本が大好きになってしまいまして。今でも少なくとも年に2回は遊びに行く! 松本の良さを語るのは別の機会にして、気軽に松本に行く人が増えたらいいなぁと思い、 ちょっとでもお得な交通手段をシェアします。

 

SPONSORED LINK

その1:確実に時間通りに着きたい人へ

これはもう、JR中央特別快速「あずさ」でしょう。 新宿から松本まで最短で2時間38分。停車駅が多い列車だと3時間ちょっと。 指定席で片道6900円。駅の券売機やみどりの窓口で買えますが、ネットが一番便利。 えきねっと 会員登録して予約!座席表から席が選べて楽チン。 「えきねっとトクだ値」なら35%オフ。(対象の列車限定でネット予約限定きっぷ) となると、片道約¥4500で行けちゃう。 (乗車日13日前の午前1時40分までの予約でさらに安い「お先にトクだ値」もあるそう!) ただし、「えきねっとトクだ値」で予約した場合は乗り遅れた場合、 後続の列車には使用できないので注意。 それから乗車前に駅でチケット引取りする必要があるので、人によっては面倒かも? 「朝早いと寝坊するかも!」という心配性な、わたしのような人はこちら↓がおすすめ。 格安チケットショップ(大黒屋など)で「あずさ」の回数券バラ売りをゲットし、駅で指定席予約またはそのまま自由席で乗車する。 1枚だいたい4500円〜4900円で買えちゃいます。駅にある黒い券売機(指定席券売機)で「回数券への座席指定」で予約できます。 操作が心配なら、みどりの窓口へ。この切符なら万が一寝坊しちゃっても他の自由席も乗れるよ! ちなみにおすすめの席は窓際D列。進行方向一番左なので、思う存分景色が楽しめます。 大月あたりからの田園風景、田んぼの水鏡とかもうもう、最高! 秋には山梨あたりでりんご畑が見えたり。 松本から新宿の場合は窓際B列。進行方向一番左なので、思う存分景色が楽しめます。 ま、夜はほぼ何も見えないけど。 ※GWやお盆、お正月は回数券が利用不可なので注意。 またレンタカーも使いたい場合は、乗車券とセットで割引になるサービスの方がお得な場合も。

その2:時間ならいくらでもある。とにかく安く行きたい!人へ

高速バス「アルピコ」「京王バス」がおすすめ。 こちらのサイトで会員登録&予約を。片道通常3500円。安いプランだと3000円前後の場合も。 「バスは乗り物酔いするから嫌なんだよな〜」というわたしのような人も、一度は乗ってみてほしい。 今の高速バスの快適度、とてもいい!座席シートはふかふか、席と席の間隔も広くて足も伸ばしやすいし、 500円くらい上乗せすれば女性専用シートなどのデラックスシートも。コンセントもつかえちゃう。 予約変更もネットで直前まで出来るから楽チン。 途中トイレ休憩もあり、バスの中にもきれいなお手洗いがあるので安心。 一番のネックは中央道の土日の渋滞・・・ひどい時は新宿7時発、松本12時着なんてことも。。 平日利用ならおすすめしたい手段です。こちらだと、途中から富士山がばーん!と見えたり、諏訪湖が堪能できたりも。 (諏訪湖SAにある温泉、いつか入ってみたい!)

その3:「あずさ」は揺れるから(そうかなぁ?)、遠回りでも新幹線に乗りたい!

って子がいて、遠回りルートを検討した友人の情報をおまけで。 大宮駅から新幹線で長野駅まで。長野駅から松本駅までは電車で約1時間半。全部で約9000円。 時間によっては「ワイドビューしなの」に乗れるので、景色楽しみながらと思うとこれもいいな!姨捨山の景色最高だものね! 松本と長野は往復乗車券もあるので、足を伸ばして善光寺にも、というプランもいいね! あとは、体験したことないけど青春18切符もたのしそうだなー。と。 中央線の駅はどこも魅力的なので、(上諏訪駅の足湯も入ってみたい)そんな旅もいいなと。 誰かのお役に立ちますように〜

東京下町案内 | 東京案内 | 長野案内 | その他の街

 

SPONSORED LINK