渋谷で朝カフェするなら「hotel koe tokyo(ホテルコエ)」のkoe lobbyでパンビュッフェを。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

繁華街が苦手だ。学生の頃から20代の間、これでもかというほど渋谷に行くことが多かったのに、いつも居場所を見つけられなかった。

気になる予定があっても、場所が渋谷だと、行きたい気持ちと、渋谷に行くストレスを天秤にかけてから決めるようになってしまった30代。

とはいえ、なんだかんだお芝居を観に行ったり、どうしても見たい展示があるのが大体渋谷なので、「まあ頑張って行ってみるか」と重たい腰を上げて向かう。

渋谷には、わたしの居場所がないのだ。

ひとりで静かに休める場所。きっと繁華街のどこかにはあるはずなのに、なかなか出会えなかった。

そんなヤキモキした気持ちを抱えていた中、ようやく出会ったのが「koe lobby」。

ここなら落ち着ける。そんな場所をひとつ見つけて、渋谷との距離感がぐっと縮まった。

 

渋谷で朝カフェを楽しめる、ホテル併設の開かれたカフェ「koe lobby」

朝7時半から始まるイベントに参加したとき、終了したのが9時でした。いくら苦手な渋谷も、朝9時なら空いているし、なんだかのんびりした空気。

せっかく渋谷に来たんだし、気になっていたカフェでモーニングをと向かいました。

着いた場所は、以前渋谷PARCOがあった場所・・・!いまさらだけど、PARCOがないって衝撃です。

 

こちらのカフェは、アパレル会社が運営するホテルとカフェとショップの新形態。

天井が高く開放感があって明るい店内は、まさに朝活にぴったりの場所。平日の午前中は空いていましたしね。

あと、良い意味で渋谷っぽくないというか、大型カフェでも気さくでアットホームな接客も魅力的。

ゆったりした4人掛けの席もあるので、ミーティングにも良いですね。

渋谷でモーニングなら「koe lobby(コエロビー)」でいただく絶品パンビュッフェ

koe lobbyのモーニングはこだわりの食パンやスコーンなど、パンの種類が豊富なビュッフェがおすすめ。

小ぶりなサイズなので、数種類いけちゃうはずです。

バルミューダのトースターでこんがりと焼き上がりを楽しめますし、自家製のバターはクリーミーでとっても美味。

サイドメニューはフレッシュチーズのサラダを。このトロトロのチーズがかかったサラダが美味しい!家でもさっそく真似しました。

しいていえば、ドリンクがセットではないので、トータルで頼むとなかなか贅沢なモーニングになってしまうところでしょうか・・・。1500円くらい。

ただ、コーヒーもオーガニックジュースも飲み放題なので、ゆっくりするには充分満足できる内容だと思います。

たまにはこういう朝の過ごしかたも良いですよね。

ということで、今回食べたモーニングはこんな感じ。パン、そんなに食べられなかった・・・

単品やランチの際のセットとしても頼めるサンドイッチやコッペパンもおいしそうでした!

ここでパンを買って、代々木公園でランチするのも気持ちよさそう。

ちなみにランチタイムのベーカリーセットは好きなパンとドリンク、サラダが選べて750円とお手ごろ!

朝の渋谷はここで決定!ここに来るためだけに、早起きしたいな。きっと素敵な1日が送れるはず。

もうこれで渋谷に行くのもひと安心。

たったひとつお気に入りの場所が作れれば、苦手な場所も好きになれますよね。

 

渋谷のおすすめモーニング「koe lobby(コエロビー)」まとめ

わたしのおすすめポイントはこちら!

  1. 大きな窓で開放感のある快適な空間
  2. 種類豊富なパンビュッフェ+オーガニックジュースがおいしい!
  3. フレンドリーな接客

 

ここで朝ひたすらブログを書く会とかも楽しそうだな〜。

 

渋谷「koe lobby(コエロビー)」店舗情報

hotel koe tokyo [koe lobby]

 

渋谷の穴場。静かに過ごせる心地よい喫茶店

渋谷でゆったりと休憩するなら。喫茶店「ウィリアムモリス」で静かな時を過ごす。

 

知られざる街の魅力をお知らせしています!

 

SPONSORED LINK