#かもめと街の台湾案内 アトリエのようなゲストハウス「Flip Flop Hostel Garden」

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

中庭のある、開かれた空間。

他の宿泊客の気配を感じられるゲストハウスが好きだ。

大勢の中に飛び込んで行くのは苦手だけれど、新しい人と出会ったり話すのはたのしい。

ゲストハウスには、そんな出会いの余白が残されていて、その日その時限りの出会いが思い出に残ったりする。

今回は台北で3泊4日お世話になったゲストハウス「Flip Flop Hostel Garden」をご紹介します。

 

台北のおすすめゲストハウス「Flip Flop Hostel Garden」は現代アートが楽しめる宿泊施設

今回宿泊したのは、台北の中山地区にある「Flip Flop Hostel Garden」。

施設の写真を見たときに「ここだ!」と即決めました。

ガウディが作ったスペインの「カサ・ミラ」みたいな曲線が美しいなと思って。

どこかへ旅するときは、できるだけホテルではなくゲストハウスに泊まるようにしています。

その方が気楽だし、せっかくならセンスの良いところに泊まりたい。ホテルよりも総じてリーズナブルなのももちろん魅力的ですしね。

ゲストハウスの入り口はこんな感じ!お洒落さに胸が躍ります。

こちらの「Flip Flop Hostel Garden」は、施設のいたるところがとても素敵なデザイン!

ただおしゃれなだけではなくて、宿泊客の利便性をきちんと考えられたすばらしい施設なんです。

 

台湾のおすすめホテルは、シンプルイズベストな個室もあるゲストハウスへ

今回泊まったのは、個室。ゲストハウスは好きなんですが、ドミトリーは苦手なのでいつも個室を選びます。

このお部屋、シンプルでとっても好きなテイスト。

ベットの左側には荷物を置けるスペースがあるし、下にはトランクを収納できるスペースもきちんと作られています。 この心くばりが効いているデザイン、最高です。

そうそう、シャワールームもお手洗いも同様にセンスが良くて、かつ使い勝手もとてもいい。もちろん清潔です。(ちょっとだけシャワーの使い方が独特で、しばらく水に打たれましたが・・・)

いちいちデザインが洒落てるところがツボ。

 

中庭のある館内は開放感のあるアトリエのよう

お部屋によってはベランダがついているところもあるようです。

おや、なんだか下に気になるスペースが・・・行ってみましょうか。

1階の中庭の壁画もかわいい。

グリーンの取り入れ方もすてき!

アイスクリームのような色合いのベンチかわいい!

 

別館の1階は、本棚のあるフリースペースでした。

和紙のような素材でできた、もくもく雲がかわいい!!

本棚には、なんと「かもめ食堂」台湾版!!!

 

そしてフリースペースの奥には、掃除の行き届いた広々としたキッチンスペース。

大きなテーブルを囲むように、かもめのイラストがありました。かわいい。

ラウンジスペースも広々としていて、よくイベントを開催しているそうですよ。

滞在期間の中日、ボードゲーム大会が行われていてとても盛り上がっていました。

夜すれちがった女の子に「あなたもこれからビール飲みに行かない?」と英語で誘われたものの、体力の限界を感じて断念。でも、話しかけてくれたことがうれしかったです。

そうそう、「ゲストハウスは壁が薄くて防音が・・・」と心配される方は多いと思います。でもここはそんなに隣の音が聞こえてこなかった気がします。夜中まで廊下で騒いでる人には一声かけちゃいましたけど・・・!

耳栓が用意されているゲストハウスもありますが、念のため自分で持っていくのもいいかもしれませんね。

わたしがいつも旅行の時に持っていくのはモルデックスのもの。

安いし使い勝手がいいのでおすすめですよ!

 

言葉が多少通じなくても、親切な対応

今回のゲストハウスを予約した際、口コミで「エレベーターがない」というのを見つけたんですよね。

部屋は3階。さすがにひとりでトランクを運ぶのはしんどいので、あらかじめエレベーターの有無をメールでお問い合わせしてみました。なんとなくニュアンスで伝わればいいか、と英語の知識を振り絞って。

すると「エレベーターありますよ!」って、すぐにお返事が返ってきました!対応がスピーディだと安心しますね。

また、最終日にチェックアウトしようとした瞬間、突然街中に警報が鳴ったんです。あんなにうるさかったバイクや人も忽然と姿を消して、「え、、、なにこれ」って軽くパニックになりました。

iPhoneを見ると、どうやら国の軍事訓練が行われているんだとか。

ちょうどタクシーを拾って空港まで行こうと思っていたので、泣きそうに・・・乗り遅れたらさすがに困る!

スタッフの方に相談すると、「安心して!訓練は30分で終わるから、その時間にタクシーに来てもらうように手配しますね。」と対応してくれました。

言葉がうまく通じなくとも、こちらの意図を汲み取ってくれて気持ちに寄り添ってくれるだけでほっとしますよね。

 

台湾のおすすめゲストハウス「Flip Flop Hostel Garden」まとめ

次に台北に行くときも、かならずここに泊まりたい!そう思うほど気に入ってます。

  1. デザインが優れたアトリエに住んでいるかのような居心地の良い空間
  2. 困ったときに力になってくれる、親切なスタッフ
  3. 台北の中心地からのアクセスが良い

 

ぜひ台北の旅を快適に楽しみたい人は「Flip Flop Hostel Garden」へどうぞ。

わたしはいつも予約がカンタンなbooking.comを使っていますよー!

 

台湾の朝ごはんをのぞきにいく

翻訳機ili(イリー)を旅のおともに。台湾の「ふだんのごはん」をのぞいてみた[PR]

 

SPONSORED LINK