ブログを始めて1年が経ちました。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

「ブログを書く」ってこんなに楽しいんだよ!と、1年前の自分に言ってあげたくなります。

2017年5月にブログを始めてから約1年が経ちました。

今日は、ブログを始めて1年間で印象的だった出来事をざっくり振り返ってみようと思います。

過去のわたしのように「始めようかな」と悩んでいる人の背中を押せたらいいなという思いと、「ブログ続けるの辛くなってきた」という人のために。

なんて言いつつ、一番の理由は忘れっぽい自分への忘備録です。

いいこともわるいことも、気づかないうちにどんどん忘れていってしまうもの。

今パッと思い浮かんだ、印象的な出来事を並べてみたいと思います。

 

2017年6月 初めて記事がバズる

5月から毎日ブログを書いていて、初めて1ヶ月ちょっとで1日に1000人もの方に読んでいただいた日があって心臓が止まりそうでした。

ジャンルで言えば、いわゆるトレンド記事。

読書好きにおすすめ!ゴロウ・デラックスが愛される理由

大好きな稲垣吾郎さんの番組の素晴らしさを伝えたい!この番組を守りたい!(当時、打ち切られるという話題で持ちきりでした)と思いを込めまくって書いたところ、同じファンの方にとても喜んでいただきました。

ここで、ブログを書くことの楽しさを知れたんですね。誰かに届く楽しさ。共感してもらえる嬉しさ。

自分の思いを書くだけで喜んでくれる人がどこかにいるという経験をさせていただいたことが、今でもわたしの支えになっています。

 

2017年8月 長野県庁主催「ときどきナガノ」に選出される

長野県庁主催のリモートワークや移住推進企画「ときどきナガノ」に応募したところ、なんと採用されました。月3000PVだったけど、ブロガーとして応募してみました。

「ダメでもともと、気になったらとりあえず行動!」です。

ときどきナガノに選ばれました!初心者ブロガーが採用された理由。

選ばれた方々は、大企業の方や会社経営されているIT系の方ばかりで「こんなわたしが・・・」と思ったけど、とても素晴らしい経験をさせていただきました。

2017年9月から2018年2月までの半年、毎月長野の気になるところにお邪魔して、記事を書きました!

信州の旅行おすすめプラン!長野県野尻湖畔のゲストハウスLAMPで「なにもしない時間」で自分を取り戻す。

 

信州の旅行おすすめプラン!長野市を一泊二日でサクッと旅!のんびり・無理しない・カルチャー好きな人におすすめのルート! (タイトル長すぎ)

魅力的な場所がたくさん見つかったのもうれしかったけど、いろんな働き方・暮らし方をしている人に出会えてお話を聞けたことがなにより自分の糧になりました。

いつか丁寧にご紹介できればな、と思っています。(書く書く詐欺しまくってる)

 

2017年10月 記事の感想をもらえるようになる

ブログを始めて5ヶ月くらい経った頃から、記事の感想を直接メッセージでいただいたり、コメントをいただくことが増えてきました。

わたしがブログを始めた理由

 

「やっと伝わる記事が書けるようになってきた・・・!」と少しずつ自信になってきたのがこの頃。

そうそう、ブログで紹介したカーテン通販会社さんがたまたま記事を読んでくれて、フェイスブックで丁寧にご紹介してくださったこともありました。しかも愛情たっぷりに。

「良いサービスをしている企業をこんな風に応援することができるんだ」と実感したのもこの頃です。

 

2018年2月 ブログメンター生に選ばれる

初めてmonographを読んだのが2017年10月。

ブログを始めてから「憧れのブログを探そう」と言われていたものの、好きなブログはあれど、こうなりたいという形は見つからず。

そんな時に偶然出会ったのがmonograph。

3ヶ月間ブログを教えてくれるよ、という企画に応募するときも「いや、年齢的に無理じゃないかな」と何度も思ったんですが、締め切り直前に「ダメでもともと。まずは行動!」で応募しました。

自分の好きなものを作っている人に気持ちを伝えたいという欲求がわたしは強いみたいで。

どうやったらその気持ちが伝わるだろう?と練りに練りました。

その結果、3ヶ月間憧れの方に直々に教えていただくことになりました。

monographブログメンター生に選んでいただきました。ブログ成長記のシェアを始めます。

 

これをきっかけに、堀口さんのまわりのブロガーさんとも繋がり、仲間の輪が広がってますます楽しくなりました!

どの方も偏愛があって、とにかくセンスの塊。とても勉強になっています。

仲間を見つけること・輪の中に入ってみることも、ブログを続けていく中で大切なことだと感じています。

 

2018年5月 身近な人に喜んでもらえる記事が書けるようになる/台湾へ行かせていただく

そして、ブログを始めて約1年。

今までどうしても気はずかしさと、うまくまとめられなくて書けなかった身近な人の紹介を始めました。

松本のカフェ「amijok」は世界一おいしいマフィンとおもてなしに心がほどける場所。

 

作り手に思いを届けられた瞬間ってすごく嬉しいんですよね。

上手に表現できなくても、自分の思いを伝えるだけでも充分なのかもしれないな。

 

そして、今までほとんどシェアしてなかったのですが、個人のFacebookでもブログのシェアを始めてみました。そうしたら、親友が読んでくれてとても喜んでくれたんです。

「いい仕事見つけたね!」って。

 

 

もう、「わたしのブログなんて大したことない」とは思っていません。

少し前まではとにかく自信がなかったけれど、1年続けた今、

「『かもめと街』は、わたしの大切な思いを込めたブログです」と胸を張って言えます。

 

1年間続けてこれたのは、支えてくださったたくさんの方のおかげ。

今ほんとうにそう思っています。

これからの1年は、もっと楽しんでいきます!

 

・・・と、いうことで、メンター決まる前にホーリーさんと約束した「3ヶ月間必ず週3で記事を書く!」をクリアしました!(数日空けちゃった日もあるけど、毎月15記事書けたはず・・・!)

「浅草」をテーマにしたエッセイを書く約束がまだ果たせてないですけど、絶対書きます・・・!

明日からは、最後のミッション・台湾へ取材に行かせていただきます!

あたらしい1年のスタートが切れそうです。

今日感じたことも、もっと書きたいけれど、また明日に。

これからも『かもめと街』をどうぞよろしくお願いします!

 

 

Twitterのフォローお待ちしてます!

 

SPONSORED LINK