店の紹介を書くときに大切にしていること3つ。

SPONSORED LINK







もうすぐ700記事に到達しそうな「かもめと街」ですが、わたしが記事を書くときに大事にしていることをまとめておこうと思い、この記事を書きました。

「こうしたらいいよ」とか「わたしも書きたい!」「わたしだってこれくらい書ける(文章は絶対に誰でも書けると個人的には思っています)」とか言われたり思われたりする中で、どうも自分が大事にしていることって伝わってないかもしれないな、と。(特にすべてを伝えようとも思っていないのですが…)

いろいろと伝えなくとも、わかってもらえる方もきっといらっしゃるだろうな、と思いつつ、改めて自分が大切にしていることを言語化してみます。

店のことを紹介する上で、大事にしていること

大きく挙げれば、以下の3つ。

  1. 自分で体験して書く
  2. 自分が好きで応援したい店のことだけ書く
  3. 分かりやすく評価しない

これが正しいやり方なのか、正しくないやり方なのかはさておき。

大事にしたいことをぶらすと、やりたいことではなくなってしまうので、今の時点ではこの3つを守っています。

その1:自分で体験して書く

行きたい店もたくさんあるし、行ったらすぐに紹介したいし。Googleマップを延々と見て、知らない店の情報を見つけるのも好き。本も読みたいし、YouTubeでコントも見たい。別媒体で担当してる仕事もやらねば。あ、家事も。

そんな風に過ごしていると、時間が全然足りません。時間管理が下手というのもありますが、やりたいことが多すぎて、たぶん一生かかっても追いつかないんですよね。時には自分が3人くらいいればいいのに、って思います。

もしも、本気で地域ブログをやって稼ぎたいタイプの人ならば、ある程度まで固まったらライターを雇って数人で店をくまなく回って記事化する。地域に貢献するのが目的なら、そのやり方だって正しいとわたしは思います。

でも、「かもめと街」の場合。

わたしは自分で体験したことしか書きたくないし、自分のサイトには載せたくないです。

ひとりでやることのメリットってそこだと思うから。同じ体験をしても、まったく同じ文章って生まれないと思うんです。上手な人が似せて書くのはできるかもしれないけれど、そこで伝えたいことは同じように伝わるかな?

伝えたい思いがあるからこそ、下手でも誰でも書けるような文章だとしても、自分で書きたいなと思うわけです。(あー、上手く書けるようになりたい)

 

SPONSORED LINK

その2:自分が好きで応援したい店のことだけ書く

その1にも通じる話ですが、自分のサイトで地域に貢献するとか、PVをあげて収益を確保するのが第一の目標だとすると、地域を網羅するような情報をもっとあげるべきだと思います。(PVは上げたい)

でもね、完全にリソース不足なんです。街歩きだって好きだけど、同じくらい家にいるのも好き。

それに、情報サイトなら大手がいくらでもやってるじゃないですか。勝てっこないです。

伝えたい情報を分かりやすく届けるのは、いまのわたしの課題ではあるのですが、「なんでも載ってる」よりも「選んで載せる」ほうが個人でやるなら向いてる気がするんですよね。

 

SPONSORED LINK

情報が溢れている時代なので、ある程度好きなものが近い人がチョイスしてくれた方が楽だな~と個人的に思うのもあって。

最近ね、巨大なスーパーとか本屋とか行くとすごく疲れるんですよ…!ワクワクするけど、迷いすぎて疲れるみたいな。そんな感覚と同じかもしれません。

あとは、冷静に考えても1記事書くのに店へ行くのも含めたら3時間はかかるんですよ。どこを切り取ったら魅力的に見えるか、エッセイをどう書こうか、写真を加工して…とか。地味に大変なので、紹介する店に対する愛がないと、わたしには到底やれないです笑

 

SPONSORED LINK

その3:分かりやすく評価しない

「店の紹介するなら、項目ごとに☆で評価したら?」

ブログ初心者のときに言われたアドバイスのひとつ。

確かにこれは分かりやすい。でもなー、できるだけ星とかつけたくないんだよな。あくまで個人の感想だから、というのもある。

接客業で店へ立っていた側だった経験もあって、そんな簡単に評価されたくない。評価に愛がほしい。

なんでも分かりやすくすることが伝わりやすくなることではない、と勝手に思っているので、これからも点数つけたりはしないと思います。その2でも書いたように、好きな店しか載せないから、それぞれに評価をつける必要もないんですけどね。

ということで、2021年もゆるりと続けていこうと思います。新しいことも考えているので、楽しんでいただけたらいいな。

関連記事:2020年のおすすめSHOP30

2020年に行ってよかった店ベスト30 #2020年振り返り

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事