東京から長野へ格安で旅する3つの方法!バス・新幹線料金まとめ

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

こんにちは! 長野に恋するブロガー&ライターのチヒロ(@kamometomachi)です。

先日長野市(善光寺があるところ)に行ってきました。

予算が限られてる中で最大限に楽しむには、 やはり交通費を節約するのがいちばん大切です。

今回は東京から長野市へできるだけ安く行く方法&料金(2017年9月調べ)をまとめました。

格安高速バスと新幹線のメリット・デメリットもお伝えするので、 ぜひ参考にしていただけたらうれしいです。

 

東京から長野市へ格安で旅する!その1:高速バスを使う

 

チヒロ
え!?こんな安いの?

よく旅する人には当然すぎる知識かもしれませんが、 こんな安く行けるなんて知らなかった…!

特に、こちらのウィラートラベルはしょっちゅうセールをしているので、 かなりお得です!!!

10月の平日は、、、、 なんと片道1200円から!!!! 土日も3000円からなので、とてもお得です。

時間に余裕が持てる旅にはオススメ。 (東京→長野市までは約4時間半。トイレ休憩2回あり。

今の高速バスって、座席シートにこだわってる会社が多いです。

長時間座っていても、意外とストレスなく過ごせますよー!

ウィラートラベルのセール期間でない場合は、 楽天トラベルの高速バス検索がおすすめです。 片道2000円から出てますよ〜!

高速バスのメリット・デメリットは?

メリット:安い・直前予約でも取りやすい・道中のんびり楽しめる

デメリット:時間がかかる・土日は渋滞で時間が読めない・隣の席の人によってはストレスを感じる  

東京から長野市へ格安で旅する!その2:新幹線の早期予約

チヒロ
4時間半もバス乗ってられるかーい!

という方は、こちら!

JR東日本の予約サイト「えきねっと」の対象車限定・早期予約割引サービスがおすすめ。

 

通常期の料金は普通車で7680円。 それが早期ネット割引で5330円になることも…!

詳しい料金はこちらのサイトがわかりやすいです。 →JR新幹線ネット 「えきねっと」トクだ値についてはこちら

対象車は「北陸新幹線 あさま」のみ。 東京から長野駅への所要時間は約1時間45分。

チヒロ
時間をお金で買うか、時間を売ってお金を守るか…

それぞれ、人によって&タイミングによって違うと思うので、使い分けてくださいね。

ちなみにわたしはいつも直前に旅行を決める派なので、 この手はあまり使えません。。。。早めに決めよう… 1ヶ月前からきちんと計画できる人にはオススメです!

3つめは「直前に行くこと決めたけど、バスはイヤ!安く、でも早く行きたい!」というあなたへ。

 

東京から長野市へ格安で旅する! その3:格安チケットショップで新幹線回数券を購入する

「大黒屋」などのチケットショップでは、新幹線の回数券がバラ1枚から購入できます。 金額はその時期(通常期・繁忙期)や在庫状況によってバラバラです。

参考までに、2017年9月中旬に見かけたチケットショップでの金額は7580円でした。

いつだったか忘れてしまったのですが、5500円で購入した記憶があったので、 料金の幅に驚きました…ややこしい。。。

回数券には、使用期間があること、GWやお盆、年末年始の繁忙期は対象外、 また利用可能列車が限られることもあるようなので、注意してくださいね。 (以前、かがやきかはくたかに乗ろうとして追加料金取られました)  

 

新幹線回数券のメリット・デメリットは?

メリット:早く、安く行ける・座席指定ができる

デメリット:チケットショップに買いに行く手間がかかる・ 座席指定をしたい場合は駅で手続きが必要      (対象の黒い券売機でもできます。指定しなくても自由席ならそのまま乗れます。) 利用期間が限られる(GWやお盆、年末年始の繁忙期は対象外)  

以上、東京から長野市へのお得な交通手段をまとめました! ぜひ活用して長野での旅を満喫してくださいね〜  

※ご利用にあたっては、ご自身で最新の情報をご確認の上お申し込みください。  

次に読むなら東京から長野市へ1泊2日モデルプランの記事をどうぞ!

信州の旅行おすすめプラン!長野市を一泊二日でサクッと旅!のんびりカルチャー好きな人におすすめルート

東京下町案内 | 東京案内 | 長野案内 | その他の街

 

SPONSORED LINK