自分の好みに合う本屋を見つけよう!東京でおすすめの本屋

SPONSORED LINK







本が大好きです。
欲しい本を見つけては「ブクログ」で登録しておいて、
毎日のように本屋に行っては「なにか新しい、読みたい本ないかなぁ」と探しています。

けども、自分に合う本屋じゃないと、読みたい本はなかなか見つからないし、
新しい発見もなくてモヤモヤするだけなんだなぁ。

大きくて品揃えが良いだけでは満足しない、満足しなくなっているのかもしれない。

これはどんなことにも言えるかも!
まとめサイトの情報量の多さより、誰かがきちんとチョイスしておすすめしてくれてる
情報の方が求められている。

ということで、わたしがここ数年愛用している本屋さんです。
もうね、こだわりのある本屋だけあればいい、と思う今日この頃。
(大きい本屋に行くのもテンション上がるんだけども。。)

東京のおすすめ本屋さん(随時更新予定)

荻窪「Title」

荻窪駅から歩いて10-15分。バスだと5分くらい。
リブロ池袋本店でマネージャーをされていた方が開いた本屋さんです。
ここ、最高!

いい感じにメジャーな本と、紹介されないと知らないような本と。
定番的に読まれている本と、新しい本と。ZINEやリトルプレスも充実。

1F奥にはカフェがあり、買った本をゆったり楽しめる空間も。
2Fにはギャラリーがあり、本と関連した展示やイベントも開催している。

古い民家を改装した店内なので、どことなく懐かしい感じがします。

そして「Title」店主さんのTwitterでは、毎日おすすめの本をあげてくれます。

東京駅 丸ビル4F「ふたば書房」

とにかく見やすい!主に女性が喜ぶカルチャーよりの新刊が揃ってます。
でもビジネス書の品揃えもいい感じで、読んでみたい工夫が凝らされている店内。
「あ、この本、気になってたの!わ、これ初めて見た〜、読んでみたい!」がたくさんある。

旅行ガイドブックもコンパクトながら結構充実してて手に取りやすい。
るるぶ、とかだけじゃなくて、マニアックないい本もセレクトされてる。

ファッションや暮らしかた、美しいレシピ本なども充実。
今、ここが一番好きかもしれません。
丸ビルで働いてた時は毎日通ってました。

田原町「Readin’Writin’」

今年2017年4月にオープンしたばかり。浅草駅から歩けます。
元新聞記者の方が始めたお店。こちらもいいセレクト!
幅広いジャンルで、カルチャーから文学、エッセイ、絵本などなど。

こちらも奥にコーヒーがいただけるスペースあり。
2Fは畳がしいてあって、子どもがゆっくり絵本読めるスペースも。屋根裏みたいでいい感じ。
古いビルをリノベーションしてて、とてもお洒落です。

そしてなぜかキョンキョン(小泉今日子)のコーナーがありました。
大ファンなのかな、と思って聞いてみたら「よく気付いてくれました!」と。
このお店を始めるのに、顧客層をイメージしたら「小泉今日子だったんです!」と。
…意味がわかりませんよ…?
本が好きで、ちょっととんがってる人が来たらいいな、ってことだったかな。
お話がおもしろい方で、聞いててすごく楽しかった!
今度行ったらもう一度聞いてみよう。

◇蔵前「H.A.Bookstore」

土日祝のみ営業。平日は別の仕事をしているオーナーさんのお店。
「働きかた」をメインにセレクトした本屋さん。味のある木箱をずらっと並べて、
ジャンルごとにいろんな分野を網羅していてとても楽しめます。
「食」や「文学」も多かったな〜

他にも、上野「ROUTE BOOKS」も、かなりのんびりできておすすめ。

今度の休日はどこの本屋に行こうかなぁと、毎日考えているわたしでした。

東京わざわざ行きたい街の本屋さん [ 和氣正幸 ]

価格:1,728円
(2017/7/6 09:22時点)

東京 わざわざ行きたい街の本屋さん

新品価格
¥1,728から
(2017/7/6 09:23時点)

SPONSORED LINK