ザ・ギース「Private Yellow」@下北沢小劇場B1に行ってきた!その1

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

ザ・ギースの単独ライブに行ってきました。しかも3回。
じわじわと、ギース沼にはまってるこの頃。
1時間半、彼らのコントだけを見られるのは1年に1,2回なので、何度行ってもいい!と思っている。
(3回ってのもけっこうすごいなと思ったけど、5回っていう方もいてうらやま!)

ミュージシャンならワンマンライブ、というところをお笑いだと単独ライブっていう
言い方に変わるの、おもしろいなー。お笑い歴が短いわたしとしては、「単独」っていうことばが
ツウっぽくて好き。「ギースの単独行ってきた〜」と使いこなせればさらによし。
でもまわりにはそういう人いないから、まだはずかしくていえない。。

毎度毎度、ビジュアルがとーってもお洒落なんですよ!!これもハマる要因のひとつ。
オープニングやエンディングの映像も音楽もかっこよくて、いつもびっくりする。
ムロツヨシ氏の「muro式.」も手掛けてる大見さんが作ってるみたい。
音楽はその時々で変わるのかな?去年は大竹マネージャーだったような。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らの所属するASH&Dのライブは、基本的にできるだけ当日券を出そうとしてくれることが多いみたい?で、
「急に今日空いたから行きたい!」ってな時も行けちゃったりするのでありがたい。
初日の火曜日〜千秋楽の日曜日の中で、火・水・土と行ってしまったよ。
3回観ての感想は、、「毎回こんなに変えてるのか!!」
土曜日に見た時は、あるコントの部分をごっそり変えててかなりびっくりした。訳わからなかったところがわかりやすくなってたり。
こういうのも、ライブのアンケートを見て日々変えてるそうな。「なんでもいいから書いてください!」といったところ、
ダメ出しが増えたとか(笑)←そういうのできちんと愛のあるダメ出しできるファンの人いいな!なんか遠慮しちゃって書けないです。

火曜日と土曜日は当日券で。火曜日はさすがに販売開始の18時には人が全然いなくて、土曜日は30分前に行ったら誰もいなくて。
様子見て並ぼうと上の一階で暇つぶししてたら、大竹マネージャーが「お客さん並びだしたので、券はご購入頂けるんですが、
並んだ方がいいかもしれません」とわざわざお声がけくださり感激。この事務所の人たちはスタッフさんまでも優しい。

定員135人程度のL字型の会場。どこに座ろうとも間近で見える。ただし前の方の席は椅子の座高が低くて結構座ってるのが辛い。。
座布団が薄いので、開場から閉演まで約2時間座ってるとおしり痛い。。。ま、これも小劇場の醍醐味なんでしょうか。
これだけ近く見えると全部どうでもよくなる。おしりは痛いけど。でも後ろの人の見やすさを考えたら、ふかふかで高さあるものはNGだもんね。

そしてこういう単独ライブだと、事務所のコンビの方々がいろいろ見に来たりしてて見つけるとにやにやしちゃう。
去年は阿佐ヶ谷姉妹に遭遇し、エリコさんに優しい言葉をかけてもらって嬉しかったなぁ。
今年は大林素子さん(きれいだったー!みんな見てたよ。コントの中でも名前出されてたな)が初日にいらしてたり、
2日目の水曜日には大福くん、夙川アトムさん、以前まで会場整理されていたスタッフさん(この方のホスピタリティもすごい!)
と、ムロさん登場。会場内みんな声に出さずに空気がざわつく(笑)開演前はすごいチラ見しちゃいましたムロさん。
普通の話し声がでかくて、周りの人と話してる笑い声が超聞こえました(笑)ムロさんのニット帽姿すごく好きだわ〜

って、ムロ話になってきちゃった!仕切り直して感想は、その2へ!

 

SPONSORED LINK