阿佐ヶ谷姉妹単独ライブはお笑いの枠を超える。「あなたと私」に行ってきた

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

阿佐ヶ谷姉妹に出会えてほんとよかった…
と、しみじみ思う今日この頃。

こんにちは、35歳のチヒロです。

ほどよく自虐しつつ、品がよく、人柄めちゃくちゃ良く。
女芸人さんで唯一無二のおふたり。

15年近く前にブームになった、綾小路きみまろさん。
中高年に大人気だった、毒強めの自虐ネタのおもしろさが正直わかりませんでした 笑

でも多分、阿佐ヶ谷姉妹でわたしが笑ってるのも同じ匂いがする…!

 

阿佐ヶ谷姉妹に惹かれる理由

いまの30〜40代は様々な生き方があります。

阿佐ヶ谷姉妹の何に惹かれるか、

それは、素敵なネタに笑いつつも、
他人を羨んでひがんだり、比べて悲しむのではなく、
今を楽しもうとしている姿が私は好きなのです。

コントがおもしろくて、歌も上手すぎるエンターテイナーなのですが、
一番惹かれてるのは生き方なのかもしれません。

ということで、

 

阿佐ヶ谷姉妹の単独ライブ「あなたと私」に行ってきた!@武蔵野公会堂

8月26日(土)に行ってきました。

SPONSORED LINK

先行予約抽選で取った席は、なんと1番前の席!

人生で初かもしれない……自分でこんな良席当たったの!!

ライブの2ヶ月ほど前、事務所主催のトークライブ「ASH&D REPORT」にて。

美穂さんに「単独ライブ、一番前の席が当たったので楽しみにしてます!」とお伝えしたところ、
「1番前で温かく見守ってくださいね」と、優しくお話ししてくださいました☆

一幕目:コント

三幕構成で、コントに短編映画にバンド生演奏付きの歌謡ショーまで盛りだくさん!

本当は全部覚えてレポしたいところなんですが、、
記憶力足らずのため、印象に残った部分のみ。

一緒にお楽しみいただけたらうれしいです〜

(行った方はぜひ!抜けてるとこ教えていただけたらうれしいです!
感想共有してくださるだけでもうれしい!→Twitterへどうぞ☆

阿佐ヶ谷姉妹、平塚らいてう(美穂さん)×与謝野晶子(江里子さん)を演じる

この著名な女性陣シリーズ、おもしろすぎました…!
「らいてう、って何よ」とか、ケンカをけしかける与謝野晶子さん…!

最後は本気すぎるカルタのうばいあいで、絵里子さんのカツラが取れかけるハプニングも 笑

ネタの流れ的に、江里子さんが取ることになっていたようで、
美穂さんが遠慮がちに札をゆーっくり取ろうとしてるところが、なんだかかわいかったです 笑

お衣装もレトロで素敵なお二人…!
品のある海外のセレブみたいな格好の美穂さんが可愛すぎました。
江里子さんはハーフ分けに袴姿で、こちらもすごくお似合いです、、、!

阿佐ヶ谷姉妹の鉄板ネタ「おばさんあるある」

「外で物音がすると、飛んで出てくるおばさん。」

「人の家に勝手に上り込むおばさん。」

「同窓会で久しぶりの再会をするおばさん。」

「同窓会で飲みすぎたおばさん。」などなど。

別れる時に手を握ったままなかなか離れられないおばさんのネタが好きです 笑

って、、、、ふだんやってるからだわー!!!!

やたらと物をあげ合って、お互いお礼言いあって、なかなか離れられないおばさんも、、、、

はい。わたしです!

(でもでも、まだ、おばさんって呼ばないで、、、)

実はシュールなコントもありますよ

ディアゴスティーニより本当に出版されている「 おしゃべりガイコツ」をテーマに。

2年かけてコツコツとパーツを完成させると、
おしゃべりするガイコツが完成します。

 

チヒロ
ちょっと欲しい…

 

おばあちゃん(江里子さん)と孫(美穂さん)が二人で居間で遊ぶ、微笑ましい姿。

毎号毎号、孫のためにおしゃべりガイコツのパーツを揃えて
一緒に遊ぶおばあちゃん。

ガイコツが完成するまでは2年かかるそう。

おばあちゃんと嫁の関係は最悪だけれど、孫は可愛い。

ある日、孫の行きすぎた言動に、おばあちゃんが制裁を加えます。

打ち所が悪く深い傷となり、孫は入院することに…

おばあちゃんは逮捕されてしまいます。

2年後に保釈され、病院のベッドに横たわる孫に会いに行くと、
孫は優しくおばあちゃんを待っていました。

が、その様子を見ていた仲の悪い嫁。

おばあちゃんは、医者らしき人に体を押さえつけられます…

その時に医者たちが放った言葉…
「元々あなたにお孫さんなんていないじゃないですか」

そう、全てはおばあちゃんの幻想だったのです…

むくっと起き上がる、サングラスをかけた孫。(タモリ風)

世にも奇妙な物語の音楽。

なんだこれ、こわー!

そんな心がざわつくオチでした 笑

おしゃべりガイコツの本当のCMまで流してて、なんだったんだろう笑

美穂さんが楽しそうに何度も歌うから、覚えちゃいましたよ!

 

なぜか挨拶&同じコントを途中まで2度もやる(あえてやってる)

阿佐ヶ谷姉妹定番の挨拶から、途中まで同じネタをやるコント。
「お客さんが反応困ってるわよ~」って。

もう、どこまでがボケなのかもうわかりません 笑

この辺で一幕終了、休憩へ。

二幕目 短編映画 阿佐ヶ谷姉妹、主演。一日限りの吉祥寺デート

二幕はなんと、短編映画…!

今回のポスターのメインビジュアルのような天女姿の2人。

どうやら天女さまと妹さんの設定のようです。

下界に降りてきて、ふたりで吉祥寺を散歩しています。

食いしん坊の美穂さんは、ひとりで食べ歩き。

天女さまの江里子さんは、お散歩中に見つけた青年(同じ事務所の夙川アトムさん)にひとめぼれします。

ふとしたきっかけで恋に落ちるふたり。
1日限りのデート。

むむむ、なんだこれ。
夙川アトム氏に惚れそうになる、阿佐ヶ谷姉妹ファンの女性陣。
(えっ?みんなそうですよね…?)

いやー、もう、キュンキュンしました…!!

のんびり吉祥寺を散歩する二人の姿がセンチメンタルに映ります。

だって、天女さまは夜になったらお空に帰るから。(たぶん)

夜の公園で、やんわりと告白するアトムさん。

が、、しかし、彼には妻子がいることが発覚…
(最低!キュンキュンを返してー!)

悲しみにくれながら、笑顔で彼を振る天女さま。

そこに現れるのは、いつも一緒にいる妹の美穂さん。

「ケバブ食べる?」

大量のビニール袋をぶら下げて、美味しいものと登場です。

そして、1日限りのデートの回想シーン。

それをバックに、ほんものの江里子さんが出てきてバラードを披露。
(あれ、なんて曲だろう?)

チヒロ
ジュディオングかな?

 

ってくらい、迫力がすごかった。

歌詞が英語だったので、意味なんてわからない。

でも、切なくてダーダー泣けました…!!!

何も聞かず、さりげなく元気付ける人の温かさにも、
じーんとしました。

笑いに来たのに、、、
姉妹のポテンシャル高すぎですー 涙!!

ここで二幕終了し、またもや休憩。

どよめく観客。まさかの2回目の休憩。
「さっき休憩行ったばかりだよ?不思議な構成だな…?!」と、
全員が思ってたと思います 笑

わたしは、お二人のどちらかが倒れたのかと思って心配になりました…

その心配をよそに、
天女さまの格好の美穂さんが、フラーっとステージの横から現れます。

「休憩です〜。この衣装せっかく用意したのに、
他で着る機会がないから見せに来ました」と。

なんなんだ、このゆるさは!大好き!

 

三幕目 阿佐ヶ谷姉妹、圧巻の歌謡ショー!

三幕は、なんと生バンドの演奏つき、歌謡ショー!!

歌のうまさはさることながら、
選曲にもじーんとしちゃって、、、
笑ったり泣いたりと、いそがしかったです。

(以下、順不同)
映画「ロシュフォールの恋人たち」(「ラ・ラ・ランド」の元ネタと言われてます)から「双子姉妹の歌」
ドラマ「カルテット」から、「おとなの掟」
ギルバートオサリバン「Alone again」日本訳バージョン(美穂さんピアノ弾き語り)
森山直太朗さん「夏の終わり」

などなど。

「双子姉妹の歌」も「おとなの掟」も「Alone again」も大好きなんだよ…!!

ちなみに「おとなの掟」では、
男性コーラスに事務所お笑いチーム男子たちが映像出演!

アナログで合わせてたからか、演奏とズレズレでおもしろかったです 笑

わたしの大好きな「ザ・ギース」のお二人も…!!!!

(ぜひ今度は、ギースの王子様こと高佐さんとデートする短編集お願いします>美穂さん)

そして、三幕ラストを飾るのは、SMAPの「ありがとう」

!!!!!

SMAPのライトなファンのわたしですが、
まだちょっとSMAPの曲聴くと、切なくて泣けちゃうんですよねー。
こういう直球な歌詞だと特に。

阿佐ヶ谷姉妹がファンに向けて歌った曲としても、
歌詞から気持ちが伝わって来て、わたし大号泣…笑

この曲だったか定かではないですが、お二人がステージから降りてきて、
前列の人ひとりひとりに握手してくださって、
顔を合わせるのがはずかしいやら、でした。

アンコールは、玉置浩二「夏の終わりのハーモニー」

最後の挨拶は、江里子さん恒例の号泣。

時間が押してるから、はやく締めなきゃ、と美穂さんをせかしつつ、
涙が止まらなくて話せない状態に…笑

それでも江里子さんがきちっと締めの挨拶をし、「美穂さんからも一言」と言うと、

「だいたいお姉さんと一緒よ。」と 笑

2時間40分の公演が終わり、ロビーに出ると、大竹まことさん。
大竹さんに挨拶する、阿佐ヶ谷姉妹のご両親(たぶん)がいました。

ピンクの素敵なお衣装は、お母様の力作だそう…!!

見終わった後の感想

いやー、もう。ただただ楽しかったです。

「お笑い」という括りにするの、なんだか違う気がします。

阿佐ヶ谷姉妹のオリジナリティが溢れてて、この方たちしかできない空気。

わたしがやたらと涙もろいのもあるけど、

けっこうみなさん泣いてますからね…?

お客さんを楽しませたいという一心なのが伝わってきて、
一生懸命な姿に胸を打たれます。

歌の表現力も、もちろんコントも。

前回の初単独ライブより、明らかに大きいステージで、
衣装のバリエーションも増えてきて。

どんどんパワーアップされている様を見てるのがうれしい。

観に行くと、気持ちが浄化されます!

ぜひぜひ、気になった方は来年を楽しみに待ちましょう☆

 

SPONSORED LINK