面倒なLINEグループから抜け出す方法を大喜利で学んでみた–〈タカサ大喜利倶楽部〉

SPONSORED LINK







いい人ほど、断れない。

そんなに乗り気じゃなかったのに、LINEグループに入れられちゃうこと、ありますよね。会社や知人など、LINEグループ作りたがる人がいると、鉄の壁をこっそり作ります。

FacebookのメッセンジャーやTwitterのグループDMよりも重みを感じるのは、“退会”というフレーズが表示されるからではないでしょうか。

重いよ、“退会”。
“退勤”と違ってハッピー感ゼロ。
“退会”という、たった2文字から生まれるマイナスイメージ。

「○○さんが退会しました」と表示されると、「なんか嫌だったのかな」という反射的にダメージを与える表記。余談ですが、「既読」という表示も諸刃の剣。便利な反面、なかなか重いですよね!

とはいえ、時間も気力も有限です。気乗りしない誘いを、「後ぐされなくスムーズに“退出”するテクニック」を教えるYouTubeチャンネルを見つけました!

わたしの大好きなザ・ギースというコントユニット・高佐さんの〈タカサ大喜利倶楽部〉です。

大喜利の奥深さにハマる。〈タカサ大喜利倶楽部〉とは

〈タカサ大喜利倶楽部〉とは、コントユニットTHE GEESE(ザ・ギース)の高佐さんが配信するYouTubeチャンネル。毎週火曜22時に更新されています。

大喜利を愛してやまない高佐さんが、ちょっと変わったテーマで、ゲストを交えながら想像力を競い合う番組。見ているこちらの想像力が刺激され、いつのまにか大喜利の魅力にトリコに。

わたしが特に好きなのは「LINEグループ退出大喜利」。これほんとおもしろくてぜひ見てほしい!

本音を言わずに退会したい!「LINEグループ退出大喜利」

LINEって本当に便利ですよね。便利な反面、本当に困りますよね。Slackみたいにオンオフできる機能、LINEにもあったらいいのにな。

人のLINE活用術は見る機会がありません。ならば、芸人さんにお手本を見せていただきましょう。

「LINEグループ退出大喜利」とは

なかなか退会できないLINEグループを、いかに自然に退会できるかやってみる大喜利企画。果たして波風立てずに退会することはできるのか!?これを参考にするか、反面教師にするかはあなた次第!暮らしに役立つ大喜利。

引用:タカサ大喜利倶楽部/YouTube

ゲスト含む3人のうち2人は乗り気、1人は乗り気じゃないLINEグループが結成。乗り気派のテンションの高さと、逃げたい1人の攻防戦。逃げたい派のセンスが問われる戦いをどうぞ。

抜けるタイミング・「あんまり乗り気じゃないですよ」というのをやんわり伝える言葉・退会しても強制招待されたときの言い訳…

LINEのトーク画面が延々と写されるという画面は地味なのに(ごめんなさい!)、気づけばハラハラながら見ちゃう。

「あんまり乗り気じゃないですよ」というのを遠回しに伝えても、わかってもらえないこと、ありますよね…!はっきり伝えられる人を尊敬するし、そうなりたい…!(ここは修行中の身)

こちらの第1回目の模様もぜひ。

後半と書いてありますが、このコーナーはここからなので、ご安心を。めちゃくちゃ白熱してます。

退会に至るまでのパターンや切り返し、だいぶパターンが見えてきますが、それでも「こうきたか~!」と驚かせるのは、さすが芸人さん。うーん、このテーマ、月1で更新してほしい!

 

SPONSORED LINK

日常に大喜利を

みんなの悩みをポップに昇華してくれる大喜利、たのしすぎませんか…?大喜利、そんなに興味なかったのに、高佐さんのおかげで大好きになっちゃいました。想像力が鍛えられてたのしい!「LINEグループ退出大喜利」やりたい!

実はわたし自身も、日常生活の中で大喜利してるんですよね。夫と。

散歩中の犬が通り過ぎたら、「あの犬、なんて言ってた?」とか。100回に1回くらい名解答が出て、おなかがよじれるくらい笑います。人には絶対に聞かれたくないけど。

もうね、梅雨に落ち込んだときは大喜利するかコント見ればだいぶ回復するんです。むしゃくしゃしたときも、とりあえず笑えるきっかけさえあれば、「もうどうでもいいや」って思えたりする。

おもしろさと合わせて、そんなことを伝えたくてご紹介してみました~!ぜひチャンネル登録を!

〈タカサ大喜利倶楽部〉をYouTubeで見てみる!

関連記事:相方のザ・ギース尾関さんはキャラ弁がすごい

娘の描いたイラストを、そのままお弁当にしちゃった相方の尾関さんの本。お父さんから娘さんへの愛が詰まってて、笑えてちょっとホロリとする作品をご紹介します。

ザ・ギース尾関の「娘の絵を完コピ! 」 おえかきキャラ弁

父と娘の交換日記のよう。娘のイラストを完全再現した新しいお弁当の本! #かも街books

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事