信州の旅行おすすめプラン!東京から上田と別所温泉を1泊2日で楽しむ旅

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

こんにちは!長野を愛するライター・チヒロです。

長野県庁さんの企画「ときどきナガノ」で毎月ナガノのどこかにお邪魔しています。

>>「ときどきナガノ2017」に選ばれました!初心者ブロガーが採用された理由。

 

今回は、東京から別所温泉と上田を1泊2日でさくっと旅をしてきました。

旅のプランを立てるのって、楽しいけど結構メンドーですよね。

 

チヒロ
どこから決めたらいいかわかんなくなってきたし、もう行かなくていいや

 

と思う人も多いはず。

気持ち、めちゃくちゃわかります。

それならば!さくっと長野に遊びに行っちゃうチヒロの旅行プランを大公開!

これを読めば、プランを考えることなく、効率よく回れるはず・・・!

写真多めでご紹介するので、すぐに旅行に行けない人も一緒に行った気分を味わってくださいね。

 

信州の旅行おすすめプラン!東京から上田市と別所温泉を1泊2日で楽しむ旅・1日目

1日目

9:40   池袋駅東口

別所温泉行きの西武バス(片道¥3,700)にて出発(じゃらんnetで予約できます)

いけふくろうも旅を見守っています。(いつの間にかできてた)

 

西武バスはトイレが付いています。窓も大きく開放感がある作り。
停車場が多いので、乗車時間はちょっと長め。

 

 

最近の高速バスはだいたいコンセントやWiFi完備が多いけれど、こちらはナシ。お手洗いはあります!

 

11:00 上里SA到着

 

上里SAで20分ほどのトイレ休憩がありますよ。

 

 

SPONSORED LINK

 

13:30  別所温泉着

バス停は別所温泉駅より北向観音方面に止まります。

 

七苦難地蔵尊堂。

7つの苦難から逃れられるらしいので、長めにお参り。

 

歩いて10分ほど、別所温泉の素敵なパン屋さん「まるふじ」へ向かいます。

上田のゲストハウス「犀の角」のスタッフさんや、友人大プッシュのお店。

 

じみーに坂が続くのがしんどいけれど、気持ちのいい天気!

 

気になるお豆腐屋さんや喫茶店。

 

着きました!

13:45 パン屋「まるふじ」にてランチ&お買い物

 

戦後から配給所として使われていたお店をリノベーションされたとか。

 

 

どれも惹かれる・・・ここの写真のパン全種類買いました・・・!

 

いま食べる分・明日の朝ごはんの分、そして家族や友人へのお土産に。

奥のイートインスペースでもいただだけますよ!

「まるふじ」さんについては、追って別記事でご紹介します。

さて、お昼を食べてのんびりした後は、北向観音へ。

 

15:00 北向観音でお詣り

 

北向観音は、善光寺とちょうど向かい合わせになっているのだとか。

善光寺は来世の、北向観音は現世へのご利益があり、合わせてお詣りすると良いそうですよ。

片方だけだと「片詣り」っていうんだとか。

 

(善光寺お詣りしたの4年前くらいだな・・・先日長野市に行ったのに善光寺には行かず)

建物が黒っぽいのは雪が映えるからなんじゃ?と、翌日会った、御朱印マニア「信州さーもん」さんのひとこと。たしかにそうかも。

さ、お水で手を清めましょう(寒いからやだな)。

・・・と!思ったら、湯気が出てる!

まさかの、、、、温泉でした!

 

最高すぎるよ・・・

 

お詣りを済ませた後は、近くの温泉へ3分ほど歩きます。

かわいいマンホールみっけ。

 

 

15:00  共同浴場「大師湯」で温泉に浸かる

地元の人が毎日入りに来るという共同浴場へ。

大人150円という安さで源泉掛け流しを楽しめます。

 

うん?木像が夜な夜な入ってた・・・?

 

レトロなタイル張りの小さな浴場で、ちょうどいい温度のお湯で気持ちいい!

 

いろいろ揃っている広い温泉に入りたい方は、別所温泉駅近くの「あいそめの湯」(¥500)がおすすめだそう。

別所温泉についてはこちらのサイトを参考にさせていただきました。

 

16:00 湯上りに喫茶店で休憩

お風呂上がりには、古民家喫茶店の「茶房 まるげん」さんへ。

 

中に入ると、いたるところに民藝品が飾られていました。

 

 

テーブルは、なんと臼!

 

 

ご夫婦が開業して約6年。この街に住む方々のオアシスとなっているようです。

さらっと会話の輪に、よそもののわたしを入れてくれる優しさ。

 

薪ストーブの前でのんびりしたら、別所温泉駅へ向かいます。徒歩15分程度。

 

夕空がきれい!

 

17:00  別所温泉駅着

なんですかこのフォトジェニックな駅舎は!

 

駅員さんにお話を聞くと、ここは大正時代に建てられたものだそう。

 

 

なので、駅員さんも袴を着ていらっしゃいます。

とってもすてきだったので、一緒に記念撮影パチリ。

 

(「よくSNSにあげるのに「顔隠すので」って断ってくれる方がいらっしゃるんですけど、逆にコワイので隠さなくていいですよー」と気さくな駅員さん。ありがとうございます!)

「毎朝の着替えが大変です」と仰っていました・・・!でもお似合いで素敵ですよ・・・!

別所温泉駅はフォトジェニックな場所ばかりで、うっとり。

 

 

 

17:14  別所温泉駅から上田駅へ

上田市に住む友人のおすすめで、電車の窓が丸窓になった「まるまどりーむ号」に乗りました。

 

 

まるい枠によって切り取られた景色が、絵本の世界のようで素敵。

上田電鉄サイトから運行時間をチェックして見てくださいね。

 

18:00  上田駅到着

今回は友人宅でごはんだったため、オススメのごはんやさんはこちらをどうぞ!(夜もやってるよ)

上田駅のランチなら。20年続くイタリアン「トラットリアノンノ」で絶品チーズパスタがおすすめ!

 

上田市のランチなら中華「檸檬」がおすすめ!大泉洋がハマる「絶品あんかけ焼きそば」を食べよう!

 

食べ終わったら、夜21時までやっているブックカフェ「NABO」さんへ、本を探しに。

 

20:00 ブックカフェ「NABO」へ

ここは古本業を営む「バリューブックス」さんが運営するブックカフェ。

なんと古本のお取り寄せもできるんですよー!ああー、近所に欲しいお店!!

 

この時は閉店時間(21時)にお邪魔してしまったため、少しだけ本棚を見せていただき、ずっと読みたかった本を購入。

旅先で本を買うって、いいな。

 

 

21:00  上田市のゲストホテル「犀の角」で宿泊

長野県上田でホテルを探すなら。劇場付きゲストハウス「犀の角」に女優気分で宿泊する。

 

1ヶ月ぶり(最近だな)に帰ってきたよ!最高に居心地の良い「犀の角」さん!

以前ブログでご紹介した、劇場付きの素敵なゲストハウス。

入った瞬間に、俳優兼スタッフの杉山さんが「『かもめと街』の・・・!」って思い出してくれたのを聞いて、なんだかすごく嬉しかったです。

杉山さんは街のことを教えてくださったり、来ているお客さん同士をさりげなく繋げようとしてくださるので、お会いするたびにお人柄に引き込まれてしまいます。

今回もこちらの個室で、のんびりリフレッシュさせていただきました。

 

ここに1週間くらい泊まって、この部屋でブログ書いたり本読んでみたい・・・

 

 

そうそう、「犀の角」で出会った下諏訪のゲストハウス「マスヤゲストハウス」のスタッフさんに、下諏訪のおすすめ情報たっぷりお聞きしました!そのうち行ってレポしますね。

 

信州の旅行おすすめプラン!東京から上田市と別所温泉を1泊2日で楽しむ旅 2日目

2日目

さて!この日は上田市観光をめいっぱい楽しみましょう。帰りのバスは16時すぎ。

(わたしは午前中にコワーキングスペース「ハナラボ・ウンノ」でお仕事をしていました。)

「犀の角」がある商店街は、レトロな看板や詩が描かれていたりして素敵なんです。

 

 

 

 

上田市の街歩きなら、フォトジェニックな「上田映劇」や、柳町で雑貨屋さんやパン屋さんへどうぞ。

上田映劇はこんなところ。

 

 

柳町

古民家を改築したパン屋「ルヴァン」・雑貨屋リベルテ・ブックカフェ「コトバヤ」へどうぞ。

 

「ぜにぎり」で自由なアートに触れる。長野県上田市・NPO法人リベルテで見つける「わたしだけのたからもの。」

 

ブックカフェ・コトバヤさんの居心地の良さは唯一無二。

 

家からこのお店にワープできる権利が欲しいです。

 

 

店主タカハシさんの趣味が高じて始めた、「タカハシハンコ店」の作品を見せてもらいつつ、ゆっくり休憩。

 

すごいんですよ、消しゴムはんこのクオリティが!!!

上田映劇に行くと、上映作品のハンコが押せるそう。もうね、「上田のナンシー関」って名付けちゃいましたよ。

コトバヤさんについても、追って記事にしますね。

 

そうそう、上田のランチは石釜ピザ屋「カドッコ」がおすすめ!

柳町でランチなら、パン屋「ルヴァン」へどうぞ。(4年前にお邪魔したのですが、パンもスープも絶品でした!)

 

12:00 カドッコでピザランチ

柳町と少し離れますが、(歩いて20分くらいかな)、オススメのごはんやさん!

上田在住の友人が全力でおすすめするので、絶対行かなきゃと思っていました。

ブックカフェ「NABO」の近くにありますよ。

道の角にあるから「カドッコ」。

 

古民家をリノベーションした、素敵な店内。

 

 

新鮮な野菜の焼きたてピザが楽しめます!(詳細は追って記事にします)

 

食べ終わったら、ゆっくりと柳町を散策がおすすめ。

 

16:08  上田駅を出発。池袋駅行きの高速バスへ。

夕暮れどき、長野のうつくしい山々を眺めながら旅の思い出を振り返りましょう。

途中トイレ休憩をはさみ、19:30ごろ池袋駅に到着!

おつかれさまでした☆

 

温泉もごはんも、レトロな建物も楽しめちゃう別所温泉・上田市弾丸ツアー、お試しあれ。

東京下町案内 | 東京案内 | 長野案内 | その他の街

 

 

「生きた時間と空間を可視化する」がコンセプトの、新木場CASICAへ。 南風食堂監修のからだにやさしいご飯や、一緒に時を過ごしたくなる日用品の数々。 古道具や家具のバリエーションが豊富な店内を写真60枚以上でレポートします。 詳細はトップページのリンクより。 Webマガジン『かもめと街』 #かもめと街の東京案内 #新木場 #新木場casica #casica #焚火工藝集団 #古道具 #古道具屋 #家具 #日用品 #うつくしいもの #shinkiba #散歩 #tokyocafe #東京カフェ #南風食堂 #雑貨屋巡り #雑貨 #雑貨屋さん #多肉植物 #多肉 #plantlife #plants #cafe #bookcafe #casabrutus #tokyo #tokyolife #zakka

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK