散歩のご褒美

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

目的地までイージーに効率よく行くのも楽だけど、寄り道するからこそ見えてくるものだってある。

わたしは、あてもなく散歩するのが苦手だ。

目的地を定めないと、いつまでも出かけられないタイプのわたしは「とりあえず出よう!」ができない。

休日の貴重な時間を場所ぎめに費やしてしまって、調べ疲れて「もう今日は家でゆっくりする」と投げやりになる日が多い。

けれど、下町に引っ越してから「まぁ、とりあえずあの辺に行ってみよう」とゆるくエリアを決めて出てみると、それだけでおもしろい場所が見つかる。

 

「うわ、このタイルがかわいいビル・・・たまらないな」

「この狭い路地のお店、孤独のグルメに出てきそうで気になる」

「次はここでランチしてみよう」などなど。

 

そうやって、とりあえず気になったお店をGoogleマップに登録しておいて、暇さえあれば眺めている。

ある人にとっては定番でも、別の人にとっては知らない場所。

そんなところは情報を追いきれないくらいたくさんあって、きっといくら情報通になったとしても全ては追えない。だからこそ、おもしろい。

 

第一線でずっと活躍されている、プロの編集者さんが言ってた言葉を思い出す。

「やっぱりね、情報は足で稼いだ方がおもしろいのが見つかるんですよ。これは絶対そう。」

 

ネットや誰かの情報で歩くのもたのしい。けれども、自分でわくわくする種を見つける気持ちは忘れたくないな。そんな風に思った。

 

最近の散歩で見つけた、ワクワクしたお店は喫茶店「エド」。

コーヒーが230円。サラリーマンの憩いの場所・馬喰町の喫茶店「エド」へ

 

散歩のごほうびは、偶然好みの店に出会ったときに感じるもの。

面倒がらずに、回り道する過程をもっと楽しめるようになりたい。

 

 

知られざる街の魅力をお届けします

 

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿

 

SPONSORED LINK