北欧の暮らしが体感できる!メッツァビレッジ(11月9日オープン!)へ行ってきました!

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

陽の光を浴びながら、湖を目の前にした丘にレジャーシートを敷いてひなたぼっこ。

いつもはせかせかと暮らす毎日だけれど、たまの休日くらい時間を忘れてのんびりしたい。

そんな人にぴったりの施設が2018年11月9日にオープンします。

その名は「メッツァ」。北欧カルチャーが味わえる、埼玉県飯能市にオープンする大型施設です。

今回、ブロガー仲間(というか大先輩)のニシマツさんがメッツァのアンバサダーをつとめてらっしゃる関係で、オープンに先がけて一緒にお邪魔させていただきました。

ニシマツさんは「名古屋かき氷めぐり」を運営されており、いつも美味しそうな情報をたくさん届けてらっしゃいます。ぜひそちらもご覧くださいね!

 

メッツァビレッジは、オープン前で店舗の中などは未完成だったのですが、素晴らしい景色が広がっていたのでご紹介させていただきます。

 

 

メッツァビレッジとは?

埼玉県飯能市の宮沢湖にオープンする大型施設「メッツァ」は、北欧文化が楽しめる場所。

メッツァは、2018年11月9日にオープンする「メッツァビレッジ」と、2019年3月16日にオープンする「ムーミンバレーパーク」の2つからなる施設です。

 

東京からメッツァへ電車とバスでの行き方

メッツァへ東京から行く方法ですが、正直あんまりアクセスは良くありません・・・!車で行くのがベストかな。なお、駐車場は予約制とのことですので、メッツァのホームページにてご確認を。

今回は電車で向かったので、わかりやすい行き方をご案内しますね。

 

池袋駅から飯能駅まで

JR・東京メトロ各線の池袋駅から、西武池袋線の飯能行き電車でどうぞ。池袋駅が始発なので、早めに行けば座れますよ。

ちなみに最速で行く方法は、西武池袋線池袋駅から「特急レッドアロー号」で行くのがオススメ。池袋駅から飯能駅まで約40分で到着しますよ!乗車賃と別にあらかじめ特急券を購入してどうぞ。(飯能までの特急券 ¥500)

※JR・東京メトロから乗り換えて「特急レッドアロー号」に乗る際は、池袋駅東口から西武池袋線へどうぞ。地下の南口からだと、池袋線のホームを経由するので遠いです。

 

飯能駅から宮沢湖まで

飯能駅北口を降りてすぐ、目の前のバス乗り場へどうぞ。

 

バスに揺られること約15分ほどで「宮沢湖」へ着きます。(今後直通バスも通るそうなので、詳細はホームページでどうぞ)

こちらがメッツァの入り口。(メッツァビレッジ・ムーミンバレーパークとも同様)

うん、ふつうに森。それがまた、いい。

 

メッツァビレッジの見どころ

メッツァビレッジは大きく分けて3つの施設があります。今回はまだテナント部分は工事中で非公開だったため、聞いたお話だけ。

 

 

「マーケットホール」という物販の建物では、マリメッコやイッタラなど北欧好きにはおなじみのブランドが勢揃い。他にも北欧雑貨がたくさん楽しめるテナントが入るそうですよ。

絶賛工事中

 

「バイキングホール」では、埼玉県飯能市の野菜などが買えるコーナーや、スモーブローなどの北欧料理が楽しめるレストランも。また、マーケットホールとバイキングホールは連絡通路で繋がっているのですが、そこから眺める宮沢湖がきれいなんだそうですよ。

 

クラフトビールを販売するお店もあるそう!

空が広くて、開放感のある施設

 

また、宮沢湖を囲む施設の真ん中には、湖を眺められる丘のような広場があります。施設外の自然はそのままで、いかに自然をいかして作るかということを意識されたとのこと。

晴れた日にはレジャーシートを持って、お昼寝でもしたいですね。これからの季節、紅葉もきれいそう。(そもそも紅葉するのか聞きそびれましたが。。。)

 

 

 

宮沢湖は、その下にある農地のための農業用の湖なんだそうで、今も実際に使われているとのこと。湖の水は汚さずに気をつけましょうね。

 

 

メッツァビレッジのワークショップ

北欧のダーラナホースが作れるワークショップを体験させていただきました。こちらは予定価格 ¥800という安さ。地元の木材を使って、糸のこでかたどられた馬に色をつけていきます。

 

不安そうなわたしの馬

 

絵の下手さをカバーすべく、シンプルに徹した完成がこちら。

 

絵付けのやり方を教えてくれるのかと思いましたが、オールフリーな感じで好きにやらせてくれるタイプのワークショップでした。

かわいい参考書類あり

 

紙やすりでなめらかにして、色を塗る作業。子供心に帰れて楽しいですよ。エプロンなどを忘れずにどうぞ。

 

メッツァビレッジでは、実際にカヌーを作るワークショップもあるんだそうです!!

 

製作には40日間とのことで、ワークショップというか、職業体験みたいだなと思いました。

カヌーに乗る体験もできるそうで、ムーミンバレーパークの方まで遊びに行けるんだとか。これはムーミンの世界が楽しめそうですね。

まさにムーミンの世界!灯台が見える!

 

「ムーミンビレッジ」は湖の奥の方で展開されるそうで、メッツァビレッジを通って入り口へ向かう形になるとのこと。メッツァビレッジからはムーミンの世界に出てくる灯台がちらっと見えました。

 

メッツァビレッジのランチ

今回特別にいただいたのが、こちらのセット。

シナモンロール・具沢山のミネストローネ・ミートボール・ドリンクで、予定価格 ¥1500程度とのこと。

ミネストローネもとっても美味しかったです!スタバも入るとのこと。

 

見てください、このミートボールのフォトジェニックさ・・・!かわいい!

 

海外では、こんな風にワッフルに入れて食べる場所もあるらしく、それをイメージして作られたとのことでした。濃厚なチーズソースが美味しい!

こんな景色を眺めながらのんびりご飯を食べるだけで、ごちそうのような時間が楽しめますね。

 

他にも、北欧料理が楽しめるレストランや、埼玉県のサイボクハムさんなども入るとのことなので、グルメ的にも楽しめそうな施設になりそう。

また、北欧の某ブランドが手がけるカフェも出来るそうで、そちらでは期間限定のうつわで楽しめるメニューなども展開予定だとか。こちらは順次展開予定のこと。

 

メッツァビレッジのおすすめポイントまとめ

わたしが感じたおすすめポイントはこちら!

  1. 都心から離れて、のんびり湖を見ながらリラックスできる
  2. フォトジェニックかつ美味しい!ミートボールが食べられる
  3. かわいい北欧ブランドがずらりとお買い物できそう

 

オープンしたらぜひ様子を見に遊びに行こうと思います!

 

メッツァ施設情報

メッツァ

 

次に読むなら、北欧キッチンのお得なセールについて

北欧好きならチェックしたいプロキッチンのセールのレポートをどうぞ。

北欧キッチン・食器が勢揃い!イッタラ・アラビア好き感涙のプロキッチンのアウトレットセールへ

 

 

知られざる街の魅力をお届けします

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#かもめと街の東京案内 蔵前にある焼き菓子専門店「菓子屋シノノメ」が、以前の場所の近くに移転オープン! お店の規模も大きくなり、2階にはカフェもオープン予定。 古道具を取り入れたうつくしい店内と、 コーヒーにぴったりなおいしい焼き菓子。 ブログでたっぷりご紹介してます! #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとり旅女子 #浅草 #浅草カフェ #cafetime #カフェ好き #カフェランチ #coffee #coffeetime #おやつ #おやつtime #パン好き #菓子屋シノノメ #flavorcoffee #tokyocafe #蔵前 #kuramae #蔵前カフェ #蔵前さんぽ

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK