松本市コワーキングスペースknower(s)に行ってきた!

SPONSORED LINK







こんにちは!

長野に恋するブロガー&ライターのチヒロ(@kamometomachi)です。

「ときどきナガノ」の活動では、「長野に来て、仕事して、泊まって」というのが条件なんです。

その土地のコワーキングスペースを活用して仕事をします。

 

「コワーキングスペースってなに?」

 

そうそう、そんな方もいらっしゃるはず。

 

コワーキングスペースとは?

コワーキング(Coworking)とは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。一般的なオフィス環境とは異なり、コワーキングを行う人々は同一の団体には雇われていないことが多い。[1]通常、在宅勤務を行う専門職従事者や起業家、フリーランス、出張が多い職に就く者など、比較的孤立した環境で働くことになる人が興味を持つことが多い。[2]

コワーキングは独立して働きつつも価値観を共有する参加者同士のグループ内で社交や懇親が図れる働き方であり[3]、コスト削減や利便性といったメリットだけではなく、才能ある他の分野の人たちと刺激し合い、仕事上での相乗効果が期待できるという面も持つ。

引用:コワーキングスペースとは?(Wikipediaより)

パソコンで仕事している人や、読書、ミーティングなどをしている人も。

ふつうに勉強している方もいて、喫茶店に行くよりも集中できて良いですよ!

 

今回は、長野県松本市のコワーキングスペースにお世話になりました。

 

松本市コワーキングスペース knower(s)の外観

松本市のデザインセンス、こちらでも発揮されてますね…めちゃくちゃお洒落な山小屋ふう。

 

 

松本市コワーキングスペース knower(s)の内装

奥の席から外はこんな感じに見えます!

 

松本市 コワーキングスペース

 

ステキ…!

街の中にいるのに、山小屋にいるかのような感覚で、すっかり集中して作業できました。

こういうDIY感がありつつ、モダンな空間、ツボです。

天井が高くて開放感があります。

スタッフさんによると、もともとこの場所は楽器店だったそうですよ。

 

 

壁側は集中したい人向け。ちょっと奥行きは狭いかなぁ。

まわりの棚には、ビジネス本や自己啓発、その他もろもろ、ぎっしり本が揃ってます。

なので、読書にもぴったり。

 

松本市コワーキングスペース Knower(s)のサービスについて

 

もちろん、Wi-Fiも電源も完備。

なんと、MacBook貸出のサービスもありました…!(3時間1080円)←気づかず、いつものようにスマホでブログを書いてました。

 

料金形態は、

1h ¥200 (1drink)

3h ¥500 (フリードリンク)

1日 ¥1000 (フリードリンク)

フリードリンク付き。(コーヒーはドリップタイプ、ネスカフェから選べます。)

スケジュールはこちらから→

松本市コワーキングスペース Knower(s)を利用した感想

松本市 コワーキングスペース

松本駅から徒歩7分。お城口をでて左の道をずーっとまっすぐ。途中にセブンイレブンがあります。

近くにはラボラトリオ や10cmなどの魅力的なショップもあって、ひと休みにもちょうどいいです。

コワーキングスペースでは、スタッフさんが優しくて、とても丁寧に説明してくださいました。なので、コワーキング初心者も安心して利用できます。

コワーキングスペースというと、フリーランスしか使えないイメージがありましたが、どういう風に活用するのでもいいんです。読書でも勉強でも。

こういう場に行くことによって、新しいつながりもできますしね!

今回「ときどきナガノ」で来たことをお伝えし、ブログの紹介をさせていただいたところ、フリーカメラマンのスタッフさんがすぐにブログを読んでくれました。

しかも、すごく褒めてくれて励ましてくれて、、とても嬉しかったです…!

勉強会などのお誘いもいただき、情報を集めに行くスペースとしても活用できるなと感じました。

いろんな立場の方がいらっしゃるので、お話を聞くだけでも勉強になりますよー

ぜひ活用してみてくださいね!

Knower(s)

平日・土日 12:00-17:00(祝日休み)

※営業スケジュールは、HPの「event」を参照。

SPONSORED LINK







松本市 コワーキングスペース