純喫茶で東京をめぐる旅 vol.4 向島〈カド〉で生ジュースを

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

SPONSORED LINK







場の雰囲気にどれほど力をもらっているか、ということをひしひしと感じる2020年。

好きな喫茶店やカフェへも行けなかった自粛期間を過ぎ、気をつけつつ散歩してはいるものの、まだ遠出はしづらい。

3ヶ月に1度くらい、ちょっとした旅へ出るのがルーティーンで、そこでようやく変わらない日常と折り合いをつけられるのに、それすらできない夏を過ごし気づけば秋。久しぶりにライブへ行ったら「いま求めてたのは没入感だったんだ…!」と切に感じました。

そんな没入感が感じられる喫茶店が東京下町・向島の〈カド〉。

喫茶店はそれぞれ独自の文化が育まれていて、なにひとつ同じような店はないと思っていますが、とはいえここまで濃度の濃い店はないのでは…!

3年ぶりに伺ったものの、その濃さにしばらく圧倒されて30分くらい無言に…。マスターと話したいけど、見れば見るほど〈カド〉には不思議がいっぱいで発見がある。

ようやく目が慣れてきた頃には、博識なマスターのおしゃべりが止まらず、出る頃には舞台でも1本観たような満足感。

「ほら、芸者さんが外歩いていますよ」と窓の向こうを指すから身を乗り出したら、「まあ、この辺はそういう街だから、珍しくはないけどね(向島は今でも料亭がある花街です)」って。

親切と素っ気なさのバランスがちょうどよくて、わたしの好きな下町の喫茶店ってこういうところなんだよな…と改めて感じました。

 

純喫茶で東京をめぐる旅 vol.4 向島〈カド〉で生ジュースを 店舗外観

向島の喫茶店〈カド〉のある場所は、どこの駅からも遠くて、押上駅から約15分。浅草からだと隅田川に架かる桜橋を渡って街へ降りてすぐ。

と言っても、浅草駅から桜橋を渡りきるまで15分以上はかかると思いますが。

裏ルートとしておすすめなのは、上野にある台東区役所付近の大通りから都バス「草39 金町駅前」へ乗り「向島二丁目」で降りると、ほぼ歩かないですみます。

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

道路の角にあるから「カド」。外側から見ると、一見喫茶店があるようには見えにくいのですが、この看板が目印です。

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

外から中の様子がほぼ見えないところも良い…。

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩 純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

 

純喫茶で東京をめぐる旅 vol.4 向島〈カド〉で生ジュースを 店内

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

向島〈カド〉は創業63年目。特徴的な内装は、作家・志賀直哉の弟である直三さんが手がけています。先代であるお父様が知り合いだったとのこと。

ずらりと並んだ絵画は、西洋美術が好きだったお父様のコレクションで何十枚もあり、毎年入れ替えているそう。久しぶりに来たとはいえ、印象が違うなと思った理由はそこにありました。

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩 純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

 

SPONSORED LINK

店内のどこもかしこも装飾に溢れていて圧倒されるはず。ここ、重要文化財に指定してほしいです本当に。

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩 純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

純喫茶好きには聖地のような場所ですが、夏は駅から遠いこともあってわりと空いているそう。

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩 純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

 

SPONSORED LINK

先代であるお父様が60年ほど前に始められた〈カド〉。

「親の形見だと思ってるから続けられる」という、マスターの言葉を聞きながら店内をくまなく見渡すと、ひとつひとつは古いものなのに、きちんと手をかけているのが伝わってきます。

あまりに古くて、直せる人がいないから、天井も自分で直しているそうですよ…!

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

店には古い蓄音機に、大正時代の扇風機まで!配線も劣化したのをご自身で直すとか…!いちいち驚いていると「だって直せる人がいないから」と。

このストーブもかわいい…!

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

鉄格子にレースのカーテンで外の世界と遮断されていて、それでいてほの明るいのも好き。

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩 純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

 

SPONSORED LINK

「昔はレコード1枚が高価だったから、みんなで一緒に買うとか、店で聞くとかしかできなかったんですよ。だから名曲喫茶があるわけで」と、文化的な文脈を解説してくれるのが楽しくて、延々と聞いちゃいます。

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

知識の奥深さに心底驚きますが、〈カド〉のマスターの素敵なところは、そういうのを語りつつも、知識がない人を見下したりはしないところなんだよなぁ…。

わたしがボソッと話しかける前まではずっと静かだったので、きっと話したそうにしている人には話してくれるのだと思います。

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩 純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

 

 

SPONSORED LINK

純喫茶で東京をめぐる旅 vol.4 向島〈カド〉で生ジュースを メニュー

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

〈カド〉の名物は生ジュースとくるみパン。喫茶店といえばコーヒーですが、生ジュースがメインなのはめずらしいかもしれませんね。

〈活性生ジュース〉は、れっきとした野菜ジュース。

純喫茶 東京 喫茶店 生ジュース 向島 カド レトロ ノスタルジック 下町散歩

その場で野菜を切ってミキサーにかける、フレッシュな野菜ジュースです。セロリが効いていて、からだの中からきれいになれそうな味わい。しっかりと飲みごたえのあるジュースです。

たしか前に来たときは、いちごのジュースとくるみパンのサンドウィッチにしたような。自家製のくるみパンは持ち帰り用の販売もあって、常連さんがささっと買いに来るのが印象的でした。この日は夕方に行ったので持ち帰り用は売り切れでした。

唯一無二の独創的な喫茶店〈カド〉、ぜひ向島散歩へどうぞ。

created by Rinker
¥1,980 (2020/10/28 11:07:06時点 Amazon調べ-詳細)
〈カド〉の魅力は〈好きよ、喫茶店〉にもたっぷりと。素晴らしい本なので読んでほしい

純喫茶で東京をめぐる旅 vol.4 向島〈カド〉店舗情報

関連記事:純喫茶で東京をめぐる旅 vol.3 五反田

純喫茶 五反田 東京 おすすめ CAFÉ TOUJOURS DÉBUTER カ フェ トゥジュール デビュテ

純喫茶で東京をめぐる旅 vol.1 五反田〈CAFÉ TOUJOURS DÉBUTER カフェ トゥジュール デビュテ〉

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事