悲しみに効く、ごはんの魔法

SPONSORED LINK







去年の暮れ、突然の悲しい知らせが届いた。

普段あまり連絡を取らない人からの一文を読んで、しばらく体が動かなかったのも当然の出来事で。

現実と捉えるには時間がかかる。ああ、もっと早く会いに行けば。もっと普通の話をたくさんしたかった。こんな後悔したくなかった。

夜ごはんを食べた瞬間、「こんな風に温かい食事をすることもできなくなったのか」と、箸が止まった。
数少ない思い出を頭に浮かべると、どれだけ優しくしてもらったことか、と涙が止まらなくなった。

それでも、翌日は大切な取材があって。
予定を調整することもできたかもしれないけれど、貴重な時間を空けてくれていること、それに、今やるべきことはきちんとやるべきだと思い、いったん気持ちに封をして、片道1時間半の電車に揺られた。

「大丈夫、今は切り替えよう」って。

仕事があるからこそ、今までもつらいピンチを乗り越えてきたから、今日は大丈夫。
そう願って目的の場所へ向かった。

 

「お待たせしました、今日のランチです」

そう言って出された、野菜のグラタン。こんがりとしたチーズの焦げ目と香ばしいかおりが食欲をそそる。

ひとくち食べて、丁寧に作られた味わいに心を奪われた。

あつあつ、トロリとしたホワイトソースのクリーミーな舌触りと野菜のうまみ。なぜか、食べた後も胃が重たくない。

 

ただ「おいしい」と味わうこと。
散漫になっていた心が一気に、今ここにある「ごはん」に集中する。

そのことが、哀しみややり切れない思いから、いったん自分を切り離してくれる。

 

「ふつうの料理をていねいに作って出しているだけですよ」

作っている人の気持ちが入っている料理は、自然と食べる側に届く。

ひとりで立ち上がれないときこそ、無意識のスイッチで心に魔法をかける。

自分ではない誰かが心を込めて作ったごはんのおかげで、腹の底から元気が沸くのを感じた。

 

関連記事:好きなものをたくさん持つ効能、とは。

好きなものをたくさん持つ効能、とは。

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事