2018年8月に観たい展示7選まとめ!美術館・ギャラリーの展示スケジュール

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

ギャラリーや美術館へ行くのが好きです。

ふだんは家で本を読む時間が心地いいと思っていますが、視覚的に心を動かされたい時が定期的に訪れます。

むしょうに展示に行きたい時に限って、観たいと思っていた展示が終わっていたりして。

展示って、見るだけでけっこう体力使うんですよね。見て、自分の中に取り込んであれこれ考えてみたり、衝撃を受けたり。

そして今年の夏は、なんと言っても暑すぎて部屋にこもりがち。

でも、ずっと篭っていると心の中がよどみがちになることもしばしば。それなら暑くても涼しい美術館へ足を運んだ方が健康的ですよね。

ということで、今わたしが観たい展示をずらっと並べてみました!

お盆休みや、週末、ちょっと時間の空いたときにぜひ気軽に訪れてみてくださいね。

 

2018年8月に観たい展示まとめ!美術館・ギャラリーの展示スケジュール

それでは早速ご紹介していきます!

BENTO おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン@東京都美術館(上野)

上野公園にある、東京都美術館で開催中の「おべんとう展」。

 

お弁当を作るのは苦手ですが、人のお弁当の写真を見るのが大好き。それは、おべんとうには、作る人と食べる人のストーリーが想像できるからかもしれません。

お弁当って日本独自の文化らしく、近年海外でも注目されているそうですよ。曲げわっぱのお弁当箱が人気だとか。

子どもも大人も一緒に楽しめる展示だそうなので、夏休みに良いかもしれませんね!8月中の金曜日は20時まで開館しているそうなので、仕事帰りにもぜひ!早くいきたいなー!

詳細は、東京都美術館のサイトへどうぞ。~10月8日(月・祝)まで開催。

BENTO おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン

 

ニッポンおみやげ博物誌@国立歴史民俗博物館(佐倉市)

「お土産の歴史をひもとく」という視点、新しいなぁと思いました!

「こんなところに行ってきたよ!」と楽しい気持ちをおすそわけする気持ちでお土産を買う。

今思えば「何故こんなものが売られてるんだろう?」と思えるような謎のお土産たち。あなたの記憶にあるお土産に出会えるかもしれません。

江戸時代には有名な「旅マニュアル」があったんだそう!もうこれだけで気になります、この展示。

 

詳細は、国立歴史民俗博物館へ。9月17日(月祝)まで開催です。

 

ふるさとの駄菓子展@LIXILギャラリー(京橋)

江戸時代から現在までの駄菓子の歴史を辿る展示。かりんとうやねじりおこしなど、懐かしい駄菓子のスケッチや模型なども紹介されるそうですよ。

 

詳細は、LIXILギャラリーへ。8/25(土)までの開催です。

 

ビーマイベイビー 信藤三雄レトロスペクティブ@世田谷文学館

日本の音楽シーンのビジュアルを彩ってきた信藤三雄さんの展示。特に30代以上の方は「ああ、あれね!」と懐かしいCDジャケットにたくさん出会えるはず。

ピチカート・ファイヴやフリッパーズギターなど渋谷系ミュージックのジャケットがとても印象的で、今見ても本当にお洒落なんですよ・・・!

SMAPが1995年に出したアルバム「007」も信藤さんのデザインで、めちゃくちゃかっこいいんです。当時アイドルのジャケットなのに本人出てないって話題になったなぁ。

 

 

詳細は世田谷文学館へ。9/17(月・祝)まで開催。

 

Found MUJI  #Suomi Finland@Found MUJI有楽町・表参道

無印良品の「Found MUJI」にてフィンランド特集。2店舗で同時開催後、各店舗を巡回するそう。

フィンランドのプロダクトデザインは、使い勝手が良くて見た目もうつくしいので、どんなものがチョイスされているのか楽しみです。お財布のヒモが緩みそうでキケン。

 

 

詳細は「Found MUJI」へ。表参道と有楽町は8/23(木)まで。

 

日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 フィンランド陶芸 ―芸術家たちのユートピア@目黒区美術館

フィンランドつながりでもう1つ。

日本でも、北欧のうつわなどの「日常使いできる」プロダクトが注目される昨今ですが、こちらの展示は「芸術」という視点で見た、陶芸作品の展示だそう。

北欧のプロダクトデザインが、日本のうつわなどにも影響を受けていたという話を聞いたことがあるのですが、これを見たらその共通点を見いだせるかもしれませんね。

詳細は目黒区美術館へ。9/6(木)まで。

フィンランドといえば、アルヴァ・アアルト展も9月から神奈川県立近代美術館葉山で行われるので、そちらも要チェックです!

 

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。@東京ステーションギャラリー

淡い色づかいと、子どものありのままのかわいい姿を描く画家・いわさきちひろさん。

祖母が昔好きだったようで、わたしの名前の由来はいわさきさんから取ったようです。子どもの頃は絵の良さがわからなかったけど、大人になるにつれ、その魅力にとりつかれました。

愛がないと、こんな風に子どもの姿を描けないと思うんですよね。

いわさきさんのことを知ろうとすると、避けて通れないのが戦争の話。この夏に展示を見る意味、きっとあると思います。

 

詳細は、東京ステーションギャラリーまで。9/9(日)まで開催です。

そうそう、今年はいわさきちひろ生誕100周年ということで特設サイトが用意されていました。すごく素敵!

 

ということで、わたしが見たい展示をずらっと7つお届けしました!他にもありそうな気がするけど、とりあえず全部行きたいな・・・!

ぜひ、気になった展示があったら足を運んでみてくださいね!

 

知られざる街の魅力をお届けします

 

人形町で230年続くお店「ロン」へ。 喫茶店の扉を開けると、むせかえるくらい昭和のレトロモダンな雰囲気。 うっとりと、静かにお茶できるお店。 大好き。 #かもめと街の東京案内 #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #hanako #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとりっぷ #ひとり旅女子 #喫茶店 #喫茶店好き #人形町カフェ #人形町 #人形町ランチ #人形町ロン #喫茶店巡り #喫茶店めぐり #喫茶店好きな人とつながりたい #日本橋フォトコン #greater日本橋

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK