有楽町でコーヒーを。駅前の「ローヤル」で美しいステンドグラスに出会うモーニング

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

朝のラッシュを少しだけ過ぎた有楽町駅前。

せわしなく歩くサラリーマンや、大きなトランクを持った旅行客。

海外へ行くためのパスポートを取りに、駅前の東京交通会館へ。

この交通会館は、三省堂書店や北海道などの物産店が入っていたり、時が止まったかのような渋いお店が混ざり合っている施設。

地下へ向かうゆるやかな螺旋階段を下ると、きらびやかなステンドグラスに目を奪われた。

ひさしぶりに、有楽町でモーニング。

東京交通会館の地下にある老舗喫茶店「ローヤル」へ。

 

 

有楽町のコーヒーなら。老舗喫茶店「ローヤル」へ 店舗外観

お店の前には、いろんな雑誌の切り抜きがずらり。最近の喫茶店ブームでたくさん取り上げられているようです。

 

このレトロなロゴもすごくかわいい!この右手にショーウィンドウとシャンデリアがあって、レトロ感をより生み出しています。

 

有楽町のコーヒーなら。老舗喫茶店「ローヤル」へ 店内

美しいステンドグラスから差し込む光がきれい。

うっとりする真紅色のまあるいソファタイプの椅子。こういう椅子、座り心地良くて好きです。

 

今回は手前のエリアに座ったのですが、奥にもかなりスペースがありそうでした。

平日9時過ぎに行ったところ、とても空いていました。ラジオが流れていて、愛煙家の常連さんがちらほら。

有楽町駅って、かなり前に丸井ができて駅前が整備されてからOLさんが集まるイメージがあるのですが、こんな駅前にディープな場所が残っているのがたのしい。

ウェイターさんも白シャツにネクタイ姿のおじさまたちで、のんびりした空気。

 

有楽町のコーヒーなら。老舗喫茶店「ローヤル」へ モーニングメニュー

モーニングは厚切りトーストとサラダ、ゆで卵にコーヒーで550円。

有楽町駅前でこの価格でモーニングって安くないですか・・・?

銀座の喫茶店トリコロールのモーニングも厚切りトーストだったのですが、このあたりのモーニングは厚切りが定番なのかな。

 

ほぼワンコインで、朝からおなかいっぱいになれるところもサラリーマンの強い味方なのかもしれませんね。

ぜひ有楽町でゆっくり休憩したくなった際はどうぞ。

 

有楽町のコーヒーなら。老舗喫茶店「ローヤル」へ 店舗情報

ローヤル

 

次に読むなら、銀座の老舗喫茶店「トリコロール」で貴族のような優雅な朝を

有楽町からもすぐの銀座エリアで、優雅な朝を迎えたい人はこちらのモーニングをどうぞ。

貴族のような休日の朝を。銀座の老舗喫茶店「トリコロール」へ。

 

知られざる街の魅力をお届けします

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【ブログ更新】 #かもめと街の東京案内 1962年創業・浅草の「ローヤル珈琲店」をご紹介します。 ・華やかな夜のバーのような雰囲気が素敵 ・ゆったりと休憩できる空間 ・あつあつのホットサンドがおいしい ホットサンドの写真はないけれど(すみません!)、店内の写真たくさん入れたのでぜひどうぞ! #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとり旅女子 #浅草 #asakusa #浅草観光 #浅草カフェ #cafetime #カフェ好き #カフェのモーニング #coffee #coffeetime #喫茶店巡り #喫茶店めぐり #喫茶店好きな人とつながりたい #純喫茶 #純喫茶好き

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK