東京蚤の市に行ってきた 2017.5

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

混雑を避け…というよりも予定が押し押しで、クローズ40分前に会場に着いた。
昨日が大雨だったからか、終わりの時間でもなかなか人多かったな…とはいえお昼よりかはマシだろうけど。

やっぱりね、1時間見るくらいがちょうどいいな。駆け足でさーっとまわるくらい。

 ディスプレイを見るだけでもほんと楽しい!
このドライフラワーきれいだったなー!


棚がほしい、と思いつつ、なかなかドンピシャなサイズを探すのは至難の技。


塗装を剥がして木の持つ味を生かしてるっていうお店もあったな。古いミシン台のテーブルも可愛かった。(ほぼ完売)

でも悩む!ここで見て雰囲気良くても自分の家に合うかどうかは見極めないと。。
いちばん欲しかったのは、デッドストックのクロス。たぶんフィンランドのじゃないかなぁ…


vokko

あとはこういう、ちんまりした小物のディスプレイにときめく。

時間をかけて、好きなものを集めていきたいな。ものは出会いなので、あせらずに。

 手紙舎のイベントで、気になるお店を見つけて旅するように巡れたらいいな。



終わった後も出展者リストでじっくり楽しめる。

shop index

 

SPONSORED LINK