浅草・上野など下町エリアの夏イベント5選まとめ「今日、ここ行こう!」

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

夏はイベントの季節。街の盆踊りから、大きなお祭り、そして普段は見られない動物園の夜の開館。

全国各地で楽しそうなイベントが盛りだくさんなのが、夏の時期。毎日暑いのはしんどいけれど、非日常感が高まる夏の雰囲気も好きです。

今日は、今月開催される下町エリアのイベント情報をざっくりまとめてみました。

お祭りを見にいくのもよし、盆踊りに参加するもよし、写真を撮りに行くのもよし!

ぜひ、下町エリアへ遊びにいくきっかけになればうれしいです。

 

浅草・上野など、下町エリアの気になる夏イベントまとめ「今日、ここ行こう!」

では早速、エリアごとにまとめてご紹介していきますね。

浅草の夏の見所をご紹介。浅草エリアの気になるイベント

隅田川とうろう流し

亡くなった人への思いや願い事を書いた灯篭を隅田川へ流すことができるイベント。

下町の夏は、悲しい出来事と切っても切れない関係にあるなぁと改めて思うのは、こちらのイベントは関東大震災や東京大空襲で亡くなった方への弔いで、昭和21年から開催されていたと知ったから。

わたしが子どもの頃は開催されていなかったのですが、昭和41年まで行われていて、隅田川テラスの整備に伴って平成17年から再開されたようです。

2018年の開催は8月11日(土)。郵送での事前申し込みは終わっていますが、前日まで観光協会に直接申込みできるそう。当日の申し込みは現地で14時から。なくなり次第終了だそうなので、できれば前日までに申込みが安心ですね。(参加費1500円)

詳細は「365ASAKUSA」でどうぞ!

 

浅草サンバカーニバル

浅草の夏といえばこちら。8月の終わりに開催される「浅草サンバカーニバル」。

2018年の開催は8月25日(土)です。

子どものときから「なんで浅草でサンバなんてやるんだろう?」とずーっと疑問に思っていました。

今回、その由来を調べてみたところ、昭和30-40年代にかけて、当時の台東区長と浅草で活躍されていた喜劇俳優の方が、浅草の街を盛り上げるために発案したものなんだそう。

こういう由来を知っていくと、見ているだけだったお祭りも感慨深く見えてきますね!

毎年だいたいチラッと見にいくくらいなのですが(混んでるので・・・!)、何度見てもめちゃくちゃ刺激的。ほら、衣装とかすごいし。

出番の前に隅田公園のあたりで集合している団体の方がいたりするので、この日の浅草はブラジル感満載!

そうそう、ゆるい着ぐるみダンサーズみたいな団体もあるので、見ててほんとに楽しいです。ちなみに出場者も募集しているみたい。 本格的なダンスや音楽を聞いていると、じょじょにサンバのリズムに飲み込まれること間違いなし!

(実は、小学生のときに楽器隊で参加したことあります・・・!あの時は「だるい・暑い・鉄琴重いから早く終わって」としか思ってなかった)

詳細は浅草サンバカーニバル公式ページへ!

 

上野の夏の見所をご紹介。上野エリアの気になるイベント

上野動物園が夜20時まで開館!「真夏の夜の動物園」

お盆の時期に開催されている、「夜の上野動物園」が見られるイベント。2018年の開催は、8月10日(金) ~ 8月16日(木)で、開館時間が20時まで延長されます。(入場は19時まで)

数年前に一度行ったのですが、気軽な気持ちで行ってごめんなさい、と思うほど迫力がありました・・・!

昼間は元気に駆け回っていたサルが、けだるそうにだるーんとしている姿。昼間はまったく動いてなかったコウモリが、夜の開館時には羽をこれでもかというほどバサバサと広げて威嚇しているような姿が見られたり。

もちろん夜の開館では見られない動物もいますが、ぜひ昼間の様子との違いをじっくり味わって見ていただきたいです。

わたしは、あの時のコウモリが怖くて、いまだに忘れられません・・・!

そうそう、「真夏の夜の動物園」のメインビジュアル、毎年めちゃくちゃかっこいいんですよー!!いつも楽しみにしています。

via 東京ズーネット

詳細は東京ズーネットでどうぞ。

 

墨田区の夏の見所をご紹介。墨田区エリアの気になるイベント

約1000匹の美しい金魚が見られる!東京金魚ワンダーランド2018

すみだ水族館内で行われる、約1000匹の金魚が見られるというイベント。

とりたてて金魚に興味のなかったわたしですが、以前すみだ水族館へ行ったときに、あまりの美しさにうっとりしました。尾ひれがひらりと水中で舞う姿、鮮やかな赤い色もすごくきれい。

こちらは9月30日(日)までの開催。詳細はすみだ水族館へどうぞ。

すみだ水族館へ夜ひとりで行ったときのレポートも書いているのでよかったらどうぞ。入場料が安くなる情報も書いてますよー!

女ひとりで夜のすみだ水族館へ。クラゲとペンギンに癒された話

一眼レフが使えるようになったことだし、そろそろまた行きたいな!

 

日本最大級の盆踊り!SNSで話題の「すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り」

ここ数年、毎年夏の終わりにSNSで流れてくるのが錦糸町の盆踊りのニュース。

1982年から始まり、今では日本最大級の盆踊りとして注目されているようです。

毎年、生ライブがすごいらしくて気になってます。平日開催にも関わらず2日間で約5万人が訪れるってすごくないですか・・・気になりすぎて語彙力が低下していますが、とにかくすごく気になってるので、今年こそ行きたいなと思ってます!

via 錦糸町河内音頭実行委員会よりお知らせ(Facebook)

ポスターもめちゃくちゃかわいい・・・!!

詳細は「錦糸町河内音頭実行委員会よりお知らせ」Facebookへどうぞ。

 

ということで、わたしが気になっている下町エリアの夏のイベントを5つご紹介させていただきました!

ぜひ、夏の休日のおでかけのご参考になればうれしいですー!

 

次に読むなら「銀座で楽しむ無料ギャラリーまとめ」

「休日、どこ行こう?」と悩む方へおすすめしたい、銀座エリアのギャラリーまとめ。

東京の無料ギャラリーを楽しむなら、銀座でアートを。おすすめギャラリー5選!

 

知られざる街の魅力をお届けします

 

ダンデライオンチョコレート/蔵前 わたしが思う、理想のカフェ。 自然光がさす店内から見えるのは、大きな木の緑。 ひらけた空間。ほどよいテーブルの距離感。 店内に限っていえばこんなところ。 でも、さすがに都内では見つかりにくいんです。 そんなカフェ、蔵前の人気スポットで見つけました!もう人気すぎるので今更紹介するのは、と迷いつつご紹介します。 チョコレート工場のあるカフェ「ダンデライオンチョコレート」を「空間」という目線でご紹介します。 写真たくさん撮ったのですが、インスタに載せきれなかったので、よかったらトップページのリンクからブログものぞいていただけたらうれしいです! #かもめと街の東京案内 #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #ozmagazine #hanako #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとりっぷ #ひとり旅女子 #浅草食べ歩き #蔵前カフェ #蔵前 #蔵前さんぽ #蔵前散歩 #kuramae #ダンデライオンチョコレート #おやつ #dandelionchocolate #beantobar #chocolate

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK