両国のご飯おすすめ「亀戸ぎょうざ」で焼きたての餃子を味わう。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

地元の人に愛される、街の中華屋さんが好きだ。

お客さんに媚びていなくて、雑多でいて美味しい。

ふだん使いにもってこいのお店だけれど、「内食」と呼ばれるような家でごはんを食べる人が増えてくると、店に行く自体もちょっとしたイベントになる。

うだるような暑さが続いた夏の日の夜、せっかくの休みだし外の空気を浴びに外へ出た。

偶然あらわれた赤い看板を見ると、ずっと気になっていた「亀戸ぎょうざ」ではないか!

早速入ってみることに。

 

両国のご飯おすすめ「亀戸ぎょうざ 両国支店」店舗外観

バーンと光る赤い看板と、いい味出してる暖簾。これは惹かれてしまいますね。

 

土曜日の19時ごろに行くと、すでに列ができており5人ほど並んでいましたが、回転が早かったので入店までは15分くらいだったかと思います。

こちらの亀戸本店は、食べ物のメニューは餃子のみのお店なのですが、両国駅から近い両国支店ではチャーハンや一品料理も充実していますよ。

両国のご飯おすすめ「亀戸ぎょうざ 両国支店」の店内

 

店内の右手側には、こんなかわいい椅子のカウンター席がずらり。左手側には小上がりの座敷席がずらり。

地元の家族連れの方で賑わっていました!おんぶされた赤ちゃんもいましたよー。みんな楽しそうにごはんを食べているのが印象的でした!

 

両国のご飯おすすめ「亀戸ぎょうざ両国支店」メニュー

こちらが名物の餃子です。

 

カリッと焼かれた皮と、シンプルな味付け。一口でパクッといける小ぶりサイズ。これは何個でもいけそう・・・!

亀戸の本店では、餃子のみのメニュー展開だそうなので、何枚いけるか試してみたいような気もします。

自家製のラー油にはスパイスがたっぷり。

 

お客さんの大半がチャーハンと餃子を頼んでいたので、便乗しました。

 

調子にのってレバニラも頼んじゃった。

 

レバーも柔らかくてくさみがなくてほんと美味しい!

いろいろ頼んだものの、お会計もお財布に優しすぎるプライス。下町最高です。ファーストフード並みの価格帯。

 

ふらりと入りたくなる、いい街中華をあらたに発見しました。

このあたりは最近コーヒー屋さんも増えているので、帰りにほっと一息つくのもおすすめ。

両国さんぽ、ぜひ楽しんでみてくださいね!

 

両国のご飯おすすめ「亀戸ぎょうざ」店舗情報

亀戸ぎょうざ

 

次に読むなら、隣駅・浅草橋の老舗焼き鳥屋さんへ

浅草橋で50年続く老舗の焼き鳥屋「鳥茂」。甘じょっぱいタレと大きな焼き鳥がおいしいお店。

浅草橋で焼き鳥を。下町で50年以上続く「柳ばし鳥茂」で大きな焼き鳥を。

 

知られざる街の魅力をお届けします

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

根津にある、石蔵の中で美味しいうどんが食べられるお店「釜竹」。 隈研吾さんデザインの内装も素敵で落ち着けるお店。 つるっつるもちもちの麺が美味しかったです! お昼時は並ぶので、開店時間に行くのがおすすめ。 #かもめと街の東京案内 #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #hanako #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとり旅女子 #谷中 #根津釜竹 #谷中ランチ #根津ランチ #根津 #釜竹 #うどん #udon

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK