ある日の夕暮れ。サバの塩焼きと、忘れられないメール

両国 ランチ おすすめ 下総屋食堂

SPONSORED LINK







下町には食堂が多い。

若い頃は見向きもしなかった古い食堂に惹かれる今日この頃。散歩する途中で、いままで見逃していた風景にハッとする瞬間がいくつも訪れる。

食堂の常連さんは、近所で働くサラリーマンや作業服を着たおじさん。ほぼ100%男性客の中に入り込むのはいつもドキドキする。

おまけにすりガラスで中が見えないとなるとなおさら。

でも、ひとたびガラリと入ってみれば、心のこもった味に出会える。濃紺の暖簾は名店の証。

お昼ごはんを食べ損ねた夕刻に見つけたのは、小沢健二〈彗星〉のMVで使われた〈下総屋食堂〉。

組み合わせも考えずに好きなものを注文した結果、想像以上のボリュームになってしまった。サバの塩焼きに、里芋の煮付け。想像以上のボリュームだった豚汁。

ラジオからはSMAPの「SHAKE」が流れてきて、落ち込んでいた気分が少しだけ上を向く。

そんなときに、思いがけない人からメールが届いた。ずっと取材したかった憧れの人。サバの塩焼きを食べながら、思わず涙が溢れそうになる。

満腹になりながら店内を見渡すと、有名人のサインもあれば、近所の江戸東京博物館のチラシまで貼られていた。

食堂は街をつなぐ場所。会計を済ませ、下総屋食堂の裏手にある旧安田庭園へ向かい、傾き始めた夕空を眺めて、今までやってきたことが無駄じゃなかったことをかみしめた。

 

両国のランチでおすすめ〈下総屋食堂〉でサバの塩焼きを 店舗外観

両国 ランチ おすすめ 下総屋食堂

両国でランチをするなら、昭和7年創業の〈下総屋食堂〉へ。大正12年の関東大震災後に建てられたという店構えが趣深いです。

時の流れを感じさせる濃紺の暖簾がたまりません。

 

両国 ランチ おすすめ 下総屋食堂

 

両国のランチでおすすめ〈下総屋食堂〉でサバの塩焼きを 店内

両国 ランチ おすすめ 下総屋食堂

ガラスの扉を入ると、テーブルがずらり。壁には、小沢健二さんや山田孝之さんなど、下総屋食堂でロケをした有名人のサインが。

キューピーがかわいい。

両国 ランチ おすすめ 下総屋食堂

 

 

SPONSORED LINK

両国のランチでおすすめ〈下総屋食堂〉でサバの塩焼きを メニュー

両国 ランチ おすすめ 下総屋食堂

下総屋食堂は、カウンターにおかずが並び、そこから好きなおかずをとって注文するスタイル。この日は16時過ぎに行ったので、種類は少なかったけどどれも美味しそうで悩みました。

脂ののった、サバの塩焼きに、里芋の煮付け、豚汁。あっさりめの豚汁は、ごろごろじゃがいもが入ってて、思った以上にボリューミー。里芋の煮付けの甘じょっぱい味付けも懐かしくて好き。自分では作れない味だなぁ…。

今度は早めの時間を狙って、いろんなおかずを選びたいなと思いました。両国駅からもそう遠くなく、すぐ裏手には旧安田庭園もあるので、食後にゆっくりするのにもおすすめです。

両国 ランチ おすすめ 下総屋食堂

 

両国のランチでおすすめ〈下総屋食堂〉でサバの塩焼きを 店舗情報

下総屋食堂 / 食べログ

関連記事:餃子のうまい店。両国の亀戸餃子へ

亀戸餃子 両国 亀戸 おすすめ

両国のご飯おすすめ「亀戸ぎょうざ」で焼きたての餃子を味わう。

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

関連記事