四谷の喫茶店「ロン」で、建築家の手がけた美しい店内を眺める休日。

SPONSORED LINK







The following two tabs change content below.
浅草育ちの街歩きエッセイスト。1981年生まれ。夫と二人で東京下町暮らし。 30代の女性に向けて「知られざる街の魅力」をお伝えする「かもめと街」を運営。 →くわしいプロフィールはこちら

創業から45年経つという、その建物へ足を踏み入れたのは数年前。

麹町駅近くで働いていたときのこと。派遣先で知り合った年上の友人との帰り道が楽しくて、もっと喋っていたくて立ち寄ったのが、四谷駅近くの老舗喫茶店「ロン」。

無機質なコンクリートで覆われた大きな壁に圧倒されつつ、ガラスの扉を開くと、艶やかな真っ赤なソファが。

モノマネがプロ並みに得意な友人の、コントのようなくるくると変わる表情がおもしろくて、暗くなるまでふざけた話で盛り上がった冬の夕方。

麹町から四谷駅へ向かう大通りを歩いていると、ふとそんな思い出が蘇ってきた。

今日は久しぶりに用事があって四谷駅へ。ずっと行ってみたかった2階へお邪魔することにしました。

 

四谷の喫茶店「ロン」は建築家の手がけたうつくしい建物。店舗外観

四谷駅から横断歩道を渡ってすぐの場所に、45年以上続く老舗喫茶店「ロン」があります。

有名な建築家のお弟子さんが作られたという建物は、外側が無機質なコンクリートで、モダンな教会のような出で立ち。

 

さっそく中へ入ってみましょう。

 

四谷の喫茶店「ロン」は吹き抜けのある2階建。店内の様子

中に入ると、オレンジの光に照らされた艶やかなソファが目に飛び込んでくる、うつくしい店内。BGMはビートルズが流れています。

吹き抜けの2階の席が落ち着けそうだったので、螺旋階段をのぼって上の階へ。

 

マスターもお気に入りだという、2階の左奥の席へ。ちいさなスペースで、隠れた秘密基地っぽい席ってすごく好き。端っこが落ち着くタイプのかたはそちらへどうぞ。

反対の右手奥には団体でも座れる広い席もあるので、様々な用途で使えそう。

 

 

どこを撮っても、絵になる店内にうっとり。しばらく興奮がおさまらなかった・・・

真ん中のまるいところが螺旋階段

 

螺旋階段が木目調なのも珍しい気がします。モダンでありつつ、年季を感じられるつくりが愛おしいお店。

 

四谷の喫茶店「ロン」は建築家の手がけたうつくしい建物。メニュー

四谷「ロン」の人気メニューは、タマゴサンドとミルクセーキだそう。(後で知りました)

この日は平日の15時過ぎ。だいぶ遅めのランチに、チーズトーストとアイスティーを。

 

まさかこんな厚切りのサンドが出てくると思わなかった・・・トーストなら、きっと一枚さらっと出て来るのかと。そういえば近くには上智大学があって、学生さんも休憩しにきていました。学生街の喫茶店のボリューム。

次こそはタマゴサンドを食べにきたいな。

この美しい建築を見るためだけに四谷へ来る価値あり。ぜひとも。

 

四谷の喫茶店「ロン」は建築家の手がけたうつくしい建物。店舗情報

ロン

 

次に読むなら、中央線沿線の線路沿いの喫茶店「御茶ノ水 穂高」へ

四谷「ロン」の美しさにうっとりした方は、ぜひ四谷から中央線で東京駅方面へ一駅。御茶ノ水駅の線路沿いにある、山小屋のような喫茶店「穂高」も、建築家の方が手がけた美しいお店ですよ。

御茶ノ水でコーヒーを。「喫茶穂高」なる山小屋で都会の喧騒から離れる。

 

知られざる街の魅力をお届けします

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

銀座の老舗喫茶店「トリコロール」へ。 ぶあついトーストとカフェオレのモーニングをいただきました。 貴族が住んでる洋館みたいな店構えと、ウェイターさんの丁寧な対応で、朝からとっても心地いい時間が過ごせました! #かもめと街の東京案内 #下町散歩 #東京下町散歩 #街歩き #東京探検 #東京風景 #東京散歩 #東京散策 #hanako #東京散歩 #東京カフェ #東京旅 #おひとりさま #ひとり時間 #ひとりっぷ #ひとり旅女子 #喫茶店 #喫茶店好き #銀座カフェ #銀座 #銀座ランチ #トリコロール #喫茶店巡り #喫茶店めぐり #喫茶店好きな人とつながりたい #銀座トリコロール #モーニング #喫茶店のモーニング

チヒロ@かもめと街さん(@kamometomachi)がシェアした投稿 –

 

SPONSORED LINK