東京から直島までの行き方!フォトジェニックな観光列車ラマルせとうちに乗ろう!

SPONSORED LINK







現代アートの島、直島。

草間彌生さんのかぼちゃが有名な、あの島です。

東京からの行き方がわかりづらいので、まとめてみました!

東京から直島までの行き方 岡山県の宇野港へ向かおう

品川駅→岡山駅 新幹線のぞみで3時間

岡山駅から在来線乗り換えで宇野駅へ。

約1時間。

1日1往復くらいの観光列車ラマルせとうちに乗り換える。
(ネット予約可能 JRサイトにて。えきねっと不可。切符の引き換えはJR東日本の窓口でOK)

海外からのお客様もたくさん!

ここだけ見るとフランスにいるみたい…!

 

東京から直島へ行くなら!ラマルせとうちへ

新幹線岡山駅から、直島への船が出ている宇野港のある、宇野駅へ。

「ラマルせとうち」という観光列車がおすすめです。

 

ラマルせとうちの車内

自転車乗せられます!


岡山や香川、島々のガイドブックを始め、デザイン書や、この土地にゆかりのある著名人の本もたくさん!


また、岡山の美味しいものを紹介している手作り絵本も!

 


ただし、のんびり読んでる時間はありません。

なぜなら、ラマルせとうちは車内サービスがすごいんです!

東京から直島までの道のりを楽しもう!ラマルせとうちは、車内でこんなサービスが!

  • 記念撮影(ひとり1枚ずつポラロイドくれる)
  • 車内販売が豪華!ご当地ビール、サワー、サイダー、おやつなど。
  • 途中おしゃれな駅で停車して記念撮影も
  • コンセントがあって充電もできる!


こんな駅。


ネコが待ち構えてた♡

車内からの景色も素敵なんです。


そうこうしていると、あっという間に宇野駅へ到着。

 

宇野駅から宇野港へ


アートな仕掛けがいろいろあるそうです。


この日は暑すぎて、すぐに港へ向かいました。

 

宇野駅のランチ事情

小腹が空いたので、駅改札出て右手に進んだところにあるカフェへ。

たまごチーズサンドに自家製ベーコン。きちんとトーストしてくれて450円。安すぎる、、

ちなみにここに入る前、商店街らしきところでランチを、
と探しましたが、どこも休み。。お盆休みかな。

船までの時間がなければ、このお店に入るか、
または隣のセブンへ駆け込みましょう!

カフェのほぼ真向かいに港があり、そこで直島行きのチケットが買えます。

時間に余裕持って入場しましょう。

宇野港から直島までのフェリーの様子

きれいです!ソファー席もあり!


眺め最高!

約20分で宮浦港着。(便によって、別の港になる場合もあるみたい)

やっっと、着きました。

品川発6:37→直島 宮浦港12:40

乗り換えのタイミングもあるかもしれないけど、6時間くらい…

と、遠かった…!!

次回は直島をバスと徒歩で過ごした話をお送りします。
メリットデメリットなど。

これから行く人の参考になりますように!

SPONSORED LINK