料理下手なわたしがきれいに盛り付けできるコツを発見した話

SPONSORED LINK







こんにちは、チヒロです。

結婚して7年。

いまだに料理は苦手… インスタ映えするような家庭料理のテーブルコーディネートを見つけると、 「わたしにはこんなのできない…」と羨ましがりながら落ち込む。。。

でも、苦手意識が強いからこそ、「自分がいい!と思ったものを真似てみる」

これは家庭料理の世界でも同じことが言えます。  

 

料理が苦手なら25cm以上の大きな器を持とう

 

SPONSORED LINK

 

…はい!これだけで解決します!

なぜなら料理のまわりに余白があると、美味しそうに見えるから。

フランス料理のコースを思い浮かべてください。

まっしろな大皿の真ん中に、ちょこんと乗ってるお肉と、グリルされた野菜。

そして目を引くのは、まわりをふちどる鮮やかなソース!

 

 

大きな器に、余裕をもたせて置くだけですっきり見えます。

グラフィックデザインの世界でも然り。

 「置く要素が多いほど、余白を意識して、余白をきれいに見せることを大切に!」なんです。

日常にデザインの視点を持つことが、わたしたちの暮らしを愉しくするコツのひとつ。  

 

 

料理苦手だけど、とりあえず大皿にのせてみた

どうでしょう?

雑な置き方でも、余白がある分、料理が映えます。

ご飯を作りたくないとき、お惣菜を買ってきてそのまま食べるより、 大きな器を出して、いろいろ盛り付けると目にも楽しくて、元気になれる。

そして大きな器さえあれば、女子会や友だちが遊びに来たときなどのおもてなしでも、 料理苦手なことや、盛り付けにストレスを感じずに自信を持てます!  

 

わたしが愛用している器はこちら

 

映画「かもめ食堂」でおむすびを出すときに使われていました。

ブルーは日本の和食器と近いテイストを感じます。

2番目のホーローのタイプは「LABOUR AND WAIT」のもの。

お値段¥1,080で使える、いいやつ! こちらで買えます→Bshop Online

料理の盛り付けのコツいらず。気に入った大皿を持とう!

 

・大きな器で余白を作ることで、簡単に美しく見せることができる  

盛る器と同じくらいの量の料理をのせると、見栄えが居酒屋や家庭料理っぽくなるので、 男性を喜ばせたいときに。

女性に喜ばれたいときは、ぜひ大皿マジックを使ってみましょ!

 

エッセイ | こころとからだを立て直す方法 | 暮らしの愛用品 | レシピとごはん | おとくな話

 

SPONSORED LINK